<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新種のスパムが登場!

あっちもこっちも”スパム!スパム!スパム!”って「モンティ・パイソン」じゃないですが、多くのブロガーはスパム撃退に躍起になった挙句、疲れ果ててトラックバックやコメントの停止に踏み切ったブロガーがあっちこっちにみられます。

今までも英文字のみのトラバ禁止には日本語を一文字いれるなど、あの手この手で攻め入ってきたスパマーですが、この度私が発見したスパムはすごい手です。

なんと!検索です。
検索というのは殆どのブログについている機能でそのブログ内の記事を探すためのものですから、タイトルやキーワードを入力するとそのページを表示してくれるので便利です。
そこに来たのです!スパムが。
コメントと共にリンクが"a href”タグを使って入力されているのですよ!
私も実験してみましたが確かに検索窓に入力出来てログにちゃんと残っています。
もっとも、この手だとシステム・メニューのログが閲覧できないブログや、ログをチェックしないブロガーには意味がないでしょうから殆ど実害はありません。

私のブログに来たスパムの検索キーワード:
Many thanks to you. For that what not against accommodation of my site [url=<a href=http://ccarisoprodol.info/purchase-cheap-cialis-online>purchase cheap cialis online</a>|][/url]
[url=<a href=http://ccarisoprodol.info/carisoprodol-naproxen>carisop</a>
えらく長いキーワードでしょ。念のためタグの<>は全角に変えてあります。

この他にも「http://ezxcv.info/capital-one-student-credit-card-412.html」とかhttp://myqwer.info/pokemon-porn-64.htmlだのsuperkliktop.info/・・・だのhttp://superkliktop.info/・・・だのと毎日増え続けそうです。 検索窓を閉める?なんてことにはなりませんが。

いづれにしても、何でもやってみるスパマーですね。

※”Cialis(シアリス)”というのは殆ど実験段階のバイアグラみたいなものらしいですが女性は飲んではいけないそうです。
クワバラ、クワバラ
[PR]
by koukinobaaba | 2007-01-30 21:02 | 面白記事

ブータン王国 Kuzug zang Pola ! Bhutan

神秘の王国と呼ばれる”ブータン”を知っていますか?

このところブータンからのアクセスが来だしたので不思議に思っていたのですが、昨日、Technoratiの自分のページに行ってみるとブータンのブログにリンクされていることが分かりました。
★ブータンはインドの右上辺りです。

私が登録しているアメリカのブログコミュニティの一つでサイトのアクセス統計を表示してくれるブログSNSのMyBlogLogで知り合ったブータンのブロガーで”Ugyen Dorji(ウゲン・ドルジ又はヴギャン・ドルジ)”という方のブログに私の映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia」をリストアップしたからみたいです。

Ugyen Dorji(ウゲン・ドルジ)さんはブータンの首都”Thimphu(ティンプー)”に在住で、クリケットとハードロックが好きなハンサムなブータンの若者です。
彼に聞いたところ、ブータンには仏教徒のウゲン・ドルジさんがサッカー選手、俳優、役人などとたくさんいるそうです。
日本の山田太郎か?鈴木一郎か?佐藤浩か?

World Blog Collection
左サイドバーの下の方に”Video Blogs”という項目がありますが、そこにリンクが貼ってあります。


追記:
残念ながら、2007年10月にこのサイトは削除されたようです。このブログはGoogleにスパマーと見なされて外されてしまったそうです。ブータンのUgyen Dorjiさんは大変かしこいのでSEO対策のやり過ぎだそうですよ。 恐らく他のブータン紹介のサイトに集客する目的でこの世界のブログリンク集のようなサイトを作成したのでしょう。 皆さんも気をつけてね。


ブータンの王国の歴史は比較的新しく17世紀といわれ、初代の国王は1907年だそうです。現在ブータンはリゾート地としても人気ですがBhutan Tourではブータンを紹介しています。

Bhutan Dayly News Siteにブータン陛下と2008年には王位に就く皇太子のお写真が載っていました。キリリとして上品な容貌で、英国をはじめいくつかの海外留学経験者というインテリの皇太子の人気は高く、とりわけ女性ファンがすごいそうです。

さて、「ブータン」ですが、今現在でも日本では余り知られていない国かも知れません。
ヒマラヤの麓に位置するブータンは地理的にはインドと中国の間にあります。なんだか、ブータンの人々はチベットやネパール人よりも中国人よりも日本人に似ていると思いませんか?着物姿がまるで江戸時代の武士のようですね。ところがブータン国の人々が全部日本人そっくりというわけではありません。真正のブータン人というのは中国人なのでしょうか。

南部のネパール系ブータン人と北の山岳部に住む仏教徒の人々、西部にはチベットからやってきた人々が共存して、チベット系の民族とネパール系の民族の相容れない文化が存在するのです。大きく分けるとブータン語とネパール語を話す人々がいるということでしょう。
悪い人間なんて国中探してもいそうもなく、人々は純朴で友好的なようですが、1990年代の国家統合政策によりたった数年間で10万人以上の難民が出たそうです。その中にはアメリカに受け入れられた人々もいました。
ブータンの最たる援助国であるはずの日本はこの難民問題に関して何が出来るのでしょうか。民族間の問題はデリケートで介入は難しいですが難民受け入れなら可能でしょうかね。

ブータンではトレッキングなどの観光にも力を入れているようですが環境保護にも気を配っているそうです。 観光の導入にともなってかディスコなんかも出現しているそうですが、悪い見本の日本のようにならないよう祈ります。
観光としてはチベット仏教国としてのブータンのお祭りや断崖絶壁の寺やマンダラなどの仏画、満天の星の中で流れ星も見られるツアーは魅力ですね。年間1000万人以上の日本人観光客が訪れるそうですがその多くは日本のルーツを見つけたリピーターだそうです。 ただし、食べ物だけは日本とは異なり、唐辛子料理や乳製品が豊富で、ティンプーのような西部地区以外ではお米よりも麦やソバを食すようです。

義務教育が無料のブータンの国民は教育水準も高く、英語を話す若者も多いそうです。 世界中で最も心安らぐ国のようですから、私も行ってみたい!

※”Kuzug zang Pola”又は”Kuzangpola”はブータン語で「こんにちは!」のような意味らしいです。
ブータン人、あるいはブータン語は標準語のDzongkha(ゾンカ)又はBhutaneseと呼ばれ、ブータン国のドメインは”.bt”です。

Bhutan: A Visual Odyssey Across the Last Himalayan Kingdom
ギネス認定の世界最大の本で、ピンポン台ほどの大きさの本だそうです。アメリカのAmazon.comで取り扱っているそうですが、お値段は121万円だとか。
(上のAmazon画像がエキサイトでは出ないようなのでアメリカのAmazon.comで、画像右の三角タブをクリックすると中身の写真が18ページも見られます。)

国内の書籍ではアスペクトブータン取材班による「幸福王国ブータンの智恵」という単行本があるそうです。
(ISBN-10: 4757216874)
[PR]
by koukinobaaba | 2007-01-16 21:31 | 面白記事

最新版IEが突然終了してしまう場合の解決方

色々と不満だらけだった旧コンピューターに年越しと同時にオサラバしました。
Windows XPにWindows Internet Explorerのversion-7を入れてもう怖いものなし!と思っていたら、なんということか、エラーメッセージが出てブラウザが突然閉まってしまう不具合に悩まされました。前には、ほとんどといっていいほど必ず文字が打てなくなるのです。

問題が発生したため、Internet Explorer を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。

記事を書いている時が一番不安です。保存していないのに閉じてしまうのですから。
ネット上で検索すると、文字が打てない悩みはいくつか見つかったのですが、最新バージョンのIEが終了してしまうというのはありませんでした。Microsoftでも不具合に対応するバッチは出ていないし、新しいアップデイトも見当たりません。

その内アップデートの最新版でもくるかと思ったのでしばらくなだめすかして使用していました。そこに丁度私物を取りに帰った息子がアドバイスしてくれたのです。なんのことはない、息子の会社でも同様の不具合が生じていたのでした。
ネット・ソリューション関連の会社ですからこんな時には頼りになります。「♪鼻、高々!」

私がブラウザが突然終了するトラブルを解決した方法はGoogleツール・バーを最新版にすることです。私がGoogle のツール・バーを入れているので、原因はそれらしいのです。この作業はWindows Vista、XP、2000 SP3 以降が必要です。

G00gleのホームページを開く > 右端のmore>>クリック > "Google のツール"の項目で”デスクトップ検索”をクリック > 同意してダウンロード

※参考にGoogleツールバーを入れてない場合には他の原因があるそうです。
Microsoft サポートオンライン

Googleデスクトップ検索”を最新版にしたら、ブラウザの下の時刻のあたりからヒョッコリと顔を出し、ニュースか何かお知らせが出るようになりました。
こちらの方は後で”アラートを有効にする”のチェックをはずして直せました。

・・・と再起動もして、帰って行く我が息子に感謝していたら・・・閉まった!
閉まったじゃない!どうすりゃいいのよ! 鼻・・・ペチャンコ!

ですが、やはり「GoogleツールバーをIE 6から引き継いでいる場合は、全てアンインストールしてから再ダウンロードする」という解決方も見つけました。



追記:
その後もバンバン閉じてしまうので結局”IEのバージョン7”はアンインストールしましたがやはり閉じてしまいました。

☆偶然にアンチ・ウイルスのお試し期間が終了したSymantec Client Securityをアンインストールすることになり、コントロールパネルから削除をしたのですが失敗しました。
するとFirefoxまでおかしくなってサイトが表示されなくなってしまったのでパニックになっていたのですが、再度アンインストールすると今度は成功!
これにより今までの不具合は全て解決したのです。どうやらこのSymantec Client Securityが駄目だったようです。
ただし、まだSymantec LiveUpdateの方をアンインストールしてないのでちょっとオカシイかも。


追記:
Symantec LiveUpdateを完全にアンインストール出来たけれどやはり駄目!
[PR]
by koukinobaaba | 2007-01-10 22:14 | 面白記事

フィッシング詐欺にご用心! Phishing Scam

今やアメリカで大流行のインターネット版”オレオレ詐欺”がこの”Phishing Scam(フィッシング詐欺)というウェブ偽装詐欺です。
アメリカでも単にPhishingと呼ばれ2003年頃に始まったそうですが、目的は「クレジットカード番号」や「パスワード」です。ちょうど私がインターネットを始めた2001年頃ですが、メールやチャット内にそのような重要な暗証番号等を入力しないように警告が出ていました。各銀行なども顧客に注意を促すチラシなどを配布しているようです。
一種の「Webサイトの乗っ取り」ということでしょうか。

フィッシング詐欺にご用心!というよりは、Eメールにご用心!といった方が良いでしょう。
なぜなら、「info@有名銀行.com」などといった実在の大手会社、銀行、クレジット会社やショッピングサイトの名を使用したメールを送ってきます。
もしメールを送ってきたその銀行と取引があれば疑うことなくメールを開けてしまいますね。
これではe-beyやPayPalの利用者もウカウカしてられません。

詐欺メール内にリンクがありますが、そのリンク先のウエブサイトも偽サイトです。
一番分かりやすいことは、そのメールで(又はリンク先のサイト)「クレジットカード番号」や「パスワード」を入力する項目があることです。たとえ取引銀行からでもメール内で入力せずに本物のサイトに自分で行って確かめる必要があります。
こうして集められた番号やパスワードはチャット・ルームで実行犯の“業者”に売られているのだとか。

最近ではこれらの詐欺メールはアンチウィルスソフトが効かないHTMLメールを使用しているらしく、身元確認の安易なサーバーやまだ被害のない国々で偽のWebサイトを作ってメールを送る仕組みらしいです。

※実際に今日、私のところに来たメッセージはアフリカ、コートジボワールのアビジャンからでメール形式のようでした。そこにはメールリンクがいくつか記されていて、他の人々にもまったく同じコメントが来ているを見かけました。これはフィッシングかウイルス・スパムかは不明ですが、すぐに全て削除されていました。メンバーの誰かがスパム報告をしたようです。

詳しくはallabout.co.jpなどを参照してみて下さい。

メールヘッダを読んで確認するとか、アドレスバーで「本物のサイト」かどうかを確認することも必要だとか。
偽装を見破るには至難の業ですが、又それすら確実ではないときたら・・・いったいどうすりゃいいんだ!

2006年の夏以降は倍々アメリカでは主に欧州と米国の金融機関をターゲットにする謎のRock Phishと呼ばれるフィッシング集団なるが存在し、セキュリティ専門家よりも知識が上手らしいのです。
phishing e-mailsを見張るAnti-Phishing Softwareなるものソフトもあるそうです。

☆とうとう新PCを購入しました。
なにしろ音楽とビデオ好きのkoukinobaabaのコンピュータが音無しになってしまったのです。
それで今は新PCでブログの記事を書いているのですが旧PCに色々なお道具やらファイルを置きっぱなし状態なので不便この上ないのですがなにしろヘルパーがめでたく家出をしてしまったので帰って来るのを待つしかありません。
[PR]
by koukinobaaba | 2007-01-08 11:46 | 面白記事