<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポール・ウィリアムズ Paul "Mr. Hucklebuck" Williams

Paul Williams(ポール・ウィリアムズ)は1950年代から1960年代にかけて活躍したR&B(リズム&ブルース)のサックス奏者です。
バリトン・サックスとアルトサックスも演奏するポール・ウィリアムズは学生バンドからニューヨーク地元のNew Jerseyレーベルに入り、1940年代頃にはにLucky Millinder(ラッキー・ミリンダー)楽団に参加して1947年には自分のバンドを結成し、1948年にSavoyレーベルで”Hucklebuck(ハックルバック)”を吹き込みました。
サックスがブレイクするダーティ・ダンス・チューンの”The Hucklebuck”は当時の黒人たちに人気となり1949年にはチャート入りしてトップを何ヶ月も連続キープしたそうです。それ以来、ポール・ウィリアムズは”Paul "Hucklebuck" Williams”となりました。 まさか、”ホモ男”さんじゃないでしょうね。

ちょっとツイストのようなR&B曲の”The Huckle-Buck”はビッグバンドのTommy Dorsey(トミー・ドーシー)でFrank Sinatra(フランク・シナトラ)が歌い、1951年の「Swing and Dance with Frank Sinatra」(ASIN: B0012GN3HS)というスウィング&ダンスアルバムに収録しています。
Louis Armstrong(ルイ・アームストロング)も同年1951年のアルバム「Satchmo at Pasadena」に録音し、ヴァイブ奏者のLionel Hampton(ライオネル・ハンプトン)も1950年にギタリストのWes Montgomery(ウェス・モンゴメリー aka John Leslie名義)のアルバムに収録、現在はCDの「Complete Recordings With Lionel Hampton」です。 この他にもブルースギタリストのやEarl Hooker(アール・フッカー)がサン・レコードで1953年に吹き込んだというほど人気があったそうです。(アルバム「Boppin' the Blues」に収録)
”Hucklebuck”に類似したR&B曲では美人シンガーでHip Shakin' MamaのChubby Newsome(チャビー・ニューサム)が歌った”Where's The Money, Honey?”があります。
その熱狂的な人気ゆえ、ツアーでは席が足りなくて暴動も起きたという”Hucklebuck”は単に曲というよりダンスの代名詞になったとか。

ポール・ウィリアムズの”Hucklebuck”は1945年にビバップのCharlie Parker(チャーリー・パーカー)がポール・ウィリアムズと同じSavoyレーベルで吹き込んだブルース曲の”Now's the time”のリフ(フレーズ)なんだそうです。 そのチャーリー・パーカーだって代表曲のひとつである”Ornithology”は”How High the Moon”の進行コードをパクったそうです。 ”Hucklebuck”には後からRoy Alfred(ロイ・アルフレッド)の歌詞が付けられてRoy Milton(ロイ・ミルトン)など何人かのR&B歌手が歌いましたが、”Hucklebuck”を歌ったというブルースマンでアール・フッカーの叔父であるJohn Lee Hooker(ジョン・リー・フッカー)の”Boogie Chillun”も大ヒットしたんだとか。(この曲はHucklebuckには全くく聞えずHucklebuckが歌詞に出てくることもなくBoogie, Boogieと歌っているだけ。)

Lucky Millinder - Do The Hucklebuck (1948) - Dailymotion.com
Charlie Parker - Now's the time - YouTube
John Lee Hooker - Boogie Chillen - YouTube

ポール・ウィリアムズはこんな顔
b0002123_20184031.jpg
COMPLETE RECORDINGS 1949-1952 VOL.2


ポール・ウィリアムズのアルバムには上記の「COMPLETE RECORDINGS 1949-1952 VOL.2」(ASIN: B00003NH75)以外に、"Hucklebuck”が収録されたベスト盤の「COMPLETE RECORDINGS 1947-1949 VOL.1」や「Complete Recordings Vol. 3: 1952-1956」もあります。

ポール・ウィリアムズの”Hucklebuck”はコンピレーションアルバムの「100 Hot Rhythm & Blues Tunes from...the R&B Years 1949」(ディスク2の”Hucklebuck”はRoy Milton(ロイ・ミルトン))や「Savoy Chart Busters」(ASIN: B002ED18K2)や「Wailin' Saxophone Legends」(ASIN: B0027D5RJ2)にも収録されています。
♪ ”The Huckle-Buck”の試聴はPaul Williams - Huckle-Buck (Savoy Chart Busters) - Amazon.com
♪ Paul Williams - The Hucklebuck (Wailin' Saxophone Legends) - Amazon.com
どうです、聴いたことあるでしょう?

♪ ポール・ウィリアムズのLPアルバム「The Hucklebuck」から”Huckle-Boogie”と”Alcohol ”が続けて聴けるwfmuラジオのプレイリストはBob Brainen's playlist November 6, 2005
Listen to this show! RealAudio”をクリックするとReal Playerで聴けます。
クリップ・ポジションを53:26まで移動するとすぐです。

ダンスホールでみんなで踊ったちょっとセクシーな”Hucklebuck”をあなたもご一緒に!
How to dance "Hucklebuck" - YouTube
lined dance "Hucklebuck" - YouTube
Chubby Checker - Do The Hucklebuck - YouTube




追記
この記事を書いて1年半ほど経過した頃に1通のメールが届きました。
見知らぬ送り主はたいていの場合迷惑メールですから開けるのを躊躇しましたが好奇心に駈られてクリック。
結果、見ず知らずの”リサ康ウィリアムズ”さんに感謝することに。

私がAudio-Visual Triviaで書いたチャーリー・パーカーの記事でポール・ウィリアムズに言及したことをリサさんが知ったらしいのです。差出人がポール・ウィリアムズの孫娘となっています。文字化けかロボット翻訳を使用したかは不明ですがその名前が”リサ康ウィリアムズ”。 多分”Lisa Y. Williams”なんでしょう。
メールと同じ位の時刻のAudio-Visual Triviaのアクセスログを確認したらアメリカのIPアドレスから”Paul Hucklebuck Williams”のキーワードでサイト内検索がありました。
そのメールに返信したら即刻返事があり、リサさんはここ数ヶ月ポール・ウィリアムズのサイトの情報を広めているのだそうです。

私には実のお孫さんかどうかは確認のしようがありませんが、ともかく文中に二つのリンクが書かれていました。
一つはFacebookのリンクでポール・ウィリアムズのサイトとなっており、写真やバイオグラフィや音楽が聴けるページがあります。
もう一つのリンクは2010年に作成したらしいYouTubeのポール・ウィリアムズのチャンネルです。

Paul Hucklebuck Williams WebSite
PaulHucklebuckWms's Channel - YouTube

ちなみにPaul Williamsというと1960年代に”マイ・ガール”がヒットしたThe Temptations(テンプテーションズ)のリードボーカルや同年代ですがソングライターでもあり映画にも出演したポール・ウィリアムズも存在します。




[PR]
by koukinobaaba | 2009-09-22 20:42 | 音楽

iTunes 9 ホームシェアリングとGenius Mix

2009年9月11日にiTunesの更新があってiTunes9となり、左のソースリストに新しくホームシェアリング機能が追加されました。

ホームシェアリングとは家族のPC間で簡単に音楽を共有できるそうです。
これからは新しく購入した音楽も自動的に転送されて選曲もできるので便利になるようです。
iTunes上のメニューから詳細をクリックして作成します。

もう一つ、既にあったプレイリスト作成機能のGenius(ジーニアス))がアップグレードして”Genius Mix”が追加されたそうなので、オンラインにしてGenius Mixをアップデートしたら、私の場合はラテンMIXとジャズMIXができました。iTunes Storeで購入した音楽ファイルのジャンルが多岐に渡るとmIXも増えて最大では12のエンドレスミックスが作成されるようです。私のファイルから任意に選曲したエンドレスの音楽ラジオといったところで、選曲はおまかせですがかなりいいセンいってます。
iTunesで上のメニューのStoreのプルダウンから”Geniusのアップデート”を選択するとGeniusの下にGenius Mixが追加されました。
iTunes側で追加したMIXに変わってしまうことがありますが、その時もメニューのStoreからアップデートすれば自分のMIXに戻ります。

ですが、私のMIXではジャズなのにラテンからレゲエも混じってしまい意味をなしませんが、「アーティストや曲調、ジャンルが違っても曲同士がマッチするならばMixに含まれる。」とあるのでやむをえないのかもしれませんが、果たして完全にマッチしているのやら疑問です。それに、たいていは頭から同じ曲目なので最後まで聴かなければ新しい発見はありません。
もっとがっくりしたのは私のiPodは古いのでGenius Mixが同期できないのです。(5世代ならOK)

※以前から噂になっていたというCocktail(iTunes LP機能)については全く知りませんでした。

MY Genius Mix
Jazz MIX & Latin MIX

b0002123_0273294.jpg
MIXのアルバム画像は4分割されていますが、曲が流れるとそれを収録しているアルバム画像に変わります。

ソースリストでプレイリストの項目にあるiTunes DJはまだ試していません。
ダウンロードで選ぶ項目に私のiTunesでは”iPhone構成ユーティリティ”がなかったので、息子のiPhoneアプリとは同期できないのかもしれません。 後で確認してみます。

追記
この後、2009年9月12日に「アップルから新しいソフトウエアを入手できます。」とApple Software Updateがあり、”iPhone構成ユーティリティ”のインストールを完了しました。
これで構成プロファイルの作成、管理、および署名、承認済アプリケーションの追跡などデバイス情報の取得を簡単に実行できるんだそうです。 と、「エンタープライズ運用ガイド」に書かれています。
つまりオンラインでアカウントを含めてiPhoneの設定ができるので便利という次第です。

追記
2010年6月20日に「iTunes 9.2」へのバージョンアップがありました。特に不具合はなし。
2010年9月のiTunes 10のバージョンアップで長いこと馴染んだiTunesのアイコンが変わりました。
ミュージックの項目表示などがちょっと目に変わり、Genius Mixのアルバム画像が大きくなりました。
ミュージックのリストの上に表示されていたフラッシュのギャラリーサンプル”Cover Flow”が全部なくなりすっきりしました。これでiTunesを開く時に時間が短縮されるでしょう。(多分) 表示する場合はメニューの表示から選んでチェックをつけます。

珍しいのは新機能のPINGでiTunes版のSNSらしいです。これまでは音楽SNSのLast.fmでiTunesで聴いた音楽が反映されていたのですが、これからはiTunes独自で音楽SNSを運営していくのでしょう。
「iTunes 10をダウンロードしたユーザーの3分の1がPingに加入した」とApple側では発表したそうです。
2010年9月9日にiTunesからメールが配信されました。
「Ping へようこそ」

iTunes PingをクリックするとiTunes Storeにアクセスし、Tuen On Pingという文字が現れます。 が、今はスルー、後でみてみる。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-09-11 09:40 | 面白記事

マイク・フランシス Mike Francis

ステージネームをマイク・フランシス(1961-2009)というFrancesco Puccioni(フランシスコ・プッチオーニ)は1961年にイタリアはフローレンスに生まれたポップス・ミュージシャンで、1980年代には歌手であるとともに作曲家でギタリストとして活躍していましたが、惜しくも2009年の1月に47歳で亡くなりました。(肺ガンだったそうです。)

学生バンドとしてローマで音楽活動を始めたマイク・フランシスはその芸名からも分るようにアメリカ好きで、英語で歌ったダンサブルな1982年の”Survivor”や1983年の”Let's Not Talk About It”などが知られています。

マイク・フランシスのアルバムはコンピレーションが多いのですが死の直後にもラスト・アルバムとなった「The very best of Mike Francis (All was missing) 」がリリースされたそうですが、情報は見つかりません。
Mike Francis - Survivor (1984) YouTube
Mike Francis - Let's Not Talk About It - YouTube
Mike Francis - Let Me In - Grooveshark.com


マイク・フランシスはこんな顔
b0002123_15563878.jpg
Flashes of Life

上記のアルバムはオリジナルは1988年リリースの2008年盤のアルバム「フラッシュ・オブ・ライフ」です。
試聴はマイク・フランシス フラッシュ・オブ・ライフ - Amazon.co.jp

1999年リリースのベスト盤コンピレーション・アルバム「I Grandi Successi Originali」は現在入手困難。


[PR]
by koukinobaaba | 2009-09-10 16:11 | 音楽

金子信雄のフライパン

朝日TVで1967年に開始された「楽しい夕食」という料理番組が土、日を除く毎日昼過ぎに1995年まで放映されていました。
俳優の金子信雄が酒を飲みながら料理を担当し1992年までは女優の東ちづるがセクハラされながらアシスタントを務めていました。年寄りが若い女の子に甘えているようにも見えましたが、この時期の東ちづるは笑顔を絶やさずかなりのあしらい上手だったことを覚えています。

「金子信雄の楽しい夕食」で使用していたのかは不明ですが金子信雄ブランドの調理器具が話題になったので私も購入しました。 先ず手始めにと手に入れたのは鉄製の小さなフライパンです。
これを買ってしばらくしたら、金子信雄が飲みすぎて亡くなってしまい金子信雄印の鍋シリーズは売り場から消え去りました。
下記の画像は目玉焼きに最適な小さなフライパンで今でも愛用しています。
底の幅は約13cmで上部が約16cmというミニサイズなので木製の取っ手の付け根が少々焦げてしまいました。

b0002123_15512047.jpg

b0002123_15514059.jpg

[PR]
by koukinobaaba | 2009-09-05 16:05 | 面白記事

ジョニー・リヴェラ Johnny Rivera

サルサ歌手のジョニー・リヴェラはブロンクスで生まれ育ったプエルトリコ系のミュージシャンだそうです。
ニューヨークの高校を卒業後にプエルトリコに戻ったジョニー・リヴェラは伯父の影響もありラテン音楽に魅せられて地元のグループと組みサルサ・サウンドを学んで1980年代中期に音楽活動を始めました。

1980年のコンピレーション・アルバムの「Noche Caliente (vol. II)」で”Terciopelo y Piedra”を歌っているそうですが、ソロ・デビューのアルバムは1991年の「Y Ahora de Verdad」なんだそうです。
Sergio Georgeがアレンジ及びプロデュースしたアルバムではFrankie Valli(フランキー・ヴァリ)のヒット曲”My Eyes Adored You”を英語で歌ったそうです。このアルバム「Ahora De Verdad」からカットされた初のシングル”Te Regalare”がヒットしたとか。
Johnny Rivera - My Eyes Adored You - YouTube

1993年にリリースされたジョニー・リヴェラの3枚目のアルバム「Cuando Parara La Lluvia (When will stop the Rain)」には”Cuando Parara La Lluvia”、”Por eso Esta Conmigo”、”Voy a conquistar tu amor”といったヒット曲が”収録されています。
Johnny Rivera - Cuando parara la lluvia - YouTube
Johnny Rivera - Por eso Esta conmigo - YouTube
Johnny Rivera - Voy a Conquistar tu amor - YouTube

ジョニー・リヴェラはプエルトリコはもちろん、ロスアンジェルスからコロンビアやパナマなど南アメリカからフランスなどの世界ツアーも行ったそうです。
Last.fmのチャートによれば今現在、ジョニー・リヴェラ(ジョニー・リベラ)の一番人気は”Vamonos De Rumba”で続いて”Dicen”となっています。
Vamonos de rumba - YouTube
Johnny Rivera - Dicen - YouTube

「Pura Salsa」や「El intenso」などのアルバムから何曲かが試聴できるジョニー・リヴェラの曲目リスト
Johnny Rivera - Tracks - Yahoo! Music

ヒゲのないジョニー・リヴェラ (ある?)
b0002123_17361099.jpg
Y Ahora de Verdad
試聴はY Ahora de Verdad - Amazon.com

ヒゲのあるジョニー・リヴェラ
b0002123_17365128.jpg
Vivo por Ti
試聴はVivo por Ti - CD Universe


※1960年代後期のニューヨークでサルサの前身であるブーガルー(BOOGALOO)旋風が巻き起こった時にトロンボーンをフィーチャーしたラテン・バンドのJohnny Rivera and the Tequila Brass(ジョニー・リヴェラとテキーラ・ブラス)というバンドがいたそうですが時代が違うから別なグループなんでしょうか。
それが気になって調べてみましたが、ジョニー・リヴェラの生年月日も不明ですがは80年代中頃に音楽活動を開始しているので関連性は無いようです。


[PR]
by koukinobaaba | 2009-09-02 17:38 | 音楽