<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ロバート・サブダのポップアップ絵本 絶滅した獣たち メガビースト

我が家に生まれた跡取り息子のゆうご君が出産祝いに頂いた品々のひとつにロバート・サブダが製作したポップアップ絵本がありました。
それがなぜか私の押入れに入ったままなのです。
ゆうご君はこの飛び出す絵本は見たくないそうです。 「怖い!」

Children's pop-up book: 3-D paper engineering
b0002123_1248321.jpg


ゆうご君が怖がるのはこれ!
飛び出してくる特大の古代ヒョウ(じゃなくてタイガー?)
b0002123_12505542.jpg

ラドン(じゃなくて始祖鳥?)
b0002123_12521013.jpg


上記の画像ですがゆうご君のママが古代動物好きだったそうで”セイバー”というヒントをくれました。
Smilodon(スミロドン)というサーベル・タイガー(サーベルのような牙をもったネコ科の動物)の種類だそうで、百万年前にアメリカ大陸の草原地に生息していたとか。
下の画像はラドンじゃなくてQuetzalcoatlus(ケツァルコアトルス)といって1971年にテキサスで化石が発見された古代翼竜なんだそうです。Sky God(空の神様)ともいわれ広げた翼が11メートルで8人乗りターボプロップ機並みの大きさだとか。
最初は「怖い!」と怯えていたゆうご君でしたがこのケツァルコアトルスを開くと「こんにちは。」とご挨拶しています。

アメリカの絵本作家(挿絵画家)であるRobert Sabuda(ロバート・サブダ)がポップアップで表現した大型の仕掛け本では恐竜など太古の世界が楽しめます。

ゆうご君が持っているのは「絶滅した獣たち メガビースト (エンサイクロペディア太古の世界) (しかけえほん 大型本)」です。(ISBN-10: 4499281881)
太古の世界 恐竜時代(ISBN-10: 4499281202)もあります。
各ページには飛び出す大きな動物の他に両サイドや中ほどにいくつものポケットが付いていて、こちらも細密なクラフトが仕掛けられています。 4千円弱のお値段とは信じられません!

私が欲しいのは恐竜ではなく童話シリーズの2000年のThe Wonderful Wizard of Oz(オズの魔法使い)と2003年のAlice in Wonderland(不思議の国のアリス)とPeter Pan: A Classic Collectible Pop-Up(ピーターパン)などです。

飛び出すペーパー・クラフトの天才であるロバート・サブダは1965年にミシガンで生まれた若きポップアップ絵本の作者です。 最初はパッケージ・デザインを担当していましたが1990年代初期から子供向けの飛び出す絵本を手掛け出したそうで、それが好評を得て後には「オズの魔法使い」と「不思議の国のアリス」を含めMovable Book SocietyのMeggendorfer Prize(メッゲンドルファー賞)を計3度も受賞したそうです。

※ちなみにメッゲンドルファーとは19世紀に活躍したしかけ絵本の大御所であるドイツの挿絵画家のLothar Meggendorfer(ロータス・メッゲンドルファー)のことだそうで、メカニカルな「Internationaler Circus」や「The Doll's House」などの名作で知られています。
Lothar Meggendorfer at University of North Texas Libraries

昔から本を開くと立体的な絵が飛び出してくる仕掛けは見られましたがかなり単純なものが多かったのです。 それがロバート・サブダの作品はいったいどうなってるの?というほど精巧な作りで感歎しきりです。


[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-27 14:00 | マゴのお部屋

アミガサタケ

先日息子の家族が近隣の植物園に行ったらキノコがいっぱい生えていたと採ってきました。
とりあえず2本。

それは春きのこのモリーユ茸(morille)で、日本ではアミガサタケと呼ぶ高級品だそうで採取できる期間は1ヶ月もありません。
香りが強くなる乾燥キノコも販売されていますから戻してソテーや煮込み、クリームソースなどのフランス料理の材料として人気があるとか。
b0002123_1212694.jpg

b0002123_029135.jpg

まさか植物園のじゃないでしょうねと私が聞くと園外のバス停の側だということです。
小さなアミガサタケを丁寧にソテーして試食した息子は一言。
うっまい!
そこで薦められた奥さんはコワゴワと口にした。
あ、美味しい!

私の分はなかったので味は分かりませんが二人とも食中毒は起こさなかったようです。

ちなみにこのアミガサタケは春先に人家の庭などにも生えるそうですが日本人には馴染みがないのでわざわざ採ったりしないようです。おまけに需要が無いから栽培もされていません。天然にどこかで見つけないとアミガサタケの美味にはありつけないということです。
注意することはよく似たシャグマアミガサタケと言う種類のキノコは毒性が強いそうです。似ているったった脳みそのシワみたいで気味悪いから間違えて採ることもなさそうです。

b0002123_13172294.jpg

追記
味をしめた息子の家族は2011年にも”キノコ狩り”に行って大収穫を納めたそうですが、2012年には早すぎたらしく1本も見つからなかったそうです。 その時は気候の変化か、でなければ既に採取された後だったかは不明でしたが、その一週間後には大収穫でした。
収穫日は4月21日
b0002123_22372832.jpg


ゆうご君の家では全員で食べてなんともなかったのですが、こう君のママが収穫日から5日後にバター炒めで食べたところ夜中に急激に腹痛が起こり嘔吐こそしませんでしたが下痢が数時間続いて七転八倒の苦しみだったそうです。すぐストッパーという下痢止めを服用したせいかもしれません、
もっとも翌日まで後をひくことはなかったそうなので体調が悪かったのかも。
いずれにせよ、収穫してすぐ食するのがベストですね。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-27 13:55 | 面白記事

リンゴ園とりんごの木オーナー契約

以前にリンゴをダンボール箱で頂きました。 どうやらたらい回しだったようです。
なぜかというともともと頂いた方はこんなにたくさんのリンゴは食べられないと我が家に回ってきたようです。

なぜにこんなにたくさんのリンゴが届くかというと送った先方が秋田のリンゴ園と契約しているのだそうです。
オーナー登録でもしているのでしょうか。だとしたらその木に成ったリンゴは全てオーナーのものだそうです。
例えばリンゴの富士という品種を契約する1本9,000円程度で秋の収穫時に100個程度が送られてくるとか。
リンゴの種類にはつがる、王林、千秋もあり、ぶどうならキャンベル、ナイヤガラ、スチューベン、巨峰などがあるそうです。

農園ではオーナーを募集しています。 ダンボールいっぱいのもぎ立てリンゴを送って貰おう!
[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-27 13:54 | 面白記事

ドロシー・マクガイア Dorothy McGuire

二人いるドロシー・マクガイア

芸能界で同姓同名だと混同してしまいます。
間違った情報もインターネットで拾える昨今、私も恥ずかしながら時々混同してしまうことがあります。

名前だけで検索するとドロシー・マクガイアは女優と歌手の二人が存在していたのです。そして二人とも有名です。

女優のドロシー・マクガイア
b0002123_12261889.jpg1916年生まれの女優であるドロシー・マクガイアは1952年にBronislau Kaper(ロニスロウ・ケイパー)が作曲の美しいテーマ曲が評判だった「Invitation」で若妻のエレンや1956年の「The Friendly Persuasion(友情ある説得)」でGary Cooper(ゲイリークーパー)の妻役で出演したのですが、なんとまだ20代だというのに、この後の1959年にはSandra Dee(サンドラディー)がTroy Donahue(トロイ・ドナヒュー)と共演した「A Summer Place(避暑地の出来事)」でドナヒューの母親役を演じています。

歌手のドロシー・マクガイア
b0002123_12264952.jpg1928年生まれのDorothy McGuire(ドロシー・マクガイア)は1957年のヒット曲で”Sugartime”が懐かしい3人姉妹のコーラス・グループのThe McGuire Sistersでは真ん中なのです。
The McGuire Sisters - singers.com





[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-26 12:30 | 映画

蕗の薹

b0002123_1049941.jpg

家のなかでも熱中症にかかるほどの猛暑の今頃になってなんですが、山菜としては一番に春を告げるふきのとうを春にたくさん頂いたことがあります。

私はこれまで山菜摘みに行った時はつぼみの堅いものを選んで摘んでいましたが、今回頂いたふきのとうはちょっと薹が立ち過ぎていました。
しかし香りには変わりませんので細かく刻んでふきのとう味噌を作りました。 ほんのりと苦味があって香りがよいふきのとう味噌は家族全員の大好物です。

「薹が立つ」

薹が立つとは蕗など野菜の花茎が伸びた状態のことを指します。 つまり堅くなったりつぼみが開き過ぎて食べ頃を逃してしまったということです。 しかしもっと過ぎて大きな蕗の葉になった頃の柄の部分でキャラブキという佃煮が作れます。 初夏前なら細かく刻んだ葉も茎よりもっとアク抜きすると同様に食することができます。(超苦い)

とうが立った蕗のように食べごろを過ぎると、新鮮さがなくなるから女性なら婚期を逃した意味にも使われるそうです。 盛りを過ぎたら、もう美味しくない。。。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-26 11:54 | 面白記事

ニウエ産 ノニジュース

「世界最大の珊瑚礁の島、南太平洋ニウエからの贈り物」と銘打った「ノニ GOLD 原液」書かれたニウエ ノニジュースを購入した。 いや、衝動買いした。 いえ、私ではなくて、母が。

「ニウエ ノニジュース」は500mlのノニ果汁の瓶詰めで、薄めて1日30ml~60mlを目安に飲むと書かれているので2週間分もない量だと思う。

私には「~なのに。。。」が口癖だった江利チエミの愛称として親しみのあった”ノニ”ですが、ジュースのノニは熱帯及び亜熱帯の南太平洋諸島が原産の樹木のことです。
ノニの果実はビタミンCやアミノ酸を多量に含んでいるので奇跡のフルーツと呼ばれるそうです。
ジュースの効能書きには疲れやすい、だるい、血圧やコレステロールの予防などと明記されています。 恐らく高血圧気味の母は”血圧”という文字に惹かれたのでしょう。
インターネット上では花粉症にも効果ありという記事をみましたが未確認です。

ところで、ニウエとはニュージーランドの北東、トンガの東、サモアの南東に位置する南の島国です。
ニウエについてはHot'n Cool 内の2006年の過去記事を参照。
Nieue ニウエ(NU)

「明日の健康維持のために毎日飲み続けていただきたい。」とパンフレットに書かれていますが、母は1本飲みきったあと何も言わずで、次を購入することはなかったようです。
はたして美味しかったのか? 健康に良かったのか? 値段が高かったからか。 ジュースを飲んで具合が悪くなっていないことは確かです。

参考までに、ノニジュースも色々販売されているようですが、母がたまたま購入したのは上野にあるプランニングアイデンティという会社の製品でした。
プランニングアイデンティ
[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-26 11:54 | 面白記事

はじめまして! しゅうと君です

2010年7月1日にゆうご君の弟が誕生しました。
生まれた時の体重が約2570gという小ささなのにその後グングン大きくなりました。
b0002123_11122837.jpg






ママが入院中はおばあちゃんとおねんねしたゆうご君もえらかった。
3歳でもまだおっぱい大好きゆうご君はママが退院してきたら、開口一番に「おばあちゃんはおっぱいがないんですよ。」と訴えていました。

ゆうご君はママがいない間にこう君の家にお泊りしました。
玄関前に設置したビニールプールで遊ぶゆうご君、ななみちゃん、ゆう君、こう君
b0002123_11532115.jpg

仲良く遊んでいるようにみえますが、子供社会のルールに適合できないゆうご君がこう君の手作りおもちゃを欲しいとひっぱって壊してしまいました。最年少と最年長の二人が大泣き。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-07-01 22:02 | マゴのお部屋