<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ベリル・ブッカー Beryl Booker

ベリル・ブッカー(1922-1978)はジャズのピアニストで、スウィングからビバップ、そしてクールジャズに移行する1950年代に活躍しました。同時期に活躍したユニークなピアノ演奏のErroll Garner(エロール・ガーナー)同様にベリル・ブッカーも独学で譜面は読めなかったそうです。

Beryl Booker 1953-1954
b0002123_222971.jpg
上記のアルバムはベースのBonnie Wetzel(ボニー・ウェッツェル)と ドラムのElaine Leighton(エレイン・レイトン)とガール・トリオ組んだベリル・ブッカーの1953年にロスと1954年にニューヨークでの録音を収録したリーダー・アルバムです。
”One for My Baby”や”Tenderly”などのジャズのスタンダードの演奏以外にベリル・ブッカー自身のボーカルで1954年のパリ録音から”I Should Care”なども収録していますが、これが不思議なくらい初期と後期に伴奏をしたことがあるDinah Washington(ダイナ・ワシントン)に似ています。
試聴はDon Byas And Beryl Booker Trio - I Should Care - Amazon.com (MP3 Download)
同時期にベリル・ブッカー・トリオはBillie Holiday(ビリー・ホリデイ)の伴奏でクラリネット奏者のBuddy de Franco(バディ・デ・フランコ)やシロフォンのRed Norvo(レッド・ノーボ)などと一緒に欧州ツアーをしています。パリ録音で特筆すべきはセクシーなテナーサックス奏者のDon Byas(ドン・バイアス)との”Beryl Booker's Byased Blues”と "Makin' Whoopee”での共演でしょう。
Don Byas - Beryl Booker's Byased Blues - wfmu RADIO
(Click "Pop‑up player" out , and it will be the 2nd)
Don Byas - Beryl Booker's Byased Blues - Amazon.com (MP3 Download)

アルバム「1953-1954」の試聴はBeryl Booker 1953-1954 - Amazon.com
アルバム「1946-1952」の方には I Can Dream, Can't IやWhere Were You?からLet's Fall in Loveまで全26曲が収録されています。

ちなみに上記のアルバム内に”Booker T.”という曲が収録されていますが、これがベリル・ブッカーと名前が同じ”Booker T. and the MGs”のリーダーだったBooker T. Jones(ブッカー・T)のことかと思った。しかし活動時期も違うし20歳も年が違うからとフリージャズのテナーサックス奏者のBooker T. Williams, Jr.(ブッカー・T・ウィリアムス)かとも思ったがもっと年が違う。うむ。
きっとこれだ! 1914年にメンフィスで生まれたブギウギのピアニストでブルースマンのBooker T. Laury(ブッカー・T・ローリー)、1989年の映画「Great Balls of Fire!(火の玉ロック)」にPiano Slimとして出演し”Big Legged Woman”を歌いました。

ベリル・ブッカーはギタリストのJohn Collins(ジョン・コリンズ)と共に歌うベースで有名なSlam Stewart(スラム・スチュアート)のトリオとして1947年の映画「Boy! What a Girl! 」に登場しました。
Slam Stewart Trio with Beryl Booker - Oh Me, Oh My, Oh Gosh (1947) - YouTube
Beryl Booker - Let's Fall in Love - Grooveshark.com

Beryl Booker - Where Were You? - wfmu RADIO
(Click "Pop‑up player" out , and it will be in the middle)

Beryl Booker Project



[PR]
by koukinobaaba | 2011-11-26 15:35 | 音楽

天開グラス

天開(てんかい)は、中国の雲南に興った後理国の段智祥の時代(1205年 - 1225年)に使用された元号だそうです。 
もう一つは朝鮮の天開 (妙清):高麗の時代、妙清が建てた私年号(1135年)だといわれますが、現在の韓国には紀元前2333年に壇君という人物が古朝鮮を開いた日を祝う開天節があるそうです。(天開と開天。。。無関係か。)
日本でも九州福岡にある菅原道真をまつった太宰府天満宮裏の宝満山頂上に天開稲荷神社があるそうで、横穴式石室墳が見つかったから裏山自体が古墳かもといわれたそうです。菅原道真は朝鮮からの渡来人の子孫だそうですから関係あるのかも。

いずれにせよ1000年も前の時代の名前ですが、天開型としてタンブラーなどのグラスや花瓶といった器類にその名が付けられています。天開型の特徴はその名のごと口が上向きにちょっと広がっていることです。

天開一口湯のみや天開一口グラスだと1個で200円くらいの安物から5000円以上もする江戸切子のような美しいガラス細工の盃などが見つかります。
私は若いころから天開型が好きで嫁入り道具のなかにタンブラーセットがあり、その後もガラス製品や有田焼きや白釉削ぎなどの陶器製の天開一口ビールグラスを所有しています。有田焼のコーヒー茶碗も花形の天開ですが、グラスはもちろんのこと、器は口を付ける上縁がうすいのが好みです。


ごく普通の天開グラスの写真は下記のリンクで見られます。
(アフィリエイトではない。)
天開一口ビールグラス Amazon.co.jp
[PR]
by koukinobaaba | 2011-11-25 21:34 | 面白記事

USB利用のちょっと温かグッズ

5VのパソコンのUSBポートに差し込むだけ!
2本のUSBコネクタから電源を供給する暖房、というほどではないようですが少しは寒さが緩和されそう。というのも商品のカテゴリがオモチャなんだとか。
だいぶ寒くなってきましたから、このようなUSBで動作するあったかグッズが流行るかも。
膝掛け(肩掛け)、手袋、スリッパ、ルームシューズ、クッション、ミニ枕、そして手にするマウスも温かい!
ただし、感電、じゃなくって、静電気にご注意!
[PR]
by koukinobaaba | 2011-11-20 21:52 | 面白記事