コンフォード・フード comfort food

It may sound odd to call a chilly paranoid thriller entertainment like "The Bourne Supremacy" comfort food.
"The Bourne Supremacy" のように不気味な誇大妄想的スリラー娯楽映画を懐かしい味と呼ぶのは変かもしれない。
引用: ニューヨークタイムズの映画評論欄「The Bourne Supremacy」の記事より

ボーン・スプレマシー ⇔ コンフォート・フード

映画の「ボーン・スプレマシー」がどうして”コンフォート・フード”なのかが理解できないので、この文中にあるcomfort foodを辞書で引いてみました。
辞書ALCでは”気楽に食べられる物”と出ているが、同時テロ以後にニューヨークあたりのレストランで流行ってきた、安らぐような、シンプルで、ボリュームたっぷりのアメリカ家庭料理をさすらしい。

栄養万点お手軽料理
お馴染みのミートローフクラムチャウダーマッシュポテト、アメリカ・チャプスイ(American Chop Suey)など、いわゆる日本の”お袋の味”とか”小料理”または、”おつまみ”に相当するようだが、 居酒屋メニューなんかもそのうちでしょうか?
ちなみにアメリカの国民的大スターであるElvis Presley(エルビス・プレスリー)の好物にがあるそうです。
それはピーナッツバター& ジェリーサンドイッチだそうで、アメリカ南部のお袋の味ともいわれるピーナッツバターとジャムを一緒にはさんだパンのことです。
さらに詳しく調べてみると、スライスしたバナナも入れてバターで揚げたサンドなんだそうです。ちょっと想像できませんがカロリー満点ですね。



アメリカではエスニック、つまり郷土料理も範疇でしょうかね?

※この記事は購読しているニューヨークタイムズ映画欄のニュース・メールの文中にあった言葉”comfort food”が何だか分からなかったので調べてみたのですが、ボーン・スプレマシーとコンフォート・フードの関連性はいまいち分りませんでした。

☆ マット・デイモンが主演したアクション映画の「ボーン・スプレマシー」
The Bourne Supremacy - Audio-Visual Trivia
[PR]
# by koukinobaaba | 2004-07-23 22:49 | 面白記事