<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ビデオ・ダウンロード・サービス Amazon.com Unbox video

映画やTV番組が購入できたりレンタルできるAmazon Unboxというビデオ・ダウンロード・サービスが開始された記事を2006年後期に読みました。
新作映画から古典まで「世界中に提供する」とあり、日本のテレビ番組や映画も扱うとあるし、運良く私のPCはWindows XPなのでソフトに対応しているし・・・と最近になってわずかな期待をもってUnboxプレーヤーをダウンロードしてみようと思った次第です。

PCをレジスターしてUnboxプレーヤーは簡単にインストールできました。
さて、どの映画を観ようかな?と物色して、やっと決定! 私はAmazon.comに登録してあるので「Buy now with 1-Click」のボタンを押した。

あっりゃ~、りゃ!アメリカ国内だけだって!たとえ、アメリカ人でも海外にいたら駄目らしい。
私の大好きなインターネットラジオのYahoo! LAUNCHcastも同じ理由で会員になれないのです。こんな時にはアメリカ国内に住みたい!と思う私です。

「Buy now with 1-Click」の時点でそう言えばいいのに・・・と憤懣やるかたなくUnboxをアンインストールした。

よく見直してみたら、TERMS OF USEの条項の「7」に LIMITED TO U.S.とありましたよ。合衆国外への持ち出しも禁止ですって。

バッカみたい!この世界をつなぐインターネットの時代に「国内のみ」なんてさ!著作権問題を何とかしてよね!映画を見られないからプンプンです。このバリアがクリアされたらすごいことになりますね。

Amazon Unboxのカテゴリには”international”という項目があってWinter Sonata(冬のソナタ)やJu-on(呪怨)とかAustin Powers(オースティン・パワース)などがあります。

ま、DVDを購入すればよいのだけれど、今現在も未開封のDVDが積んである状態なのでサット観られれば便利だと思ったのですよ!

Amazon Unbox video downloads: TV shows, movies, international

腹が立つことにはダウンロードした時点で登録されたのか、Amazon.comからUnbox videoの新コンテンツのお知らせメール「Unbox Download: NFL Playoffs, New 30 Rock & Fitness Exclusives」などが配信されて来たのです。買えないのだから、「いらない!」ってば。

追記:
残念ながら2009年2月16日以降はカスタマイズしたLAUNCHcastのMYy Stationは聴けなくなりました。詳細はLAUNCHcastは終了

[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-31 11:50 | 面白記事

巣鴨 古奈屋のえび天カレーうどん

私は偶然にカレーうどんを食べようとして”古奈屋”へ入ってみたのですが、ちまたではけっこう有名だったらしい。

私が行ったのは巣鴨地蔵通りの横道をちょっと入った店で、どうやら巣鴨とげぬき地蔵尊隣りの本店らしい。古奈屋は昭和58年創業なので洋風なモダンな外装で、店内は鰻の寝床状のカウンター席です。最近は店舗が増えて池袋東武から神楽坂、そして日本橋や六本木ヒルズまでもあるそうです。
そう、カレーうどんもモダンでした。
一般にカレーうどんというとカレー味のつゆにトロミをつけた和風な麺類もので太めのうどんが特徴です。麺がソバだとカレー南蛮というのです。”なんば(難波)”というので薬味の長ねぎも入っています。他にも鴨なんばんやカシワなんばんがありますが長ネギが入っていなくちゃ駄目です。

ですが、「古奈屋」のカレーうどんは味がまるで違います。いったい何で作られているのか?と思うほど複雑でリッチな汁です。牛乳が入っていると言われていますがはっきりとは分かりませんでした。ゴマもはいっているのかな。とにかく和風じゃないですが美味しいです。うどんはさほど太くなく量的には少なめですが、薬味のガリと共に少量の発芽玄米飯が添えられているので残ったカレー汁に入れて頂きます。
いつもはブラックタイガーなのにその日は車海老だというので、海老てんも注文しました。ミスマッチのエビの天ぷらとカレーと思ったのですが結構おいしかったのです。

カレーは汁がはねるからと嫌われないように使い捨ての紙エプロンが付いてきます。焼肉屋さんみたいです。

この「えび天カレーうどん」は一人前で1300くらいでした。えび天抜きだと1000円くらいです。なぜ・・・円くらいなのかというと、自分が支払わなかったからです。ごら~!
メニューには海老天カレーうどんの他に餅やバナナの天ぷらのうどんと雑炊がありますが、お肌が気になる方には牛Wコラーゲンカレーうどんがお勧めかも。
古奈屋の海老天カラーうどんを「高い!」という人はいても「不味い!」という人はいません。

客筋は比較的若い世代で、巣鴨地蔵に来るようなお年寄りは私以外は見かけませんでした。
午前11時30分の開店時には行列が出来るのだそうです。私が行ったのは夕方だったので店内はガラ空きでした。もし行列が出来ていたなら並ぶのが嫌いな私は確実に入らなかったでしょう。
もっとも古奈屋が行列店になったのにはオーナーシェフの10年の努力と精進の賜物であるようです。

カレーうどん 古奈屋
[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-30 15:38 | 面白記事

ドマルのブラックファッション domal BLACK FASHION

私なぞは洗剤に無頓着で購入する場合も本日のお買い得に手が伸びて、メーカーも用途も殆ど無視しているヒドイ主婦でございます。

反面教師のせいか、そんな私の子供は洗濯にウルサイ!
健康や環境汚染を考慮しているのか、単に色落ちするからか、「蛍光剤は駄目!」とかなんとか言っています。「蛍光剤が入っていない洗剤で洗って」と言われた衣類をうっかり普通の洗剤で洗うといつもバレていました。着ていると蛍光剤で光るのが分かるそうです。ふう~ん。

洗う衣類に合わせた洗剤を使用している子供ですが、「近所に売っていないので」と頼まれたのが黒い衣類を洗う「ブラックファッション」です。
この商品はドイツ製でdomal(ドマル)社のBLACK FASHION(ブラックファッション)750mlボトルで、無リン無蛍光洗剤だそうです。
私の家の近所にも売っていません。
Amazon.co.jpにも現在売っていませんので入荷したらメールを貰えるように登録しておきました。

domal ダークカラー衣類用洗剤 ブラックファッション
b0002123_20224991.jpg

取り合えず購入できたジーンズ用の洗剤とウール用のピンクの洗剤と一緒に送っておきましたが、「ブラックファッション」をインターネットで調べてみることにしました。

domalの「ブラックファッション」が一番安いのが楽天の卸合衆国で、価格 760円 (税込 798 円) 送料別
次が同じく楽天でも価格 950円 (税込998円) 送料別 というのもありました。

ちなみに日本のAmazon.co.jpでは在庫切れで価格が表示されていないのですがジーンズ用と同じだと¥872となり、2本購入すれば1500円以上となるので送料はなし・・・つまりかなりのお得になります。

早く入荷しないかな。ひょっとしてもう商品自体がなくなってしまった?

そこでドイツのドマル社のホームページを探してみました。
domal.de
ドイツ語は読めませんが商品はあるようです。サイトはフラッシュとPDFなのでロボット翻訳が効きません。あくせくアクセスして損した。

あまり長いことAmazon.co.jpから入荷の知らせが来なければ楽天で購入するしかない。
出かけたついでにデパートなども探してみましょう。
[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-29 20:19 | 面白記事

クリフォード・ブラウン I Remember Clifford

クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)はハードバップ時代のトランッペッターです。
Charlie Parker(チャーリー・パーカー)がジャズドラマーのArt Blakey(アート・ブレイキー)に紹介したそうですが、ニューヨークにある有名なジャズ・クラブ”Birdland(バードランド)”での1954年のセッションがジャズファンの注目を集めました。他にはドラムのMax Roach(マックス・ローチ)やサックスのSonny Rollins(ソニー・ロリンズ)とも共演しています。

クリフォード・ブラウンはいつもこんな顔ではない
b0002123_109152.jpg
Clifford Brown
At the Cotton Club 1956

Cherokee - Clifford Brown & Max Roach Quintet - YouTube
Get Happy - Clifford Brown, Max Roach & Sonny Rollins - YouTube

華やかな脚光を浴びたバードランドでの録音からたった2年後の1956年の25歳の時に交通事故で亡くなりました。

I Remember Clifford
b0002123_1015025.jpg
才能豊かな若きミュージシャンの突然の死を悼んでテナーサックス奏者のベニー・ゴルソンが1957年に”アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)”を作曲しました。ジャズ・スタンダード曲の一つとなったこのバラードは同じトランペット奏者のLee Morgan(リー・モーガン)が演奏しています。Art Blakey and The Jazz Messengers(アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズ)のメンバーで曲に歌詞をつけたのがテナーサックス奏者のBenny Golson(ベニー・ゴルソン)だったそうですが、他の演奏メンバーはメッセンジャーズの定番曲となったモーニンを作曲したピアノのBobby Timmons(ボビー・ティモンズ)とベースのJymie Merritt(ジミー・メリット)でした。

Art Blakey and The Jazz Messengers with Lee Morgan - I Remember Clifford (LIVE 1957) - YouTube

クリフォード・ブラウンのアルバムとしてははアート・ブレイキー名義ですが、”A Night at Birdland(バードランドの夜)”Vol.1,とVol.2が最も有名です。
ジャズヴォーカリストとの共演盤としてはSarah Vaughan(サラ・ヴォーン)との”サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン”と共に”ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン”がありますが、クリフォード・ブラウンのニックネームである”Brownie(ブラウニー)”を冠したHelen Merrill(ヘレン・メリル)のアルバム”Brownie: Homage to Clifford Brown”も有名で、その中で”I Remember Clifford”を歌っています。

1954年に結成されたクリフォード・ブラウンとマックス・ローチ・クインテットのコンボが吹き込んだハードバップ・アルバム 「Study in Brown」はオリジナルが1955年だそうですが、”Cherokee”から”Take the "A" Train”まで全9曲を収録している他、セッションアルバムには「Clifford Brown & Max Roach」などがあり、クリフォード・ブラウンのトランペット・ソロが堪能できます。この録音の2年後に不慮の自動車事故で急逝するとはジャズ界にとっては稀少なミュージシャンの喪失であろう。

今現在私が聴いているのはアルバムの”Round Midnight”に収録されているテナーサックス奏者のStan Getz(スタン・ゲッツ)が演奏する”I Remember Clifford”です。
他に”I remember Clifford”の演奏というとトランペットではDizzy Gillespie(ディジー・ガレスピー)や80年代にArt Blakey & the All Star Jazz Messengers(アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズ)のFreddie Hubbard(フレディ・ハバード)以外にもWoody Hermanの楽団が1967年に録音しています。ベース奏者のRon Carter(ロン・カーター)やピアノ奏者では先ごろ亡くなったOscar Peterson(オスカー・ピーターソン)、そしてBud Powell(バド・パウエル)やMilt Jackson(ミルト・ジャクソン)などのバージョンが有名ですが、なんと豪快テナーのWillis Jackson(ウィリス・ジャクソン)も演奏していたのです。。
ボーカ・ルバージョンではヘレン・メリルの他にDinah Washington(ダイナ・ワシントン)が有名ですがRay Charles(レイ・チャールス)やThe Manhattan Transfer(マンハッタン・トランスファー)も歌っているらしいです。

THE 2 TRUMPETT GENIUSES OF THE 50's - CHET BAKER & CLIFFORD BROWN
チェット・ベイカーの初期、1954年から1956年の音源を収録したという謎のイタリア・プレスのアルバム「The 2 Black and White Serie Vol. 1 - Trumpet Genuses of the Fifties, Brownie and Chet」にはチェットのバードランドでのライヴに加えてテレビ出演でのチェットの曲目紹介音声も収録されているそうです。 クリフォード・ブラウンがソロでCherokeeを吹く13分間の練習風景(プラクティス)が入っているとかで1956年リリースのレアな33回転ステレオ・アルバムであることは確かでしょう。(隠し録音なのか)
ベースの Scott La FaroやピアノのBobby Timmonsなどが参加しているそうです。海外のサイトで中古が22ユーロが販売されているのを見ました。
恐らくよほどのマニアでないとこのアルバムは入手しないでしょう。


Benny Golson(ts) - I remember clifford - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-27 10:15 | 音楽

髪結いの亭主 Le Mari De La Coiffeuse (1990)

英語のタイトルが「Hairdresser's Husband」という「髪結いの亭主」はパトリス・ルコント(Patrice Leconte)がGeorges Simenon(ジョルジュ・シムノン)の原作を映画化した1989年の「仕立て屋の恋(Monsieur Hire)」に続いて1990年に監督した”ひたむきな男の恋”を描いた映画です。幸せって何だろ?と考え込んでしまう結末ですが、妻の死を現実と認めていない夫の動向をみると結局はこれで幸せなのかとも思えます。非現実的ですが、”永遠の愛=死”の図式の一例でしょうか。
美しいままの私をずっと愛してね。この幸せを永遠のものに。

日本の落語に出てくる”髪結いの亭主”とは奥さんの働きで”遊んで酒を飲のでいるような最低な旦那”だそうです。やはり映画のなかでも働いていませんね。ニンマリと働いている奥さんを見つめたり踊ったりしています。たまにはおさわりも。

Le Mari De La Coiffeuse - YouTube

ジャン・ロシュフォール(Jean Rochefort)は、フィリップ・ド・ブロカ(Philippe de Broca)監督のお気に入り俳優であり、パリのコンセルバトワールでジャン・ポール・ベルモンド(Jean-Paul Belmondo)と知り合いだったことから、1961年の大盗賊(Cartouche)、1963年のリオの男(L'homme De Rio)、1965年のカトマンズの男(Les Tribulations d'un Chinois en Chine)などの他にも何本もフィリップ・ド・ブロカ映画に出演しています。
又、2000年に制作されるハズが災難続きで中止となったドンキホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote→Lost In La Mancha )の主演に予定されていたそうです。

Unfinished Terry Gilliam Film with Johnny Depp and Jean Rochefort - YouTube

b0002123_1828268.jpg

一方不可思議な女心で観客を惑わせた豊満なマチルドを演じたのはAnna Galiena(アンナ・ガリエナ)でした。アンナ・ガリエナは1954年にローマで生まれたそうですから「髪結いの亭主」に出演した時は36歳だったのでしょう。舞台からこの映画に出演して世界的に知られるようになりました。
1994年にBill Forsyth(ビル・フォーサイス)監督の「Being Human」でハリウッド・デビューを果たしたものの映画が大コケで成功ならず。この映画はRobin Williams(ロビン・ウィリアムズ)が主演し、アルバレスを演じたEwan McGregor(ユアン・マクレガー)が長編映画デビューしたのですが、主人公と恋に落ちるFriulan(北東イタリア)のベアトリス役で出演した母国語のイタリア語の他に英語とフランス語が話せるアンナ・ガリエナは北東イタリアで話されるラエトーロマンス方言の台詞だったとか。
アンナ・ガリエナは「髪結いの亭主」の前の1986年にはイタリアのミラノにある某ファーストフード店の一日を描いた「Italian Fast Food」に出演しています。これは80年代にテレビで放映された2時間番組の「Drive In」をもとにしているのだとか。
アンナ・ガリエナが登場するシーンは少しですが、インパクトのある長いブーツのSM女王様姿で鞭をふるいます。

「髪結いの亭主」では中年になって念願の女床屋と結婚する主人公が子供時代にいやいや着用していたサクランボのボンボン付き赤い毛糸の水着が印象的です。
商売物のヘアーとニックで作ったカクテルを二人で飲むシーンも変ですが、大変興味深いのは主人公の音楽の好みです。冒頭の子供時代のシーンでも踊っていたのですが女床屋の旦那になってからも、そして女房が死んだ後でも同じような曲をかけてアラブのダンスを踊るのです。この中東のポピュラー音楽をかけると、髪結いの旦那が踊るなんとも鬼気奇怪なアラブ風ダンスは映画を観終わってもずっと残ってしまいました。
Arabic Dance by Jean Rochefort - YouTube

「髪結いの亭主」の効果的で美しい音楽は「仕立て屋の恋」と同じマイケル・ナイマン(Michael Nyman)ですが、上記のアラブ音楽も収録されているサウンドトラックが人気です。1992年に発売された国内盤は「髪結いの亭主」

Le Mari De La Coiffeuse -Michael Nyman -Soundtrack
Le Mari De La Coiffeuse
b0002123_13342457.jpg
(唯一試聴が見つかったロシアの音楽サイトは消滅しました。)

※上記のサントラ内に収録されたアラブ音楽:
Rabab(曲はKhaled Zaid、歌詞はEl Emir Faical/Ben Yazid)のSaffak Alik(私の心は愛で熱く熱くなりました)はラストシーンで亭主が踊ります。
Saffak Alik - YouTube
Racheb Alame(Abdel Rab-Adris/Kim Al Baoudi)のWadana-Wadana(私はここにいる)は結婚式のシーンで流れました。
Racheb Alame - Wadana-Wadana - YouTube
Rabab(ラバーブ)演奏のYa-Ourra(自由な女)

Fairuz(Raharani Brothers)のSa Alouni Annais(私の人生を捧げよう)
Fairuz - Sa Alouni Annais - YouTube
Racheb Alame(Ragueb Alama/Toufik Bourrkan)のYa Rit Fiya Kabbiha(誰にも言えない秘密)

※”Rabab(ラバーブ)”とは?
アフガニスタンのバイオリンに類似した民族楽器はRabab( ラバーブ)
Racheb AlameもしくはRacheb Alame(ラチェブ・アレーム)はレバノンのポップス歌手
Fairuz(フェイルーズ)はアラブの女性歌手
※以上不明な点があります。


☆ついでに私の好きなTitoの踊るアラブダンスはTito Egypt's male Oriental/belly Dancer
Tarik Sultan - Morocco - YouTube
Egyptian Dancer - YouTube

☆ちなみにフランス語のタイトル”Le Mari De La Coiffeuse”のCoiffeuseというのは”coiffeur(男性ヘアドレッサー)”の女性形です。単に”coiffure”というと女性形の名詞で髪形(ヘアスタイル)や結髪を指します。

Senso '45
アンナ・ガリエナの話題作品は2002年にEnnio Morricone(エンニオ・モリコーネ)が音楽を手掛けたTinto Brass (ティント・ブラス)監督の「Senso '45(ティント・ブラス 秘蜜)」です。
次第を第二次世界大戦が終わろうとする1945年に移したこの「秘密」はLuchino Visconti(ルキノ・ヴィスコンティ)が1954年にAlida Valli(アリダ・バリ)主演で映画化した「Senso(夏の嵐)」のリメイクですが、「Caligula(カリギュラ)」などエロで有名な監督なので狂気で濃い内容です。「髪結いの亭主」から12年経過して48歳となったアンナ・ガリエナはイタリアの上流階級の夫人役で熟れ切った肢体を惜しげ無く晒しています。(どこまでも見せます)
愛情を持てない夫にうんざりした生活から当時イタリアに台頭していたナチスの親衛隊(ドイツ軍中尉)と色濃い沙汰になるのですが最後は裏切られる哀しい中年女を演じています。
デカダンか?色気違いか?
将校のヘルムートを演じるちょっとBarry Pepper(バリー・ペッパー)似のGabriel Garko(ガブリエル・ガルコ)がヤバいほどセクシー。間違った角度で見るとちょっとThe Addams Family(アダムス・ファミリー)のLurch(Ted Cassidy)。
身長が190cmというガブリエル・ガルコは1974年頃にイタリアのトリノで生まれたTorinese(トリノ人)で1991年にミスター・イタリアの栄光に輝いたとか。その後、テレビの昼メロなどに出演してから映画に移行し1998年の「Paparazzi(パパラッチ) 」をはじめとして、2002年にティント・ブラス監督の「秘密」に出演したそうです。イタリアのジョニデか! 今後の活躍が楽しみです。

ティント・ブラス監督といえば1968年の「Col cuore in gola(危険な恋人)」はともかく、1980年の「カリギュラ」以降は1994年の「L'uomo che guarda(背徳小説)」など背徳シリーズなどでかなりエロを追求しています。



[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-26 14:01 | 映画

ななみちゃんのチャンバラ動画 <容赦しないわっ>

2007年10月にYouTubeに投稿したななみなべに予想外にアクセスがあることが分かりました。

この投稿は人気動画の「猫なべ」をパロディってみたのですが、ちっともパロディになっていません。

ななみちゃんはちっとも手がかからない可愛い子です。
お兄ちゃんが遊び飽きて投げ捨てた刀を両手に持って一人でチャンチャンバラバラといつまでも遊んでいます。
ななみちゃんは本当におとなしい子なんです。

同じく2007年10月に投稿したななみのチャンバラ動画
容赦しないわっ
b0002123_12104957.jpg


家族で楽しむためにアップした動画でしたが、携帯ビデオの画質が最低にもかかわらずこちらも予想外にアクセスがあります。画質が悪いのは携帯自体が悪いらしいです。高級な携帯、又はちゃんとビデオカメラで撮らないと駄目です。チャット用のビデオカムの方がよっぽど画質が良いです。

Click Here
念のためご注意!コーデックのダウンロード
私は経験がありませんが、YouTubeに限らずビデオが観られるサイトですぐに目的の映像が見られずに「ここ」をクリックという文字列が表示される場合はウイルスやスパイウエアなどをダウンロードしてしまう危険があるので見ることを断念した方が賢明だという説明をみたことがあります。本当にあるのかどうかは不明ですが。

以下はその文例
Windows Media Player is unable to play movie file.
Please click here to download new version of codec
[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-19 22:50 | マゴのお部屋

エキサイト・ブログのエラー

/blog_view.asp
'(null)' ?̠CreateObject ???኏ C0000005 ?̔?????????B

なんぢゃ~、ごりゃ~!
先ほどブログの記事を書こうとしていた時に出たのですが、こんなエラーを見ちゃうとビビってしまう私です。
自分の借りているサーバーだとどうやって解決するかが分からないことが多いので頭は真っ白、顔が真っ青になりますが、エキサイトのブログで出たものなの何でもおまかせブログだからで安心しています。本当にその後はもう出ませんでした。エキブロがちょっと調子の悪い日でしたね。

エキサイトがブログ・サービスに使用しているのがウェブ制作のコンテンツ管理システムとして利用するASPなんでしょうか。 TypePad ASP?

このエラーについて、「エキサイトブログが停止してしまう」、「裏で何かやっているのか」、「アクセス過多か」、「サーバー側のプログラムがバグってるか」などというコメントを見ました。私にはとんと分かりません。
[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-19 00:32 | 面白記事

イングマール・ベルイマン Ingmar Bergman

映画好きの私でも20世紀を代表する監督の一人として挙げられるスウェーデンのイングマール・ベルイマンの映画はあまり観ていません。

第二次世界大戦終戦直後に監督デビューしたイングマール・ベルイマンは2007年の7月に89歳で亡くなるまで独自のスタイルで数多くの作品の脚本と監督を担当しました。アカデミー賞以下いくつもの映画祭の賞も受賞しています。自身、華やかな女性遍歴を持つイングマール・ベルイマンは女性を描いた難解な作品群を監督したとされます。実生活でのパートナーであったリヴ・ウルマン(Liv Ullmann)と映画でも組んで仕事をしています。兎にも角にもイングマール・ベルイマンはスウェーデンが世界に誇る映画監督であることには間違いがありません。

※父親の職務で東京で出生したノルウェー女優であるリヴ・ウルマンはベルイマン映画の他に、テレンス・ヤングが監督した1970年のフランス映画「夜の訪問者(De la part des copains)」ではチャールズ・ブロンソンと夫婦役で出演しました。

”スウェーデン映画といえばベルイマン監督”の図式が出来上がりそうなのは、イングマール・ベルイマンが脚本を担当した1944年の映画「もだえ(Hets)」と1951年の「令嬢ジュリー(Fröken Julie)」のアルフ・シェーベルイ(Alf Sjöberg)や1967年に「Elvira Madigan(みじかくも美しく燃え)」のBo Widerberg(ボー・ウィデルベルイ)以外に有名な監督というと1993年にギルバート・グレイプ(What's Eating Gilbert Grape)を監督したLasse Hallstrom(ラッセ・ハルストレム)くらいしか一般に知られていないからでしょうか。

Audio-Visual Trivia内のラッセ・ハルストレム監督の映画には2000年のショコラ(Chocolat)、2005年のカサノバ(Casanova)やアンフィニッシュ・ライフ(An Unfinished Life)があります。

イングマール・ベルイマンというと1950年の「Medan staden sover」の原作者であるPer Anders Fogelström(ペール・アンデシュ・フーゲルストルム)の小説を映画化した1952年の「Monika the Story of a Bad Girl(不良少女モニカ)」を監督をしています。(ASIN: B00006JY50)
スウェーデン語の原題が”Sommaren med Monika”でイタリア語だと”Monica e il desiderio”というそうです。
原作の映画音楽はErik Nordgren(エリック・ノードグレン)です。
Sommaren med Monika (1952) - YouTube

おそらくベルリン国際映画祭の1958年度金熊賞を受賞した作品で、老医師の回想(回春)を描いてFranz Kafka(フランツ・カフカ)の「Der Process(審判)」のようなシーンもある1957年の”野いちご(Smultronstället 又はWild Strawberries)”あたりから日本でも一般に注目されたと思いますが、最も話題になったのは何と言っても1959年の「処女の泉(Jungfrukällan 又はThe Virgin Spring)」と、”神の沈黙”三部作と呼ばれた1作の1963年の「沈黙(Tystnaden 又はThe Silence)」です。これらは深く考察する名作としてよりも性的なシーンが注目されました。つまり、「処女の泉」では主題の聖母マリアや信仰、又は美しい森の風景ではなくイノセント(純真無垢)な処女の輪姦シーンが話題となりました。
1950年代から1960年にかけて「Fröken Julie(令嬢ジュリー)」をはじめ「Det sjunde inseglet(第七の封印)」、「Smultronstället(野いちご)」、「Jungfrukällan(処女の泉)」、「Nära livet(女はそれを待っている)」など一連のベルイマン作品に出演したのはスウェーデン出身のMax Von Sydow(マックス・フォン・シドー)でした。1960年代中頃からアメリカに渡り「The Exorcist(エクソシスト)」で評価を得て、「Dreamscape(ドリームスケープ) 」や「Needful Things(ニードフル・シングス) 」などアメリカ映画に数多く出演していますが、美貌のYvette Mimieux(イヴェット・ミミュー)と出演した1965年の「The Reward(メキシコで死ね)」でアメリカの冒険家として主演していますが、小児殺人容疑で賞金をかけられたお尋ね者(エフレム・ジンバリスト・ジュニア)は意外です。

旧約聖書のヨハネの黙示録に記された7つの徴(The Seventh Seal)をテーマにした「第七の封印」は「沈黙」と共に難解な映画と言われていています。「第七の封印」で主演したMax Von Sydow(マックス・フォン・シドー)は「野いちご」でガソリンスタンドの男を演じています。
第四の封印である黒死病(ペスト)が蔓延し始めた中世を時代背景とし、冒頭に死とチェスをする騎士の従者が宿への道を尋ねた男が返事をしないので顔を見るとドクロだったからってホラー映画ではありません。幻想的かつ宗教的なモノクロ映画ですが以外とコメディ風。
お迎えに現れた死神に自分の得意なチェスを挑んで、命を賭けたゲームで死を逃れようとする鎖帷子を着た十字軍の騎士アントニウス・ブロックを中心に話は展開する。
加冶屋の女房を寝とった役者が亭主の怒りを静めるために自殺の装った役者を死神は許さなかった。 
死を引き延ばそうとしている騎士がチェスの手の内を話した神父様が死神だったなんて。
冒頭で御子を連れた聖母マリアの幻覚を見た旅芸人はラストで騎士と従者ら一行が鎌を手に下死神に引かれる死の踊りを目撃します。
聖地エルサレムを奪還せんとイスラムに聖戦を挑んだキリスト教のパレスチナ遠征でしたが現在はそれと異なるイスラムの聖戦が世界中で話題となっています。
※誰も死を免れないという点では以前テレビで観た「ミステリーゾーン(Twilight Zone)」のエピソード「Nothing in the Dark(死神の訪れ)」を思い出しました。誰にもドアを開けず死を受け入れない老婆が最後には雪倒れの若い警官を家に入れる(死を迎え入れる)という話でした。

姉妹の確執を描いた「沈黙」では不条理劇でも神の不在論でもなく、主演のイングリッド・チューリン(Ingrid Thulin)の自慰シーンが妹のご乱行シーンともにポルノとして扱われた経緯があったそうです。文字の読めない子供は大人の本の挿絵を覗きます。
そういえば1961年にドイツのゴットフリード・ラインハルト(Gottfried Reinhardt)が監督したアメリカの法廷劇「非情の町(Town Without Pity)」もレイプシーンが前面に出てしまったこともありました。
イングマール・ベルイマン監督の「野いちご 」や「女はそれを待っている」の他にヴィンセント・ミネリ監督の「黙示録の四騎士」などにも出演した美貌のイングリッド・チューリンの映画では1969年にLuchino Visconti(ルキノ・ヴィスコンティ)が監督した「La caduta degli dei(地獄に堕ちた勇者ども)」での自分の息子に陵辱される母親役が凄まじかったです。

これらのベルイマン作品が公開された50年代や60年代の時期にはアメリカの豪華絢爛なハリウッド映画やアメリカン・アイドル青春映画が全盛だったとはいえ、フランスのヌーヴェル・ヴァーグやイタリアのネオ・レアリズモと平行して、深い感銘を与えるドイツやポーランドなどのヨーロッパ映画もかなりの本数が上映されていたと記憶しています。

☆インタビューで芸術について語るイングマール・ベルイマン(英語)
Ingmar Bergman Interviewer - YouTube




The Virgin Spring
b0002123_2127555.jpg




※イングリッド・チューリン以外で有名なスウェーデン出身やスウェーデン系の俳優にはトロイ・ドナヒュー(Troy Donahue)がいます。北欧美人の女優はたくさんいて、グレタ・ガルボ(Greta Garbo)、サンドラ・ディー(Sandra Dee)、ユマ・サーマン(Uma Thurman)、アニタ・エクバーグ(Anita Ekberg)やEwa Aulin(エヴァ・オーリン)などいますが、アメリカ風にイングリッド・バーグマンと呼ばれている”Ingrid Bergman”は本国のスウェーデンではベルイマンです。

ベルイマン (Century Books―人と思想)
演劇人としてのベルイマンを理解せんと、彼の宗教や芸術や社会や人間に関する思想が書かれた小松 弘 (著) の単行本でも読んでみようか。



[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-18 00:06 | 映画

ボブ・ブロズマン Bob Brozman

”ボブ・ブロズマン”は私は全く知らなかったのですが、1954年生まれの比較的若いアメリカのミュージシャンで、ギターの弾き語りをします。弾き語りといってもボソボソやってません。一人で指だけでなく手のひらや肘まで駆使してオーケストラみたいに賑やかなのです。

ボブ・ブロズマンは左
右はハワイアン・スラック・キー・ギターのシリル・パヒヌイ(Cyril Pahinui)
b0002123_2340752.jpg
Four Hands Sweet & Hot

アコースティック・ギター、リゾネーター・ギター、ボトルネック・ギター、ラップスティール・ギターなどからウクレレまでと殆どの弦楽器を弾きこなすとも言われるボブ・ブロズマンはなんとも言えないほど風変わりでエネルギッシュかつ独創的な演奏です。音楽ジャンルはブルースをはじめ、カントリー、ハワイアン、アフリカ、ラテン(ブラジル)、そして沖縄民謡までと多岐に渡っています。
特にアコースティックでありながらアルミニウム製の共鳴板を取り付けたResophonic guitar(リゾネーター・ギター)というエレキの前身のような金属製ギターを使用して、ブルースやハワイアンのスライドギターのようです。この大音量が出せるナショナル・ギターは1925年に考案されたそうです。
National Reso-Phonic Guiters Inc.
Bob Brozman with National Guitars
(listen to "Death Come Creepin'" from 2006 album "Blues Reflex")
上記のリンクは削除されたようです。

ボブ・ブロズマンが手掛けているアフリカ、ハワイ、インドなどのワールド・ミュージック(民族音楽)ですが、その一環として2000年に沖縄のミュージシャンである平安隆(Hirayasu Takashi)との「童唄」や「キーブルダッチャー・ミュージック」という共演盤もリリースしたボブ・ブロズマンは2006年にも来日したそうです。

ボブ・ブロズマンのオフィシャルサイトはBobbrozman.com

Bob Brozman - Down the Road - YouTube
Brozman with Hirayasu in Paris (2000)- YouTube (平安隆は蛇皮線もしくは三線の演奏者)

膨大なボブ・ブロズマンのアルバムでは試聴のない「Ocean Blues」の他、試聴のあるハワイアン風のアルバム「Blue Hula Stomp」に収録されているブルース調の”Do You Call That A Buddy?”や”Ukulele Spaghetti ”のウクレレ演奏や、アルバムDevil's Slideに収録されているUncle JoeやCause I Feel Low Downなども面白い曲です。

☆今現在聴いているボブ・ブロズマンの曲はアルバム「Blue Hula Stomp」に収録されているボーカル入りの”Wasting My Love On You”です。
マイナー調ですが、ハワイアンというよりスプシー風の曲で、映画音楽も手掛けたHarry Warren(ハリー・ウォーレン)が1930年に作曲し、Edgar Leslie(エドガー・レスリー)が作詞した”Wasting My Love On You”のカバーです。

☆ボブ・ブロズマンが12弦ギターやボトルネックで伝説のブルースマンのロバート・ジョンソンのStones In My Passwayをカバーしている1997年のアルバム「The Blues Of Robert Johnson」では、ギターとボーカルのKristina Olsen、Ron Block、Johnny Shines、John Hammond Jr やPaul Rishell などがSweet Home Chicago、Dust My Broom、Crossroad Bluesなど全12曲をカバーしています。
全曲試聴はThe Blues of Robert Johnson - Barnes & Noble.com



[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-17 00:15 | 音楽

冬の風呂はユズ、カボス、スダチ

柚子味の嫌いな私ですが、柚子の香りは好きなので冬には時々ゆず湯をします。
特に12月22日頃の冬至にはゆず湯に入ると、「1年中風邪をひかない」と昔から言い伝えられているのでどこのご家庭でもきっと恒例の行事になっているでしょう。

先日は山で採ってきたというユズを頂いたのでたっぷりとゆず湯を楽しみました。なぜならここいら辺ではユズは一個で100円から200円もするのです。
本当は一度に5~6個入れたいところですが節約して一個づつにしました。まるごと入れたユズは後で食べられるそうですが私は嫌いだから食べません。ユズは乾燥させた皮でも袋に入れた輪切りでもよく、丸ごとより干した皮の方がもっと効果的だそうです。

私は風呂以外では漬け物やナマスなどの料理にしか使用しませんが、胃の調子が悪くなった主人は皮を千切りにして蜂蜜に入れて飲んでいます。

かんきつ類は香りだけではなく身体が温まる効果があるとかで、ミカンやユズをはじめカボスやスダチもお風呂に使用されています。
アロマオイルをたらしたお風呂のように、ユズを風呂に入れるとなにやらオイルが漂う感じがします。事実ユズの精油成分が出ているのです。 精油に含まれるピネン(pinen)、シトロラネール(citronellal)、リモネン(limonene)などの物質が血行を良くし身体を温めてくれるのだそうです。
又、ユズの果皮に含まれるカロチンなどのビタミン類やカリウム、カルシウム、マグネシウムなどが作用するのでしょうか。
冷え性や神経痛でお悩みの方、ぜひユズ湯をお試しあれ!
小さいお子様にはご注意! ゆうご君がお風呂でふやけたユズを「むいて食べたい!」と泣きました。
[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-16 19:05 | アロマのお部屋