<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Yosioさんから頂いた写真! 蓼科イングリシュガーデンの白うさぎ

Yosioさん、今年もありがとうございます。

ブロガーとの交流が滞ってしまった今日この頃の私ですが、Yosioさんの「カブリオレ」のブログ「yosio's New Beetle Cabriolet」には時々アクセスしてまとめ読みしていました。とはいえコメントのやり取りもなかったので忘れてしまわれたと思っていたのに素敵な写真を私の誕生日に用意して下さったので感謝感激です。

b0002123_15412524.jpg

今年の写真は日本初の本格英国式庭園という蓼科高原バラクライングリッシュガーデンの中で見つけられた白うさぎの像です。この白うさぎが不思議の国のアリスに登場するうさぎに似ているとのこと。確かにこのウサギのオブジェにチョッキを着せて懐中時計を持たせたら急いで駆け出して穴に飛び込むんじゃなかと思います。
yosioさんが「見つけた」と書かれたのでちょっと気になったのですが、このうさぎ像を探しても見つけられない訪問者もあるそうです。 さすが!スーパーマンのyosioさん。
学生時代は毎年夏には軽井沢には行きましたが、蓼科には行ったことがありませんので機会があればぜひ訪れてみたいです。

「Alice's Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)」は子供の時にディズニーがアニメ化した映画を劇場で観たのが先で、その後にルイス・キャロル(Lewis Carroll)の小説を読んだのです。小説といっても私にはかなり難しかったことを覚えています。(チャールズ・キングズレーの水の子(The Water Babies)もしかり)

蓼科高原バラクライングリッシュガーデン
[PR]
by koukinobaaba | 2010-04-24 14:57

Movable Typeエラー? Google Chromeエラー? 「このウェブサイトはご利用いただけません」

ブログ「Audio-Visual Trivia」で使用しているMovable Typeを3.2から4にバージョンアップして以来、暫くご無沙汰だったエラーが出ました。

やっぱりバージョンアップしたMovable Typeはええなぁ!とバッチバッチと動かしていたところ、本日編集画面で更新しようとしたら    
こんなん、出ました!


このウェブサイトはご利用いただけません。
http://www.audio-visual-trivia.com/../.......... のウェブページは一時的に停止しているか、
または URL が変更している可能性があります。

エラーの詳細

エラー 324 (net::ERR_EMPTY_RESPONSE): 不明なエラーです。



そして続けてアクセスしてみたら、
その次に表示されたエラーは

「エラーが発生しました。
Connection error: Can't connect to local MySQL server through socket
'/tmp/mysql.sock' (2)」



ホッとしたのは表ページではブログが表示されていることです。以前には記事が全く表示されないこともありましたから。

但し、ブログ内検索をしてみると、やっぱり!

「Movable Type
エラーが発生しました。
ログインできませんでした。」

とエラーが出て検索出来ません。


表示されたメッセージの「URL が変更している可能性あり」は自分のブログですから絶対に有り得ないのです。ウェブページが一時的に停止している可能性があるのか?

まずはサーバーのデータベースにアクセスしようとしたら入れなかったので少々慌てました。どうしよう。。。
ですが、再度アクセスしたらちゃんと入れました。 ホッ

レンタルサーバーのコントロールパネル(CONTROL PANEL)を開き、毎度の手順ですがデータベースでオーバーヘッドが表示されているテーブルをを最適化しておきました。 エントリーとセッションの項目です。

すると、さすがMovable Typeのバージョン5だけのことがあって(?)か、1時間もしない内に修復されました。

めでたし、めでたし。

このに後も「Connection error: Can't connect to local MySQL server through socket '/tmp/mysql.sock' (2)」が表示されてしまいましたがページを戻ったら大丈夫でした。

「このウェブサイトはご利用いただけません。」というエラーは私が現在利用しているブラウザのGoogle Chromeでも時々表示されるエラーですが、「リクエストしたウェブページを Google Chrome が見つけられず、読み込めないときにこのメッセージが表示される」とか。
クロームで調べてみたら何種類かのエラーの例がありましたが、私が見た”不明なエラー”で「ERR_EMPTY_RESPONSE」はなかったが。
この「不明なエラーでWebサイトが表示されない」というGoogle Chromeの「エラー 324」というのは
インターネットにもちゃんと接続している場合は、やはりブラウザ(Google Chrome)でなく、サーバーが一時的に停止している理由のサーバー(Movable TypeのSQL)の処理上のエラーなんじゃないでしょうかね。

ネットワークの切断
このウェブサイトはご利用いただけません。
http://www.google.co.jp/ のウェブページは一時的に停止しているか、新しい http://www.google.co.jp/ に移動した可能性があります。
ヒント:
このウェブページを後で再読み込みしてください。
エラーの詳細
 」が表示された別の例ではグーグルにアクセスできないのでインターネット自体全く繋がらないことが分かります。 こういった例は過去にもありましたが、PCからラン・ケーブルが抜けている(緩んでいる)なら簡単です。 そうでない場合はPCやモデムやディバイダーなどの電源を入れなおしたりすると解決します。

先日も突然、「このウェブページにアクセスできませんエラー 105
(net::ERR_NAME_NOT_RESOLVED): 指定したサーバーは見つかりませんでした。」とエラーが表示されてしまいました。 Googleの検索ページも表示されないのでネットが切断したと確信し、上記の電源を入れなおして解決しました。


Google Chromeでは「クラッシュしています。強制的に終了してください。」といったメッセージが頻繁に表示されるのですが、私が最も困ったのはブログ内のMP3を再生するプレーヤーが自動再生に変わってしまったことです。ページにアクセスしただけで音が鳴り出すのです。しかも私のブラウザではFirefoxでは再生ボタンをクリックすると綺麗に聴ける音楽がGoogle Chromeで最低の音質でトギレトギレに流れてしまい聴けたもんではありません。全てのプレーヤーのタグを削除するハメになりました。タグを変更してからでないとブログに埋め込めません。 そのうちに。。。

追記
2010年9月からGoogle Chromeのアドレスバーにグーグル・クロームのグレイのアイコンが付くようになりました。httpが省略されて見えますが、ULRをコピーするとちゃんとフル・アドレスがでます。
その灰色のアイコンをクリックしてみたらセキュリティ機能のようでした。
Google Chromeに搭載されたセキュリティ機能はウェブを閲覧中のユーザーを保護するためなんだとか。
このグレイのアイコンをクリックするとGoogle Chromeのセキュリティ情報が別窓のポップアップで表示されます。

ID: このウエブサイトのIDが確認されていません
接続: (ここはサイトのアドレス)への接続は暗号化されていません。
以上の2項目はオレンジのビックリマークが付いています
最後の「アクセス履歴」はこのサイトに初めてアクセスしたのは(日付)です。

アクセス履歴の意味が分かりません。私が自分のブログにアクセスした日がそうだとも言うんでしょうか。何年も毎日アクセスしているのでそんな日付のはずはないですが、ともかくこの「アクセス履歴」が表示されればフィッシング・サイトではない証拠だそうです。

ウエブサイトのIDを確認させるにはどうするのか?
私のブログの接続を暗号化するとは?

後ほど我が家のコンピュータ師匠に聞いてみようと思ったが、その前にGoogleで検索してみたらヒットした結果
ウエブサイトのセキュリティ情報 ページ用ツール

私のブログは怪しいのか。
[PR]
by koukinobaaba | 2010-04-16 11:12 | 面白記事

ファッション写真家 アーヴィング・ペン Irving Penn

Irving Penn(191年 – 2009年)
アーヴィング・ペンは昨年の秋に92歳で亡くなったアメリカの写真家で、服飾(ファッション)やポートレート(芸能人の写真)が有名です。

「Harper's Bazaar(ハーパース・バザー)」のアートディレクターだったアレクセイ・ブロドビッチに師事、初期のイラストや静物絵画の作品は「Harper's Bazaar(ハーパース・バザー)」で採用されたそうです。
その後、ファッション雑誌「Vogue(ヴォーグ)」の表紙を手掛け、そのモダンで斬新な写真が有名になりました。第二次世界大戦後にスーパーモデルと結婚したアーヴィング・ペンはパリコレなどの魅惑的なファッション写真を専門とし、1953年には自分のスタジオを開設して撮ったシンプルなモノトーン調の背景や効果的な間接光を使用した作品群は他の写真家のなかでも際立っていました。つまり景色などの背景はいっさいなし、全てが灰色のスクリーンをバックに写されたのです。焦点は衣装のみ。ただしセレブのポートレートは顔だけ。
Irving Penn Photography - Slide Show - YouTube

新しいスタイルの写真家として評判となったアーヴィング・ペンの最も有名なシリーズとしてはポートレートがありますが、人工光線を使ったテクニックは後世の写真家の手本となりました。
画家のPablo Picasso(ピカソ)やGeorgia O'Keeffe(オキーフ)、映画女優のMarlene Dietrich(ディートリッヒ)やAudrey Hepburn(オードリー・ヘプバーン)などがよく知られています。
後にアートに傾倒し写真の古典技法といわれるプラチナ・プリントなども製作しています。芸術的なプラチナプリントのなかでも 1971年に製作された”Cuzco Children,1948”は2008年に開催されたクリスティーズのオークションで驚きの約52.9万ドル(約5819万円)で落札されたそうです。
私は見学していませんがアーヴィング・ペンの作品展は1999年に東京都写真美術館で展示されたそうです。
※プラチナプリントとはプラチナ・パラディウム・プリントのことで、大量生産が可能なシルバープリントとは違い、手間がかかるだけモノトーンが美しいプリント方法だそうです。プラチナの自然な金属反応を利用した現像は100年以上の歴史があるそうですが現在では幻に近くなってしまったとか。

アーヴィング・ペンといえばジャズ!
でもないですがアーヴィング・ペンはアーティストのポートレートとしてトランペッターのMiles Davis(マイルス・デイヴィス)も取り上げています。マイルス・デイヴィスの顔や手とトランペットの写真が有名ですがマイルス中期のアルバム「TUTU」のジャケットのマイルス・デイヴィスの顔写真はアーヴィング・ペンの作品だったのです。

アーヴィング・ペンの顔写真とBrigitte Bardot(ブリジット・バルドー)やMarilyn Monroe(マリリン・モンロー)など有名女優のポートレートなどの作品が見られるサイトをリンクしたいのですが私が使用しているブラウザ”Google Chrome”では「フィッシング警告」が表示されてしまうので残念ながら取りやめました。(過去にFacebookにアクセスしようとすると表示されたこともあったとか。)

ポートレートの代表的な1枚、Marlene Dietrich(マニーネ・ディートリッヒがトップページで、サイトに入る(メニューのExhibition)とAlfred Hitchcock(ヒッチコック)が、BOOK NOWをクリックするとRudolf Nureyev(ルドルフ・ヌレエフ)見られるIrving Penn Portrait - National Portrait Gallery
アーヴィング・ペンの作品集の一部が見られるアーヴィング・ペンの写真集リスト


Irving Penn Portraits - Irving Penn
b0002123_2026165.jpg
※日本のAmazon.co.jpで見つかるアーヴィング・ペンの写真集には「Irving Penn Portraits」をはじめ、「Still Life: Irving Penn Photographs 1938-2000」や「Irving Penn: Small Trades」などのハードカバー書籍があります。

ちなみにアーヴィング・ペンの息子はデザイナーになったそうですが、下の弟は映画監督のArthur Penn(アーサー・ペン)なんだそうです。アーサー・ペンといえば60年代ファッショナブルな映画の「Bonnie and Clyde(ボニーとクライド/俺たちに明日はない)」は実に強烈でした。


[PR]
by koukinobaaba | 2010-04-10 20:26 | 面白記事