<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

映画のDVDラベル

最近、私の映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia」に入って来る検索語に「DVDラベル」があります。

たいていはそのDVDラベルに映画のタイトルがくっ付いています。つまりその映画のDVDラベルという意味なんでしょう。私のブログにはDVDラベルの画像は置いてありませんがDVDのカバー画像はたくさんあります。
何が違うかというと、カバー画像とはDVDが納められている四角いケースで一般にその映画の写真が使用されています。中身のDVDにも同様の写真が印刷されていますが当然真ん中に穴が開いています。

で、このドーナッツ型のDVD用のラベルとは、いったいどんな意味なのかと思ったのです。
映画など正規のDVDをコピーした場合に出来上がったディスクに貼り付けるラベルのことなんでしょうか。
出来上がった画像をダウンロードしてプリントするようです。

適当にGoogleで検索してみたら下記のサイトがひっかかりました。

絵になる映画のDVDラベル

上記のサイトにはダウンロード用の画像やそれを使用したDVDラベルの作り方も説明されています。
肖像権のある素材が含まれているということで個人で利用するためのものらしいです。
DVD再生ソフトの「InterVideo WinDVD」なら私も利用しており、過去にDVDの画像をキャプチャしたこともあります。が、フォト加工ソフトの「Photoshop Element」などで高度な加工はしたことがなく、ましてDVDに貼ったことなどありませんでした。
※Photoshop(フォトショップ)は以前から使用していますが私には使いこなすのが大変難しいのです。

ダウンロードした画像は当然レーベル印刷専用のソフトを使用します。
なるほど、DVDラベルを自分で製作するのって大変。
私は今まではCDを焼いても白無地のディスクにサインペンなどで不細工にタイトルを書いていただけでしたー!
[PR]
by koukinobaaba | 2009-12-20 22:33 | 面白記事

Movable Type エラー Cannot find column 'rgf' for class 'MT::Entry'

暫く見ていなかったMovable Typeのエラー
エラーが発生しました。 Movable Type Pro

2009年12月17日朝に気が付いたのですが、私の映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia」のブログで、”Movable Tipe4”のエラーがまたもや発生しました。
このところテーブルのオーバーヘッドが気にはなっていたのですが。 今回もこのことは無関係なんでしょうか。
ブログの訪問者にも表示されるし、サイトでブログ内検索もできます。自分は編集画面に入れるのですがエラーが出て記事を編修したり投稿することができません。
エラーのキーワードと思われる「Cannot find column 'rgf' for class 'MT::Entry'」をGoogleで検索しても何もひっかかりません。こんなエラーは私だけ? カラムの”rgf”ってカラーのこと?
Cannot find column 'rgf''には'title'や’title’などというキーワードでは見つかるのに。 謎は深まるばかり。
一応テーブルのオーバーヘッドは最適化してスパム・コメントやトラックバックも削除しました。

2009年10月の過去記事とは違うようです。
エラーが発生しました。 ブログ記事が見つかりませんでした。


以下は表示されたエラーの内容。(一部<>を全角にしてあります。)

Status: 200
Pragma: no-cache
Content-Type: text/html; charset=UTF-8




<省略>エキサイトでは禁止タグ
エラーが発生しました。 | Movable Type Pro
<省略>エキサイトでは禁止タグ
<省略>エキサイトでは禁止タグ


<スクリプト type="text/ジャヴァスクリプト" src="http://www.audio-visual-trivia.com/mt-static/js/common/Core.js?v=4.261"></スクリプト>
<スクリプト type="text/ジャヴァスクリプト" src="http://www.audio-visual-trivia.com/mt-static/js/tc.js?v=4.261"></スクリプト>

<スクリプト type="text/ジャヴァスクリプト" src="http://www.audio-visual-trivia.com/mt-static/mt.js?v=4.261"></スクリプト>

<スクリプト language="ジャヴァスクリプト" type="text/ジャヴァスクリプト">
/* function showByID(id) {
var el = getByID(id);
if (el) el.style.display = "block";
}
function hideByID(id) {
var el = getByID(id);
if (el) el.style.display = "none";
}
/* ]]> */






<ディヴ id="container">
<ディヴ id="container-inner">
<ディヴ id="ctl"></ディヴ>
<ディヴ id="ctr"></ディヴ>
<ディヴ id="header" class="pkg">
<ディヴ id="brand"></ディヴ>
<ディヴ id="nav">

</ディヴ>
</ディヴ>
<ディヴ id="content">
<ディヴ id="content-inner" class="inner pkg">
<ディヴ id="main-content"><ディヴ id="main-content-inner" class="inner pkg">
<h1 id="page-title">>エラーが発生しました。


<ディヴ id="generic-error" class="msg msg-error"><a href="ジャヴァスクリプト:void(0)" オンクリック="ジャヴァスクリプト:hide('generic-error');return false;" class="close-me"><span>close</span>
Cannot find column 'rgf' for class 'MT::Entry'
</ディヴ>


<ディヴ class="actions-bar">
<ディヴ class="actions-bar-inner pkg actions right">
オンクリック="history.back()"
type="submit"
accesskey="s"
class="primary-button"
>戻る
id="close-button"
オンクリック="if ( window.opener ) { window.close(); } else { window.parent.closeDialog(); }"
type="submit"
accesskey="x"
class="hidden"
title="閉じる (x)"
>閉じる
<スクリプト type="text/ジャヴァスクリプト">
/* // show the close button if error is in modal or popup
if ( window != window.parent || window.opener )
ドキュメント.getElementById("close-button").className = "";
/* ]]> */







<ディヴ id="cbl">
<ディヴ id="cbr">
<ディヴ id="footer">
<ディヴ class="inner">


</ディヴ>
[PR]
by koukinobaaba | 2009-12-17 00:32 | 面白記事

増える買収されるサイト imeem.com → MySpace Music

私がインターネットを始めたのは2001年でまだ10年経っていないのですが、インターネット業界も花盛りの時代は10年も持たなかったようです。
私のお気に入りのサイトはどんどん大手に買収されたり消滅およびサービスが終了していきました。個人サイトでも著作権をクリアしていないと消滅の憂き目をみます。
それまでは後の利益につなげようとする業界の無料サービスの大盤振る舞いの恩恵を存分に受けてきました。 美味しかった! 楽しかった!

生き馬の目を抜くがごとく、インターネット業界はまさに水商売!
動画サイトでも2006年にはGoogleがYouTubeを買収、2009年4月にYahoo!が実質赤字の「GyaO」を買収、2009年夏ごろにはGoogleに対抗しようとMicrosoftがYahoo!に10年間の検索事業の買収計画を提案したり。
最近ではYouTube でキーワードを入れてうっかりエンターキーをクリックするとGoogleのウエブ検索に飛ぶのが煩わしいです。
私のブログは検索で入ってくること(アクセス)がほとんどですがGoogleはYahooの2倍ですがBingは1割にも満たないのですがね。

MySpace buys imeem music site for under $1 million.
2009年12月10日頃に気が付いた買収はここ1~2年前から利用してきた音楽やビデオがストリーミングやダウンロードできるソーシャル・メディア・サービスのimeemです。imeemサイトは2003年に作られたそうですが2007年にはアメリカのレコード会社から認可されてフルで聞けて美味しい♪と喜んでいたのですが、ここ数ヶ月はサンプル(試聴)ばかりになってしまいおかしいとは思っていたのです。(短いサンプルだけならimeemを利用する必要はないのです。)
そして昨日、いつものように聞きたい曲をさがそうとimeem.comにアクセスしたら、自分のブログ内でIMEEM music (http://www.imeem.com/)のリンクをクリックしたら、なんと”MySpace Music”のロゴが見えるページが表示されました。
imeem users, welcome to MySpace Music!
imeem is now part of MySpace Music.


「はい? 何?」と表示されたそのリンクを見ると”http://www.myspace.com/imeem”。
このことは”以前からお知らせしていた”といってますが、毎日利用していた私は気が付きませんでした。imeemにはこれまでに15億人近いユーザーが登録していたそうですが、私は登録はしてありましたが(そうでないと聴けない)コミュニティは作ったりしていませんでした。なのでもろもろの移動作業には今後数週間かかるそうですが私にはたいして問題はありません。

私のブログで前代未聞の素晴らしいimeem.comにたくさんたくさんリンクした曲のうち、何曲かは50億人のユーザーがいるという大型のソーシャル・ミュージック・サービスのサイト”iLike.com”(http://www.ilike.com/)に飛ばされて聴くことができます。 ただしサンプル(試聴)だけ。 これが妥当なんでしょう。 フルで聞けるのはストリーミングのネット・ラジオくらいのはず。

imeem.com → MySpace Musicのサイトで”プレイリストを作る”というリンクをクリックしても
現在サーバのメンテナンス中です。
該当の機能は一時的にご利用いただけません。
メンテナンス作業が完了するまで、今しばらくお待ちください。
2009/12/10 -Tom

”Tom”って誰?

MySpaceとimeem.comは共同事業だから。。。というかMySpaceは他のサイトとの統合を図っているから。

sign up now!
そんなことをいわれてもどんなサイトになるのかも分からず、今のところ登録するかどうかは決めていません。多分もう利用しないでしょう。

ただ面倒なのは自分のブログに書き込んだリンクを削除および訂正せねばなりません。 これが大仕事です。

ちなみに私はMySpaceは知っていますし時々は利用していますがユーザーにはなっていませんでした。

結局、著作権問題が浮上してからはインターネット上で無料で聴けるなんて夢のような世界はほとんど皆無に近くなっています。
YouTubeは削除されるまではビデオを観る事ができますが、リンクしてもすぐ無効リンクになってしまうのが玉にキズ。

追記
2010年9月頃に気が付いたのですが、かなりの曲がYouTubeのビデオにリンクするようになったと思ったら9月半ば過ぎにはiLike,comの試聴が聞けなくなりました。
側の説明では今現在試聴へのクリップはthird-party(別の事業者)を利用しているので不完全なのだとか。
努力しているところだから、「よそのサイトにいかないでー」と述べていますが。
そう、そういえば最近はYouTubeリンクが多かった。 YouTubeなら直接YouTubeで探した方がベストじゃ?

試聴だから著作権は問題ないはずなのに。。。
iLike.comのサイトでHELPをクリックすると。。。MySpaceに飛びます!!!
うむ、ここも共同経営か?
[PR]
by koukinobaaba | 2009-12-11 12:18 | 面白記事

サイドウィキ付き Google ツールバー Google Toolbar with Sidewiki

最近のインターネット事情は複雑で勉強不足の私にはもう奇奇怪怪です。
これでは取り残される日も間近でしょう。

先日もブラウザに突如現れた文字が、「サイドウィキ付き Google ツールバーがブラウザにインストールされました。」でした。
勝手にインストール?
どうやらサイドウィキは2009年9月末日にIEとFirefox版「Google ツールバー」に統合されたんだとか。これでサイドウィキが利用可能になったという次第です。
なんで今頃インストール? コメント機能なら以前(9月)からあるのに、と思っているのですがもっと複雑な機能なんですかね。
私はBloggerは出来立てにお試しして止めてしまいましたが、Googleのアカウントを持っているし、ブラウザのChromeも入れているのでマンザラ無縁というわけではありませんが。
いままでコメントの吹き出しマークは見てもコメントは見たことがなく、Webページへみんなでコメントするなんて意味が分かりません。Google側では「エントリがない場合は、ぜひコメントの最初の投稿者になってください。」なんて言っていますよ。

が、任意の文字を選択すればコピペしなくともGoogleツールバーで検索できるのは便利かも。

Google ツールバーの新機能だけでなく、私の知らないうちに情報が収集されて公開されるなんてこともあるんじゃないでしょうか。もっともこの年になると何があっても別に困ることもないですが。

後でゆっくり読んでみようと思う。
Googleツールバー ヘルプ
サイドウィキ
[PR]
by koukinobaaba | 2009-12-04 23:03 | 面白記事

オーティス・レディング I've Been Loving You Too Long by Otis Redding

泣いて下さい。
オーティス・レディングが歌う”I've Been Loving You Too Long”です。

オーティス・レディングはこんな顔
b0002123_22371863.jpg
Dreams to Remember: The Legacy of Otis Redding (DVD)

Otis Redding - The Rolling Stones' (I Can't Get No) Satisfaction cover (1965) - YouTube
Otis Redding & The Bar-Kays - Respect - YouTube

オーティス・レディングと同じくソウル歌手のJerry Butler(ジェリー・バトラー)と共同で書いた”I've Been Loving You Too Long (To Stop Now)”はシングルとしては最高のヒット曲となり、1965年にレディングの3枚目のアルバムとしてアトランティックからリリースした「Otis Blue: Otis Redding Sings Soul」に収録されていました。
”I've Been Loving You Too Long”がサウンドトラックで使用された映画にはTina Turner(ティナ・ターナー)も出演した1970年の「Gimme Shelter(ローリング・ストーンズ・イン・ギミー・シェルター)」をはじめ、1986年の「Children of a Lesser God(愛は静けさの中に)」や1988年の「Stormy Monday(ストーミー・マンディ)」などでオーティス・レディングのバージョンが流れました。
日本未公開映画では「Bitter Moon(赤い航路)」のPeter Coyote(ピーター・コヨーテ)が主演した1984年の「Heartbreakers(ハートブレーカー)」をはじめ、1985年の「Heaven Help Us」、1992年の「Rich in Love」、2006年の「Glory Road」や2007年の「Talk to Me 」などがあります。

”I've Been Loving You Too Long”の歌詞はI've Been Loving You Too Long Lyrics - STLyrics.com
Otis Redding - I've Been Loving You Too Long - YouTube

この”I've Been Loving You Too Long”をカバーしたアーティストは”When a Man Loves a Woman”が似ているPercy Sledge(パーシー・スレッジ)など何人かいましたが、セクシー(卑猥)ということで最も有名なのは1968年のIke & Tina Turner(アイク・ターナー&ティナ・ターナー)の掛け合いだそうです。ティナ・ターナーはオーティス・レディングに影響を受けたそうですがオーティスの代表的なラブ・バラードもダイナマイトセクシーのアイク&ティナがカバーするとこんなになっちゃうんでしょうかね。
とはいえどもアイク&ティナ・ターナーというゴールデンコンビは”I Smell Trouble”と共にすっげぇパーフォーマンスだと思っています。
Ike & Tina Turner - I've Been Loving You Too Long (Too Hot & Hard!) 1969 - YouTube
Percy Sledge - I've Been Loving You Too Long - YouTube

オーティス・レディングは1967年に26歳という若さで飛行機事故で他界したジョージア出身のソウル歌手で、情感豊かに歌うバラードでは定評があります。
初期には同郷のLittle Richard(リトル・リチャード)に多大なる影響を受けたといいます。、

亡くなる3日前に吹き込んだ”(Sittin' On) The Dock of the Bay"(ドック・オブ・ザ・ベイ)”は死後にリリースされて1968年のビルボードでトップとなりましたから日本でも有名です。
この曲はレディングがスタックス・レコード専属のブルース・ギタリストだったSteve Cropper(スティーブ・クロッパー)とともに1967年に書いたそうです。白人ギタリストのスティーブ・クロッパーはBooker T. Jonesと組んで1962年の"Green Onions"が大ヒットしたR&Bバンドの”Booker T. & the M.G.'s”のメンバーでもあり、スタックスでのSam & DaveRufus Thomasなどたくさんのミュージシャンの吹き込みに参加しています 。
Otis Redding - The Dock of the Bay - YouTube


[PR]
by koukinobaaba | 2009-12-03 00:15 | 音楽