<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サム&デイヴ Sam & Dave - Hold On, I'm Comin'

1861年にR&Bデュオであるサム&デイヴ(Sam & Dave)は地元のクラブで人気が出てRouletteレコードから何枚かのシングルをリリースしていたそうです。1960年代初期のサザンソウルのスタックス時代には同レーベル所属のOtis Redding(オーティス・レディング)と地方公演をして回ったせいか、ステージでの振り付け(ステップ)がオーティスにそっくり。

1966年にIsaac Hayes(アイザック・ヘイズ)が在籍していたスタックス・レコードから1966年にリリースしたHold On, I'm Comin' (ホールドオン)が空前の大ヒットしました。”ホールドオン”は二人の友情を歌った曲でしたが二人の仲は上手くいっていなかったそうです。
1968年からアトランティックレコードでアルバムをリリースしましたが、レコード会社間の契約問題をめぐるすったもんだから人気は下火となりましたが、ソウル音楽華やかなりし時代の忘れられないダイナミックなパーフォマンスを披露したミュージシャンで1970年代頃まで活動していたそうです。
※マイアミ出身の”サム&デイヴ”のフルネームはSamuel David Moore(サミュエル・デヴィッド・ムーア)とDave Prater(デヴィッド・プラター)です。
Sam & Dave - Hold On I'm Coming (1967) - YouTube
Sam & Dave - Soul Man (1967) - YouTube
Sam & Dave - Soul Sister, Brown Sugar - Amazon.com

サム&デイヴはこんな顔
(左がサミュエルで、右が1988年に自動車事故で亡くなったデイヴ)
b0002123_1513523.jpg
The Greatest Hits Of Sam & Dave
試聴はGreatest Hits Of Sam & Dave - Amazon.com


1967年のヒット曲である”I'm A Soul Man”はオリジナルが1969年のアルバム「The Best of Sam & Dave」や「25 Greatest Hits」、又は「Sam & Dave: All-Time Greatest Hits」やコンピレーションアルバムの「Best of 60's Rock n' Roll」などにも収録されています。

ソウル・リバイバルに火をつけたコミカルな白人R&BデュオのBlues Brothers(ブルース・ブラザース)が1978年にリリースしたアルバム「Briefcase Full of Blues」やライヴの他、1980年に映画The Blues Brothersで警官に免許証をチェクされるシーンで流れ演た”Soul Man”のおかげでサム&デイヴも再浮上しました。
The Blues Brothers - Soul Man - YouTube


[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-27 16:10 | 音楽

Google検索の結果に吹き出しアイコン

Googleにログインして検索をした場合に最近(2009年5月5日)気が付いたことですが、なんとも新しい機能が追加されたようです。
ちょっと前まではそのサイトに過去何回閲覧したかが表示されていただけでしたが「順位を上げるボタン」が検索結果に追加されたようです。
例えば検索キーワードを”peter gunn”にしてGoogleアカウントにログインした状態で検索すると、その”peter gunn”の検索結果で表示されたウェブページのタイトルの後ろに矢印や×印が表示されます。これによって表示順位を変更したり、そのサイトを削除したりとカスタマイズができるのです。自分のサイトだからと順位を上げても自分だけがそのように見えるだけなので意味はありませんが便利なこともあります。

そして最後に書かれたサイトのURLの後ろにはキャッシュ - 類似ページ にコメントの吹き出しアイコンが追加されました。(6月になって気が付いたのは各ファイルの大きさを表すバイト数が表示されなくなったことです。)これは公開されるコメントだそうですからうっかりしたことは書き込めませんね。コメントを書き込むと別窓でサーチウイキが立ち上がり同意を求められます。当然アカウントのニックネームも他のユーザーに知られるのでバカなことも書けません。上手くできてます。Googleのアカウントがkoukinobaabaでなければ私だとは分らないでしょうが。

まだ他のユーザーが残したコメントなるものを見たことがありません。いったい検索結果にどんなコメントを入れるのでしょうか。まさかこのサイトでウイルスが入りました!じゃないでしょうがね。
既にコメントされた場合はこのアイコンがどう変化するのかは不明です。もし変化がなければコメントのあるなしが分りません。

次々と機能が変化していくGoogleサーチエンジンの仕様ですが、欲しい情報がうまくヒットすれば最高です。

☆Googleアカウントに登録していない方はこれらの機能は利用できません。

この続きは2009年12月の記事
サイドウィキつきGoogleツールバー
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-24 00:16 | 面白記事

ウォルト・ディッカーソン Walt Dickerson

ウォルト・ディッカーソン(1928年~2008年)とはポスト・バップ時代のヴィブラフォン奏者です。
1960年代にはテナーサックス奏者のジョン・コルトレーン(John Coltrane)と演奏したり、後に一緒にアルバム「Visions」をレコーディングしたピアニストのサン・ラ(Sun Ra)などがウォルト・ディッカーソンのサイドメンを務めたこともあったそうです。
ウォルト・ディッカーソンが1961年に作曲した作品にはDeath And Taxes、Evelyn、The Good Earth、Infinite Youなどがあり、この他にも1970年代から1980年代までにたくさん作曲しているそうです。
Death And Taxes、Evelyn、Infinite Youなど5曲は下記のアルバム「This Is Walt Dickerson」に収録されています。



ウォルト・ディッカーソンのアルバム
1962年録音の「To My Queen」はアルバム・タイトル曲の”To My Queen”の他、ジャズのスタンダードであるHow Deep Is The OceanとGod Bless The Childの全3曲を収録した美しい演奏です。共演者はピアノがアンドリュー・ヒル(Andrew Hill)、ベースがジョージ・タッカー(George Tucker)、ドラムがアンドリュー・シリル(Andrew Cyrille)です。
♪ 試聴はTo My Queen - TowerRecords

1965年MGM録音のアルバム「Impressions of a Patch of Blue」はシドニー・ポワチエ(Sidney Poitier)が出演した1965年の映画「いつか見た青い空(A Patch of Blue)」の音楽を手掛けたジェリー・ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)の音楽をアレンジしたアルバムです。
このアルバムはウォルト・ディッカーソンが1962年にMaurice Jarre(モリス・ジャール)が手掛けた「アラビアのロレンス(Lawrence of Arabia)」のサウンドトラックの編曲に続いてアレンジしたアルバムだそうで、サン・ラがサイドメンとして参加している貴重な1枚です。
演奏メンバーはヴァイブがウォルト・ディッカーソン、ピアノとハプシコードがサン・ラ、ベースがボブ・カニンガム(Bob Cunningham)、ドラムとティンパニーがロジャー・ブランク(Roger Blank)です。
やっと見つけた試聴はImpressions of a Patch of Blue - Amazon.com

※ジェリー・ゴールドスミスが音楽を手掛けたロマン・ポランスキー監督の「チャイナタウン(Chinatown)」はAudio-Visual Trivia 内に記事があります。


[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-22 20:58 | 音楽

最新検索エンジンのクール Cuil.com

Cuil - The World's Biggest Search Engine
私の映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia」に気になる検索が入ったのでそのIPアドレスを調べてみたところCuil.comのクロールであることが判明しました。

このグーグルならぬクールという新型の検索エンジンは元Google社員が開発したそうで2008年の夏ごろに公開されたようです。

どこがGoogleと違うかというと、Googleはリンクの解析やアクセス数から判断して順位を決定するのですが、Cuil.comの場合はサイトの内容を判断して検索順位を決定するのだそうです。
だから集客が少なくとも良いコンテンツのサイトなら検索結果の上位に表示される仕組みになっているわけです。また表示方法が変わっていて2~3カラムに分けてありあます。どういった分け方なのかがまだよく飲み込めません。この方式だと1ページが短いのでスクロールが少なくなります。

自分のブログでテストしてみた結果、”http://www.audio-visual-trivia.com/”で検索してみるとGoogleだと910件が表示されますが、Audio-Visual Triviaのリンクが含まれている関連記事が表示されるクールでは3,963件でした。これはGoogleではリンクになるのでしょうか。
”www.audio-visual-trivia.com/”ではGoogleが増えて2,930件ですが、クールでは”http://”を入力した時と同じ3,963件でした。
又”audio-visual-trivia.com”だけで検索したらGoogleではさらに増えて3,080件でしたが、クールでは逆に大幅に減ってたったの278件でした。
次に私のIDである”koukinobaaba”で検索したところ、Googleでは4,480件ですが、クールではたったの579件でした。Googleとクールでは数的にはほぼ逆の結果が出ます。
ブログの記事のタイトルだけでは当然1ページ目に表示されないので、記事のタイトル”peter gunn”と私のIDを一緒に検索してみました。”peter gunn koukinobaaba”
するとGoogleでは関連記事も含めて67件で、クールでは私の記事のみ3件が表示されました。
何でこの「Hot'n Cool」を検索してみないかって?やってはみましたが何しろコテコテの日本語ブログですから結果が思わしくないのです。
例えば、http://zenigeba.exblog.jp/ で検索してみたら、結果は792件とは表示されたのですが、トップページにはこの「Hot'n Cool」の記事は表示されず関連記事ばかりです。Googleでは1,090件ですがやはり「Hot'n Cool」の記事は表示されていません。
私が関連記事といっているのは当ブログのURLが載っているよそのブログのこと。

☆GoogleやYahoo!などの検索結果とは全く違いますから私には利用する意味がありません。

※クールでは日本語への対応はあまりされていないようで、ブログのタイトルや検索語が日本語だと全く検索結果に表示されませんでした。クールが現在対応している原語は英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、トルコ語だけです。

Cuil.comのクローラーが私のブログ「Audio-Visual Trivia」を巡回しているということですからもっとインデックスされるかもしれません。期待しましよう。

ですがクールは日本語に対応せねば検索エンジンとして大成しませんよ!

追記
2009年暮れに再び”Audio-Visual Trivia”で検索しましたが、期待は外れたようで、Audio-Visual Trivia内のアーティスト記事が2件ほど、URLのwww.audio-visual-trivia.comではリンクされた先が2件表示されたくらいです。
日本語の対応はまったくしていないので、こちらからは、まだやってるのね。。。という感じです。

クールなサーチ・エンジン「Cuil.com」は現在行方不明?と思ったら、2010年ごろ閉鎖になったとか。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-22 19:31 | 面白記事

大失敗した! ギラギラ光る無料アニメGIF Glitter-Graphics.Com

この記事の前に書いた「ギラギラ光る無料アニメGIF Glitter-Graphics.Com」がどうやら大変なことになったようです。
ページのURLは
http://zenigeba.exblog.jp/11033785/ 現在は削除済み
http://zenigeba.exblog.jp/11033782/ これだけ残した
http://zenigeba.exblog.jp/11033765/ 現在は削除済み

私の目がおかしいのか、なぜか3ページも同じ記事が表示される不具合が起こりました。おまけにその3ページの記事の編集や削除用のボタンが機能しなくなってしまいどうすることもできません!
同じ記事が3件もアップされたのはエキサイト・ブログが悪いわけではありません。赤文字のKoukinjbaabaが流れて固まってしまった記事を何とかしようと慌てた私が「戻る」ボタンを押したのです。2回も!それでさらに記事がアップされてしまったということです。

不具合になったのは恐らく、”Koukinobaaba”の赤い文字が上から下に流れるマーキータグをカスタマイズしてGlitter-Graphics.Comから貰ってきたのが災いしたようです。重過ぎたのでしょうか。
そのページだけなので新たにこの記事を書いている次第です。
困った!困った!
そのページをご覧になっている方々は大丈夫でしょうかね。ウイルスはまいていませんが。

追記
これを解決する方法がやっと分かりました。

2012年にこれまで長いこと使用してきたMicrosoft Windows版のPCをアップル - Macに変えました。
ブラウザをSafariにしたら、アップルマーク(リンゴ)のあるページの上のメニューに開発という項目がありました。このプルダウンメニューから「スタイルを無効にする」を選択して編集出来るようになるのでマーキータグをコメントアウトしました。 もちろんタグを全て削除してもよいのですが記念にそのままにしてみました。
この記事のマーキータグをひとつだけにしました。
過去記事の「ギラギラ光る無料アニメGIF Glitter-Graphics.Com」は1件だけになりました。
本文中のマーキータグは一つだけに残しておきます。
すると赤いkoukinobaabaはひとつだけ流れています。 やれ、やれ。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-22 00:50 | 面白記事

ギラギラ光る無料アニメGIF Glitter-Graphics.Com

インターネット上には無料で画像を配布しているサイトがたくさんあり、私もよくブログの記事内で利用させてもらっています。
最近見つけたのが”Glitter-Graphics.Com”という膨大な画像がダウンロードできるサイトです。

特にギラつくアニメーションの画像がユニークです。ヒカリものが好きな向きにはもってこい。

Glitter-Graphics.Com
サイトの左にメニューがありAnimated GIFsとかGlitter Graphicsなどが表示されているのでクリックしてみます。alling objects (new)は動くアイコンのようなものでカスタマイズできるようです。
例えば”Koukinobaaba”という赤い文字テキストで上から下に動かしてみるとこんな風になりました。
マーキータグです。

Koukinobaaba


頂きたい画像はまず、その画像をクリックして別ページに行きます。
例としてアニメGIFのstarbucks珈琲にしてみます。
別ページの珈琲の画像の下の方にPCのアイコンがあり”download image”という文字が見えますからクリックすると、別窓が立ち上がって、やっとこさ、通常の右クリックで画像を保存にたどりつきます。
PCに保存した画像をこのページにアップしてみます。
b0002123_012826.gif

どうでしょうか。ちょっと面倒くさかったですがともかく動く画像をもらえたようです。

追記
この記事を書いた当初、マーキーに使用した文字列のkoukinobaabaの”aaba”の部分が切れてしまったのは文字列が長すぎたと思ったのですが、その後、とんでもないことが判明。

文字が切れただけでなく何かがおかしくなったようで投稿ボタンをクリックしたら画面全体が真っ白、私の頭の中も真っ白。
慌てて再度投稿ボタンを押すこと合計で3回。
後で気がついたら同じ記事が3件アップできていました。
問題は1件を残して他を削除しようとした時のこと、なんと編集画面に入れなくなったのです。
もちろん他の記事では入れます。このギラギラ記事だけが3件とも編集不可能になったのです。
マーキータグで何か不具合を生じてしまったようです。
編集に入って記事を削除することも出来ず、呆然と赤いkoukinobaabaが上から下へと流れ続けるのを見ている私です。この現象はギラギラ記事が含まれるページ全てで起こるのでアーカイブやカテゴリなどでもkoukinobaabaが流れるのです。 困った、困った。

困っている記事はこちら
困った状態を解決方を書いてあります。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-22 00:15 | 面白記事

キング・クリムゾン King Crimson

キング・クリムゾンとはイギリスのヘヴィー・メタル・バンドの名だそうです。
ロカビリーやロックンロールは分ってもまずヘヴィー・メタル(Heavy Metal)とは何かが分っていませんが、やたらがなり立ててうるさい音楽だと思っていました。
ともかく1970年代頃に現れた新しいジャンルで、ハードロックの範疇らしいのです。ハードロックよりすごいのか。 そうパンク(Punk Rock)なんだって。
ニューヨークのアンダーグラウンドのガレージ・ロック → パンクロック

演奏を聴いたことがないが、悪魔メイクで有名なデーモン小暮(聖飢魔)もそうなのか。
聴いたことがあるのはアイアンマンのブラック・サバスくらい。

で、1969年に「クリムゾン・キングの宮殿(In The Court Of The Crimson King)」でデビューして以来、商業ベースに乗らなかったというプログレッシブ・ロックのキング・クリムゾンの音楽を聴いてみた。
サウンドはやっぱりヘヴィー!
”21st Century Schiziod Man”は間奏が演歌みたい。
King Crimson - 21st Century Schiziod Man - YouTube

King Crimson - Larks' Tongues in Aspic - YouTube
King Crimson - Robert Fripp Solo - Matte Kudasai (on album "Discipline" 1981) - YouTube

アルバム「クリムゾン・キングの宮殿」に収録されている”墓碑銘(Epitaph including March For No Reason and Tomorrow And Tomorrow)”は意に反してすごい。 うるさくない。
King Crimson - Epitaph (LIVE)- YouTube
King Crimson - Epitaph - YouTube

キング・クリムゾンはこんな顔、顔、顔
b0002123_20554284.jpg

John Wetton, Robert Fripp, David Cross and Bill Bruford
試聴はKing Crimson - Red (1974) - TowerRecords

※このアルバムでのキング・クリムゾンのメンバーはボーカルとベースギターがジョン・ウェットン(John Wetton)、ギターがロバート・フリップ(Robert Fripp)、ヴァイオリンがデイヴィッド・クロス(David Cross)、ドラムがビル・ブラッフォード(Bill Bruford)だそうです。


[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-21 21:10 | 音楽

P2Pでのファイル転送 BitTorrent

私のブログのAudio-Visual Triviaの方に入ってきた検索語に”Torrent”があります。

音楽の曲名とTorrent
例として「Perez Prado Cereza Rosa Torrent」

Torrent自体の英語の意味は激流とか急流だそうですが、検索語としてのこの”Torrent”が何だか分らなかったので調べてみました。

インターネット上で音楽のサイトで”Torrent”がP2P(peer to peer)ネットワークでのダウンロードに使われているようです。
拡張子が *.torrentとなっているTorrent方式の音楽ファイルを保存したら、ファイル共有ソフトの”BitComet”などの互換クライアント(BitTorrentなど)を使って高速ダウンロードするのだそうです。
やはり、意味は「急流のように速くファイルを落とせる」だそうです。
2003年にリリースされたBitTorrentは音楽や映画、商用アプリケーションを提供するためにも利用されているそうです。
※ファイル共有ソフトとはファイル交換ソフトとも呼ばれ、インターネット上で音楽などのファイルを多数のユーザ間で共有することを目的としたソフトウェアなんだそうです。

私も昔々、英語版ですが2001年にリリースされたWinMXで試してみたことがあります。そういえばはWinMXは急流なんて具合にはいかず、べらぼうに遅かった。ある曲のファイルを落としたらそれがアルバムだったらしく相手も私もオンラインなわけですから、解凍の仕方をチャットで教えてもらったこともあります。当初はWinMXで大変興奮しましたが、ダウンロードが重いし、ファイルは容量を食うので欲しくないと思ったのです。 
ですが、このWinMXは著作権の侵害で利用者が逮捕されるなどした後に閉鎖に追い込まれたとか。日本では匿名が特徴の2002年にリリースされたWinnyがあるそうです。
ところがこのBitTorrentはファイルの配布に使われるサーバの負担をかなり減少させることができるのだそうです。

宣言!
私のブログにはトレント・ファイルは置いてません。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-21 17:07 | 面白記事

今年も母の日は お刺身

今年も母の日がやってきました。
だれが決めたのかはよく分りませんがカーネーションが売れる日です。
日本では約半世紀前の戦後に知れ渡ったそうで、たったの1世紀前に一人のアメリカ人女性から端を発したとは思えぬほどの世界的な普及率です。

世界中に知れ渡っているので世界中の母が期待しています。
それで、毎日が母の日だと思っている私ですが、毎年のように私は5月第二日曜日の母の日には必ず母を訪問します。
今後、何回高齢の母が母の日を迎えられるかなどと思ったりはしないことにしています。



よって日曜日は私がいないので、娘一家は私のところに土曜日にやって来ました。
一家は娘と婿殿、そしてこう君、ゆう君、ななみちゃんです。
子供たちが来る時にはいつも大騒ぎです。私が。
まるで映画のコマ送りのように猛スピードでその辺のものを片付けるのです。触られては困るもの、危ないもの、大事なもの。

私は4月の誕生日にも花束を貰いましたが、母の日は今までになくひと抱えもあるほど”特大の花籠”でした。

b0002123_201664.jpg

この写真には娘から後日クレームがつきました。
写真がセロファンがついたままなのでボケているからではなく、上に伸びている白いカーラーがちょん切れているからでもなく
カーネーションがよく見えなーい! 花かごが大きく見えなーい!

画像の真ん中にオレンジ色の物体が見えますが、これが造花のカーネーションで造られた別売りのワンワン・カーネーションなのです。今後は母の日には生花のカーネーションに造花のワンワン・カーネーションが追加されるでしょう。
娘が選んだそうですから、きっとこのワンちゃんが気に入ったのでしょう。
「可愛いでしょう。この犬、ちょうだい!」と、娘が手を伸ばした時、「ダメ!」と横から制止されました。
大岡越前ばりのこう君です。「あげたのに。 取っちゃダーメ!」
すごすごと引き下がった娘。
ふむ、もう老いては子に従え状態なんですか。
(数日後に娘宅に行くのでこのワンちゃんを持っていってやりますかね。)

さて、晩御飯には手巻きすしを用意しました。
具はカンパチ、マグロ、イクラ、明太子、タマゴ焼き、キュウリ、青紫蘇、ひき割り納豆などです。イカを忘れた。
娘一家はゴールデンウィークに我々が行った館山遠足の「味処あさみ」の美味しいお刺身を食べていないのです。それで「あさみ」ほどではありませんが埋め合わせにお刺身にしました。
過去記事は館山 味処あさみ


さて、私の方は日曜日に母を訪ねて、娘が私にくれたのよりグッと小ぶりの花束をプレゼント、でも母の好きな黄色いバラを混ぜました。
そして、なんと和食レストランで、お刺身定食をご馳走になったのです!

昨年同様、今年も母の日は お刺身! でした。

そうそう、息子のお嫁さんからも花束付きでプレゼントを本日貰ってきました。綺麗にラッピングされたアンチエイジングの化粧品!お嫁さんは大阪に出張中なので息子から手渡しでした。
みんな、どうも有難う!!! これから心を入れ替えて綺麗になります!

こういうことなら、子供が10人もいたらもっともっと楽しいでしょうね。
育てることを忘れていました!10人も大変じゃ。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-11 20:26 | 面白記事

館山 味処あさみ 大型連休の小型レジャー

連休中に館山に行ってきました。
同行したメンバーは私の親、私、私の子供、その又子供の4世代!

当初は宿泊の予定でしたが高齢で足が弱い母が弱気になって急遽日帰りになりました。
館山の食堂でお刺身を食べるツアーです。

以前、息子が館山に住んでいた時、息子に連れられて家族の全員がそれぞれにそのお刺身を食べ、それ以来病みつきになっているのです。

今回はJR東京駅からり内房線特急のさざなみ5号で行くこととなりました。
これが最初の難関で、東京駅までは慣れていますが、その先、地下の京葉線のホームまでがえらい遠いのです。
八重洲連絡通路から真っ直ぐ、延々と歩いてもう着くかと思ったらそこから長い長いムービングウォーク(動く歩道)です。おのぼりさんですから赤い線に沿って必死に約500メートルを歩きました。ここでもう母が悲鳴を上げていますが、なにしろ巨漢ですから誰も負ぶってやれません。動く歩道は早く行くために歩かなくちゃいけないそうですよ。

もう駄目!と私たちが思った頃にやっと1番線ホームに到着。時計を見たらなんてことはなくたったの20分弱でした。男性の早足なら10分もかからないでしょう。しかしこれなら東京駅としないで京葉東京駅とかいう新駅でも作ったら便利じゃね。

電車はホームに停車していましたが指定席を取っていたのであわてずに着席できました。交通費は特急券と座席指定券を含めて一人が約4200円ほど。
朝食代わりの御弁当を買い忘れたので発車してから販売に来るかと思ったらちっとも回って来ません。切符拝見の車掌さんに伺ったら「さあ、見ませんねぇ。」
なんたって目的地まで2時間とかからないので新幹線とは違うようです。息子一家はしっかりと弁当やら飲み物を買い込んできていました。深川弁当にカツサンドですか。。。美味しそう!
車中では最高齢者と最低齢者が楽しそうに交流を深めています。
この歳の差はなんと88歳!
b0002123_17638100.jpg

懐かしき館山駅に到着!駅前で8人乗りの大型車をレンタル。6時間で1万7千円だとか。高いのやら安いのやら分りません。でも東京から車だと道中混むからと息子が現地までは電車で行くことにに決定したのでした。

さて、館山見物!と出発したら息子が腹減ったから先にご飯。もう目的のお刺身をご所望。さっき車内で食べたのに!
館山のお刺身とはサーファーに人気の平砂浦、安房神社近くにある定食屋さんです。店名は「味処あさみ」
息子が館山でのエセ・サーファー時代に知った店です。
到着して驚いた!今まではそんなことはなかったが店の前には順番待ちのお客さんがたむろしている。やはり連休だから。座敷とカウンターに分離してようやく席につくことができました。
房総名物の”なめろう”や鯵の”さんが焼き”も美味しいですがなんたって、新鮮な刺身が最高です。
5点盛りといって5種類の刺身が盛り合わせになっているが特にお勧めです。季節によって違うでしょうが、いなだ、かんぱち、鯵、かつおなどの地魚がメインです。刺身のツマに使用されている緑色の海藻のウゴも新鮮で柔らかいから美味しく頂けます。この他にはあら煮もボリューム満点で美味しい!ミックス天丼と海老フライも食べてみたいが刺身でお腹一杯になるからとても無理、宿泊すれば朝、昼、晩と「あさみ」に通えばいいかも。
しかし「あさみ」のお刺身を食べに東京から館山までやって来るなんて!とは思いますが、それほど美味しいのです。
食べ終わったら、早速「席を空けて貰ってもいいですかね。」と言われました。それもその筈、外には待ち人多数。断られたお客さんもありました。
大繁盛!

味処あさみ
千葉県館山市犬石250-1
TEL 0470-28-2532
(午前11時~14時、午後17~入店は21時)
※車でなくともJR館山駅からJRバスで安房神戸経由白浜行きに乗って25分、安房神社前で下車すればバス停のすぐ側です。

館山の沖ノ島を望む ゆうご君一家 (手前の3人)
b0002123_1223175.jpg

お腹もくちくなったので館山の海を眺めながらのドライブ。沿道の菜の花はもう枯れてしまっていますが海は凪いでいて素晴らしい景観です。
絶景かな!
砂浜でゆうご君が遊んだのは南房総国定公園の一つで館山港にある沖ノ島という砂州続きの小さな島で灯台もあります。縄文時代から存在するらしいこの島が珊瑚の北限なんだそうで関東大震災までは海の中にあったそうです。もしダイヴィングができるのなら海底に潜って生きてる珊瑚を見てみたいところです。
島に近い防波堤のこちら側は家族連れ&犬連れのキャンパーで満車でした。健脚の向きには防空壕が随所にある島内探検も楽しいでしょう。貝殻が一杯の砂浜のすぐ隣は岩場です。

さて、小腹が減ったのでお茶をすることとなり、ホテルならティールームがあるだろうと探してもなさそうでした。そこで母が以前来た時に入った素敵な珈琲ハウスを思い出しました。あそこ!ちょっとした丘の上にあって海が見える店。
でも探しても見当たりません。息子が連れて行ったのだから、息子がこの店だという所に行きました。
「違う、違う。」と母。 「もっと素敵だった!」 ウム、あの時はもう夕方で夕陽が綺麗だったし、店もライトアップしてたからね。
なんてことはない丘なんかじゃなくて、道路から数段の階段を上がった「デニーズ」でした。記憶ってのは実に当てにならんもんです。これじゃ犯人や車の特徴を証言するなんて至難の業です。
そう、ファミレスのデニーズ!
でも店の中から前の海が一望に見渡せる絶好の立地条件。デニーズ中のデニーズといったところです。

さて、また腹がくちくなったので今度はイチゴ狩り。でももう夕方だからどうかなと思ったら案の定、お終いでした。イチゴジャムを作りたいゆうご君のママがイチゴを母が琵琶をお土産に買いました。安いってわけじゃありませんが、家に帰って琵琶を食べた母は美味しかった♪と言っていました。きっと新鮮なんでしょう。

夕方は息子の行きつけの回転寿司へ行く予定をしたのですが、母がもう疲れたというので取りやめにして帰途につきました。館山駅を出発したのは6時過ぎでした。

4世代家族で行った美味しい館山遠足でした。
この次はぜひ宿泊プランを立てたいです。館山のホテルは意外と料金が高くて最低でも一人2万円くらい、ビラでも1万円くらいします。以前泊まったことのある館山駅前のビジネスホテル(マイグランド)はツインで1万円ほどで当然食事なしですが海はすぐそばです。
[PR]
by koukinobaaba | 2009-05-08 12:17 |