<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年7月からエキサイトブログに広告が。。。

2004年の夏以降6年以上もシンプルな仕様のエキサイトのブログを利用してきました。

今までは私が利用してきた無料ブログでも広告が全くつかなかくて気に入っていたエキサイトでしたが2010年7月1日からブログの記事内にテキスト広告を表示することになったそうです。

6月にアップした記事にも広告が入っているのでチェックしてみたところ、7月1日に書いた記事からではなく過去の全ての記事に追加されているようです。経営難でブログサービスを停止したところもある昨今のインターネット事情ですからあれやこれやと広告収入を当て込んだ新機能を追加しています。
5~6年前からエキブロの無広告は今後のエキブロ存続に疑問を投げかけてきました。果たしてやっていけるのだろうか?
ようやくAds by Google的な広告を導入することになったのですが経営が順調にいくといいですね。
とはいえ、広告を嫌ってエキブロを離れるユーザーも少なくないようなので、そうなるとますます苦しくなりブログサービスがなくなるかもしれません。

エキブロはなんといっても無料だから、とはいえ、ただより高いものはない。この程度の広告など他のブログに比べればヘでもないのです。これでも他のブログよりは静的で控えめな宣伝なのです。とはいえ、ブログの枠外ではなく本文と接しているのが紛らわしい、私がアフィリでもしているみたいです。

しかし、それにしても各記事に2件づつ表示されるその宣伝が「キスするのが気持ちいい♪ ぷるぷる唇を作る...」とか「彼氏、彼女の口が臭い時…」とか、「“出ない”悩みがスッキリ快調!」、あるいはロマンチックな詩のページに「女性に配慮した肛門科クリニック...」なんていう記事とは無関係の内容の広告では御免蒙りますが、これらは私の記事とは無関係でありこのページにアクセスした訪問者に合わせているのだとか。(インタレストマッチ) つまり、私と貴方とでは違う広告が表示されているのです。
面白いことにエキサイト社のブログにも全く同様の広告がついています。

うむ、個人情報。。。漏れてるんですかね。

さあ、どうしよう。。。

追記
なんて、たいして気にもせず、あいもかわらず毎月数件の更新を続けて1年経ちました。
で、2011年初夏某日、最近気が付いたことは各記事に2件表示されていた広告がなんと!3件になっています。しかも太文字で!
まさかどんどん増えて本文より広告の面積が多いなんてことにはならないでしょうが。
後日再確認したら、元通りの広告2件でした。インターネット事情が悪かったのでしょうか。
いや、そうではありませんでした。なぜか記事によって2件だったり3件だったりするのです。
インターネット上では”広告を非表示にする方法”なんていうアイデアを見かけますが、みんながそうしたらエキサイトのブログが消えてしまうかもしれません。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-28 12:50 | 面白記事

ブルーマングループ パーカッションチューブとキーボードエクスペリエンス Blue Man Group Instrument

ゆうご君のパパが日本トイザらスで購入したブルーマン(Blueman Group)のおもちゃ楽器2機。

ブルーマングループのパーカッションチューブ(9,999円)とキーボードエクスペリエンス(14,999円)
ご覧ください! 普通は白い鍵盤がブルーです。
b0002123_13442910.jpg

Blue Man Group Instrument - YouTube
さすが、お目が高い!ゆうご君の好きなビデオはこれ!
Blue Man Group - Grammys - YouTube

下段の機器の左に小さい箱がありゆうご君がミニカーを入れていたのでよく見てみるとそのトレイ(受け皿)は小物入れではなくMP3プレーヤーやiPodを接続するようになっているのです。試しにと中のヘッドホン・ジャックに私のiPodをつけてみるとスピーカー代わりに聞くことができました。もっともただ聴くのではなく流れる曲に合わせてオリジナルを創作するためだそうです。
b0002123_13501595.jpg


子煩悩のゆうご君のパパが子供には使いこなせないようなミュージカル・インストルメントを2機も買ったのはタブン自分が遊ぼうと思ったのでしょう。
ゆうご君はというとシンセサイザーのキーボードの上に乗ったり飛び降りたいしてブルーマン・サウンドを演奏(?)します。上記の写真では1本しか写っていませんが、パーカッションチューブを押さえるパドル状のドラムスティック2本が付属品として付いてきます。
ですがこれを持つとゆうご君はベビーバスに乗り込み船のつもりで漕いでいます。
これでパーカッション・チューブを叩くだけでなく何でも叩くのでとうとう先の部分が折れてしまいました。部品だけ販売していないでしょうかね。
最初に付属のブルーマンのDVDを見た時には青い顔の男性3人を怖がっていたゆうご君でしたが、その後NHKの子供番組「ピタゴラスイッチ」のアルゴリズム体操に出演して「こっちむいてふたりで まえならえ」をやっているのを見て少し安心したようです。
付属のおまけCDを繰り返し観たがるので輸入DVDの「Complex Rock Tour Live」を購入しました。
これが珍しい両面DVDなので、裏面をレコードのようにひっくり返して再生します。

このブルーマングループが演奏する時の楽器を模したブルーマンのキーボードは音楽を聴くばかりではなく音楽を作り出すことをコンセプトにしているようです。
パパも買ってきた後、面倒くさいほど複雑でいろいろやることがあるので組み立ても必死だったようです。
このインストルメンツを駆使して自分で創作した音楽を録音することもできるのでオリジナルサウンドを楽しめますし、別売りでマイクもあるそうですからカラオケOK。

b0002123_10384039.jpg

ブルーマンとは1980年代の終わりにニューヨークで結成された3人の音楽集団で最初はストリート・パーフォーマーのようだったらしいです。 2007年頃から楽しいパフォーマンスをラスベガスなどのショーやテレビ番組で実演しています。 体型は大柄ですが顔を真っ青に塗って髪の毛も耳もなく声も発っすることなく黒子のパントマイムのように時にはコミカルに時には皮肉っぽく身体全体で風変わりな打楽器を演奏及び表現しています。
そのブルーマングループがプロデュースしたのがパーカッションチューブとキーボードエクスペリエンスというわけで、日本では2007年の8月頃に発売されたそうです。アメリカでは2006年の発売以来大人気なんだとか。
東京では六本木(又は麻布十番から)のRoppongi Blue Man Theatreで4月から公演しているとか。まだ7月、8月、9月とありますからブルーマン・ショーを観るチャンスがあるかも。
TVのコマーシャルで「あなたはどのブルーマンが好きですか?」と言っていますがそれほどの違いはあるのかどうか。ファンには分かるんでしょうね。
☆そのブルーンマン・グループのデビュー盤は1991年の「Audio」で、 TV SongからDrumboneやEndless Columnまで全14曲を収録しています。

ブルーマン オフィシャルサイト
Blue Man Group - Official Site
(Blue Man Group Instrument)


[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-24 00:08 | マゴのお部屋

ウォンカチョコレート WONKA Chocolate

ゆうご君がパパから貰ったチョコ入りのブリキ製のトラックと夢のチョコレート工場のDVD
b0002123_1304062.jpg


ゆうご君のはトラック型のブリキ缶ケースにチョコが4枚入ったセットでしたがこのチョコを食べちゃった後にブリキのトラックはゆうご君のオマルになりそうでした。
ゆうご君がオムツを嫌がってはかないのでオシッコはどうするの!と言うと、トラックにまたがって「こうやって、チャーッ!」
結局のところオマルにはならなかったのですが、その次はブリキのトラックが赤かったので大好きなカーズ(Cars)のマックィーンのトレーラーになりました。トレーラーのマックの代用品です。
このトラックに詰めるだけの自動車を入れてやって来ます。部屋の移動にも必ず全部持っていきます。これが大仕事。

さて、このチョコレート入りのトラックとは。
2005年にジョニー・デップが主演した「Charlie and the Chocolate Factory(チャーリーとチョコレート工場)」の公開に際してネスレ社のウォンカ・ゴールデンチケットキャンペーンの限定販売商品だとか。
超甘いチョコは1枚190g、約500円くらいですが4枚入りのトラック缶が2,625円だそうです。
ネスレ WONKA ゴールデンチケットキャンペーン

Wonka Whipple Scrumptious Caramel Delight
2010年11月15日~2011年3月31日期間限定商品 価格は525円
b0002123_2143431.jpg

ネスレ日本株式会社が輸入元のウォンカWONKAチョコレートスペシャルパッケージでは箱の内側に GOLDEN TICKET(アタリ)の表示があれば、映画『チャーリーとチョコレート工場』が「ワーナー・オンデマンド」で無料で見られるそうです。
チョコはウォンカ工場長が着用していたシルクハットの形にキャラメルクリームが入っていて超甘!
箱の裏ぶたにはアタリの表示はありませんでした。 残念!

1971年のオリジナル映画はAudio-Visual Trivia内の
夢のチョコレート工場 Willy Wonka & the Chocolate Factory


[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-23 13:37 | マゴのお部屋

サボテンの花

20年以上見ることのなかったサボテンの花が昨夜咲いた!
b0002123_964914.jpg

とはいってもこのサボテンは親株ではなく脇にできた子を育てたもの。
タブン短毛丸か長盛丸(ちょうせいまる)か花盛丸とか、ともかくどこにでも転がっていそうな「○○丸」という種類だと思うが今は亡き義父が35年前にくれたもので親株では花は一度咲いたきりだった。上手くすれば一つの株から何個も花が咲くのだけれどいつも途中で枯れてしまっていた。

今年はトゲが立派だなと思っていたが花芽の一つがドンドン伸びて大輪の白い花が咲いた。ともかく花が大きくてガクが長いので下に垂れてしまう。
香りはというと、殆ど無臭。

もうすぐお盆だから4年前に逝ったおじいちゃんが帰ってくるのか。

追記
それから4年経過、 2014年の6月にも花が咲きました。息子曰く、「サッカーのワールドカップと同じだな。」
[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-23 09:08 | 面白記事

白いタイヤキ

蒸し暑くなった今になって思い出したことは、以前お土産に貰った白いタイヤキです。

白い鯛焼き?ってどんなの?と思っていたら皮が小麦粉製でなくタピオカ入りでパリットモチモチの新食感なんです。
ナント、皮を捏ねる水は還元水なんだとか。
淡いピンクやグリーンなどがあり、まるで引き出物かおひな祭りのお菓子のようです。
おまけに普通は小豆のアンコが入っているのですが黒あん、白あん、チョコレートクリーム、カスタードクリームなど何種類もありバラエティに富んでいます。
1個は定番が130円と抹茶などが150円。

これが巷では大人気で行列ができるとか。
白いタイヤキグループという会社が2008年頃からフランチャイズを展開しているそうですが通販もあるとか。
白いタイヤキグループ

私が食べたのは白いタイヤキグループの商品でしたが、なんと元祖白いタイヤキという尾長屋が見つかりました。どっちが元祖でもかまいませんが。

で、食した我が家のメンバーの感想は全員一致で   却下!
なにしろ私たちはもう若くないもので、群がってパクついているのは女学生や中学生の食べ盛り世代なんだだそうです。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-22 21:01 | 面白記事

消毒エタノール含浸綿 ワンショットプラス

ある日、母が「これ要らない?」と言って出してきたのが消毒綿でした。

添付文書によると白十字社の消毒エタノール含浸綿 ワンショットプラス p EL-IIと書いてあり、手指及び皮膚の消毒、清浄用として用いるのだとか。

薬局で小さいコットンをくださいと言ったらこれが出てきたと言っていました。
化粧用のコットンが欲しいというので物々交換しましたが、はて、これはいつ使うことがあるだろうか。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-22 12:57 | 面白記事

東京ラスク

昔々もラスクはあった。食べてみたけど美味いものではなかった。
薄切りのパンを焼いてマーガリンなど塗ってあったように記憶している。
正確にはパンにバターや砂糖や卵白などを混ぜ合わせたものを塗ってあったそうだ。
不味かった!

最近は本店は群馬県という「ガトーフェスタ ハラダ」のグーテ・デ・ロワなど行列が出来るほど人気の美味しいラスクがあるそうです。
ガトーフェスタ ハラダ

グーテ・デ・ロワはまだ食べたことがありませんが、今回頂いたのは本店は本郷だという「東京ラスク」のアソート(詰め合わせ) 行列が出来るかどうかは不明。
薄くてパリパリしている上に甘い! ラスクのイメージを変えた。
東京ラスク
[PR]
by koukinobaaba | 2010-06-22 12:27 | 面白記事