<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

画像の直リン

告白致しますと、私が2004年にブログを始めた頃は直接リンク(直リン)こそはしませんでしたが、Googleイメージで記事にふさわしい画像を見つけては勝手に頂いて加工してジカ貼り使用していました。
当時の私にはそれらの画像が他人さまの所有物という感覚は皆無でした。なにしろブログの顔ともいうべきトップページの自分のロゴ画像をインターネット上で探したのですから。
「いいもん見っけた!」

”ネット上でのマナー”というものを知った私は大あわてでジカ貼りを即刻取り止めましたが、その私が今度は直リンされているのですからバチが当たったのでしょう。多いといっても直リン画像のアクセスは一日に200件から400件止まりでそれもそんなに多いことは滅多にはありません。なぜ直リンと分かるかというとログ解析で先ずjpgなどの画像にアクセスが多いのにその画像を含むhrmlへのアクセス数が大いに違う場合です。
私の場合はアクセス解析で直リンが判明した画像に何百アクセスもある時にはごくたまにサーバー(ftp)にアップしてある画像の名前を変えています。ですがこれはとても面倒な作業でリスクも大きいのです。まず画像ファイルの名前を変えてから記事内でファイル名を変えてアップし直したらftpで以前の画像を削除するわけです。滅多なことじゃやりません。数百を超える直リン画像の名前を変えると今までそのファイル名でヒットしていた画像が「ない!」ということにもなるわけですからあまりやりたくはありませんね。

そのうち暇になったらその直リンされているファイル名でイタズラ画像でも制作するかもしれません。つまり直リンした画像がある日突然イタズラ画像に変わってしまうわけですね。どんな画像がいいですかね。 「ごら~!」とか? 「バーッ!」とか、いっひっひ まあ、面倒なので実際にこんなことをやっている暇はないと思いますが。

ある豪傑ブロガーさんが私の画像を直リンして、ソース(HTML)からその上にあるURLもコピーしていました。そのURLにはアフィリエイトの私の個人IDが入っているのですが、タグを見ずに目で見ただけでは単にDVDの題名ですがね。また、ある立派な名の有る紳士(実名なので多分そう)が私の画像を直リンしていました。どのページの画像もそうではないのでたまたまのことだと思います。画像を泥棒しちゃいけないから画像の直リンにしたのかも。サーバー的にはコピーして持ち帰って欲しいですが、著作権のある画像だとコピーは違法になりますがね。

画像だけじゃないですが記事がそのままコピーというのもあります。私は奇異をてらったり過激な文言を入れるのですぐ自分の分だと分かります。 「そんなことは普通は書かないだろう」と思うほど笑える解釈だったり私の造語や新語が文中に散乱しているので、ワカルンデス。

エキサイトブログの画像はエキサイト側にアップしてあるので直リン出来ませんから私のサーバにはカンケイないのです。多分コピーするっきゃないでしょう。

☆直接リンク(直リン)とは自分のパソコンに保存していない画像を呼び出してウエブサイトで使用することです。 自己所有でない画像をダウンロード(保存)せずにそのURL直接リンクをはって使うことサーバーに負担がかかるので素材サイトは特に嫌って「必ずお持ち帰り下さい」と銘打ったサイトも多いです。
ホームページはアクセスが多くなるほどサーバに負担がかかり、表示が遅くなりますから、快適なページ作りのために有料のサーバを借りているのに直リンクされるとページが重くなるのです。

直リンについて書かれたウエブサイトがあります。
直リン”絶対”やっちゃダメ!

画像の直リンでお困りの管理人さんへ


「直リンはできません」同盟用バナー兼エラー表示画像素材

直リン禁止の”htaccess”が使えるXREAなどでは制限できるそうです。
”htaccess”については.htaccess実践活用術
参照元(Referer)によるアクセス制限が可能l)
私は”htaccess”はブログの移転時にリダイレクト用に使用したことがあります。

この画像などの直リンもスパム・コメントやスパム・トラックバックのように、ブログがある限り永遠の完璧な防御策が難しい問題かもしれません。

直リンはHTML埋め込み式リンクともいうそうですが、その画像の直リンに関連した「Hot'n Cool」の過去記事は著作権&直接リンク再考

告白致しますと、私は現在もごく稀には画像をコピーして頂いてきてしまっています。 イヒヒ
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-21 22:32 | 面白記事

はてなスクリーンショット

おもしろいモノを発見! 私のブログ”Audio-Visual Trivia”のスクリーンショットです。
lolipopからブログを移転して何年も経過した現在では下記のリンクは無効です

はてなスクリーンショット http://zenigeba.lolipop.jp/weblog/

検索やブログなどのサービスを提供する”株式会社はてな”が運営するウェブサイトの”はてなスクリーンショット”はWebページのスクリーンショットを作成・提供する”はてな”のサービスの一つだそうです。2006年5月から開始されたそうですが、恐らく登録したユーザー用の”はてなブックマーク”に使用するためでしょうか。
画像の下に、200x150、120x90、80x60という3種類のサイズがあり、クリックするとそれぞれの大きさに変わります。200x150サイズは画像となっていてもそれ以外はURLは旧ブログのものですからクリックしても”NOT FOUND”の画像が映っています。
この画面は確かに新ブログの2006年9月10日にアップした「ネイチャー・ボーイのエデン・アーベ」という記事です。なぜ旧ブログのURLなのかは謎です。

上記のURLは2006年4月のブログ移転前の”http://zenigeba.lolipop.jp/weblog/”になっていますが、画像も仕様も現”Audio-Visual Trivia”なのです。URLが旧ブログなので当然クリックしても”NOT FOUND ※指定されたページ(URL)は見つかりません。”と表示されてアクセスは出来ません。このようにたまには不具合も生じるようです。


謎はさておき、スクリーンショットの作成方法が”はてな”のサイトに書かれています。
今まで私はブログでウエブサイトを紹介する場合に使用する画像は自分で適当に作成していました。私の場合はPrtScキーで撮影してから画像を加工するので結構面倒ですが画像にしたい部分だけにする場合もあるのでやむおえません。

はてなスクリーンショットとは?には”自分のサイトのスクリーンショットを撮られたくない場合”についても記述されています。

”はてな”についてははてなってなに?
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-20 23:07 | 面白記事

BB通信速度テスト

「ブロード バンド通信速度テスト」はビデオのストリーミングなどで回線の速度を知るためにテストをします。

ADSLやケーブルモデムを利用しているのに、視聴できない場合にはネットワークの通信速度を計測してみます。
利用しているISPやネットワーク環境などによって結果は大きく違うそうなので参考程度でしょうが、ストリーミングに必要な通信速度が「download」で630kbps以上あるか確認出来ます。ない場合は視聴出来ない可能性が大です。
 
Windowsの場合は初期設定で、Player上部の[ツール]→[オプション]→[パフォーマンス]→「接続速度を自動検出する」になっているハズなので確認してみます。

サーバーやユーザー環境に左右されないという”通信速度測定サイト”のspeed.rbbtoday.comでは東日本と西日本に分かれて測定出来ますが、所定のフォームに必要事項を入力しなくてはなりません。どうやらメールで結果を知らせてくれるようです。

私はYahooBBを使っているので”yahooBB速度テスト”を受けてみました。
Yahoo!BBのADS Lスピードチェックでは、地域の住所を入力すると入力された住所を対象にADSL通信速度の推定値を表示してくれます。
またはADSL Speed Checkerでも利用中の回線の通信速度を計測してダウンロード・スピードとアップロードスピードを表示します。「完了!」となったら結果が見られます。
私の場合ははダウンロードスピードが11870 Kbps、アップロードスピードが924 Kbpsで、多分普通だと思います。
※ちなみに2000kbpsは2メガだそうです。

追記
2012年になって突然Yhoo!BBのADSLでモデム経由でのIP電話に不具合が起こるようになりました。
モジュラー直だと電話はつながりますが、モデムに接続すると雑音が入り、すぐにうんともすんともいわなくなります。モデムをリセットすると使用できるのですが雑音が入ったりすぐに使用出来なくなります。各自が携帯電話を持っているからいいようなもののちょっと困った。
電話機を買い替えても同じでしたが突然開通したりと不安定です。開通しても雑音は入ります。
せっかちだから電話機を捨てて損した。
Yahoo!BBにモデムを交換してもらっても同じ状態が起こり、ヤフー側では「光」を勧めています。
私が住んでいる所は高層ビルが多くて電波障害地域でしたが、最近になってさらに高いビルを建築中だからかもしれません。
仕方なく常設電話を使用する時は電話線をモデムから外して壁のジャックに直付けして使用します。
不思議なことにこの作業でリセットされるのか再びラインをモデムに入れ直した後には暫く使用できるのです。やっぱりYahoo!のモデムが原因だな。
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-18 15:06 | 面白記事

新エントリーにもスパム 撃退法は?

数年前にブログという簡単サイトが普及し、エキサイトでも2004年の2月に開始しましたが ブログ特有の機能といえばコメントとトラックバックです。トラックバックは基本的にはトラバした相手の記事に関連した記事を書き、相互リンクを目的としたトラックバックは好まれないそうです。

ブロガー同士の交流に貢献するはずのコメントやトラバがなんと困ったことにブロガーを悩ませているのです。

そうです、広告を目的とした「スパム」です。現在エキサイトブログだけを取り上げてみても全体のコメントとトラックバックのうち9割以上がスパムなんだそうです。
ブログによっては大量に送られてパンク(サーバーダウン)することもあるので”要バックアップ”だそうです。又、ブログの仕様によってはどの記事にスパムがついたかが分からないことがあるそうで削除するためにそれらを探すのも大変らしいです。おまけに憎らしいことにはスパムを送る相手は新しい記事にスパムを無差別に送り、そのトラックバックが表示されたかどうかなんて気にもしていません。とにかく大量にスパムを送信するのがオシゴトです。

なんだか冗談のような話ですが、あるブロガーが「何か変な英語のトラバか来たけどどんなのだろう?」と”online casinos”からのスパムTBをクリックしてみたら山のようにTBが戻ってきたそうです。
皆様、くれぐれもスパムはクリックされないようにご用心!


迷惑なスパムを撃退するために色々な手段が取られてきました。

●半角英数字によるコメントを拒否する、つまりブログ名やタイトル、概要約(Excerpt)が全て英語のものはトラックバックスパムとみなす。海外からのスパムが多いのでやむおえませんが、これでは英語圏のブロガーはオミットされてしまいますね。
この設定のせいかどうかは不明ですが、一時、私のブログに面白いことに”マサニ日本語を一文字”入れた海外のスパムが来ました。これはどうやら大変らしくてすぐに来なくなりました。
エキサイトブログでも2006年9月から”英数拒否”を実施しているそうです。

●トラックバック先へのリンクがないとトラックバックを受け付けない。
これは以前にも書いたのですが、ちゃんと関連した記事でエキサイトブログ同士でも拒否されてしまう危険性があります。

●IPアドレスでトラックバックを拒否する。
これはよほどのサイトでない限り、IPアドレスは変わるので余り意味が無いようです。

●キーワードの拒否設定でよくスパムに使用されている言葉をブロックする。
たとえばカジノとかポーカーとかポルノのような語句を拒否します。
この設定が多いせいか、最近になって増えたのが”http://dc68af237d2ee2ab092d...../”などという意味不明のドメインや記事のタイトル又はキーワードです。これでは拒否設定が出来ません。

あるブロガーはスパムトラバを送り返す方法を公開しています。「トラックバックスパム用の記事を作成する」のだそうですが、私にはよく分かりません。
regist.blog21.fc2.com

「なぜ特定のエントリーにばかりにスパムが来るのか」という疑問を持つブロガーがいますが、恐らくそのエントリーがスパムする側にインデックスされたのでしょう。つまり迷惑な話ですが、スパムさんの「お気に入り」に登録されたのですね。

「お気に入り」に登録どころか文明の利器”RSS”を有効に利用すると、新しい記事にスパムを送ることが出来るようです。
新しい記事がまだGoogleなどの検索エンジンには表示されないのにスパムが送りつけられるのはそういった事情だろうと思います。私のお気に入りのあるサイトでは新しい記事を書く度にスパムの集中攻撃を食らったのでブログを閉鎖しようかとまで考えたのだそうです。

★以前、記事を書いている最中にスパムがついた不思議な経験をしたのです。そこで私は新しくエントリーをアップする直後まではコメントもトラックバックもオフにしています。
これで新しい記事に集中的にスパムが来ることはないようです。


私はよく海外のブログも参考にするのですが多くのブログにトラックバックがないようですし、コメントは認証制になっています。これは最近日本でも多く見受けられます。
なかには色盲検査のような背景付きの英数字が表示されて、”スパムと見分けるため”に読んだ文字を入力するようになっている設定もあります。一度、大変見分けが付き難い文字が出て何度もやり直しする羽目になったこともあります。

家族曰く「えっ、読めない?そりゃたいへん!早く眼科に行った方がいいよ」

それで、肝心の「スパムの撃退法」ですが、実にいつの世の戦争のごとく新戦法を互いに編み出していき、ブログがある限り、スパマーがいる限りイタチゴッコなのです。

※たいていのレンタル・ブログには備わっているコメントやトラックバックを一時保留にする機能が、どうしたことかこのエキサイトブログにはありません。よって朝ブログを開いたら猥褻な文言のコメントが表示されていることも珍しくありません。困ったものです。
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-16 22:29 | 面白記事

新顔の検索エンジン Gigablast

最近私のブログを検索してきたIPアドレスを調べてみたら”Gigablast”であることが判明しました。(ちなみに国名はカナダと出ましたが、米国の検索エンジンだそうです。)

2000年に開発を始めたGigablastはLinuxで動作する最近メジャー入りした検索エンジンだそうです。リアルタイムにインデックスを更新する強力な新型サーチエンジンで、現在はベータテストを実施中だそうです。開発者の発表によると最小数のコンピュータを駆使して2,000億ページのインデックスが可能だそうですが、まだ8800万ページ弱らしいとのことです。現在は検索エンジン世界最大手のGoogleでも20億ページくらいといわれています。(日本ではYAHOO!JAPANが1位)
Gigablastはエンジンをふかしている最中でしょうか。リアルタイムにインデックスを更新するそうですから最新話題の検索に強そうです。(株式のような?)

2004年にGigablast は「Custom Topic Search」を公開しています。ユーザーが好みを入れてカスタマイズする専門検索サービスだとかで、検索対象とするサイトを最大200ドメイン内で指定できるのだそうです。自分のcustom topic engineを作るにはGigablastが提供するhtmlタグを自分のサイトに貼り付けると検索窓が出来るそうです。このタグ内も書き換えが必要ですがちょっと私にはなんです。なに?
英語ですが詳細はGigablast - Custom Topic Search

私が新しくブログの記事を書くと通常Googleでは検索で表示されるのに3日以上から7日ほどかかります。それがGigablastの場合は登録してすぐ(数分後から最速1分)にインデックスが更新されるので、そのページを検索することが出来るそうです。はやっ!
インデックスページがみるみる増加していきますね。

それでは2日前にアップした記事「ジェームス・ブラウン James Brown」を検索してみたところ・・・出ません! 「Audio-Visual Trivia」を追加してやっと「ジェームス・ブラウン」の語句が入っている過去記事が出ました。

全て英語のGigablastでは、Googleと違って「日本語のサイトを検索」が無いですから大分条件は不利になりますが、ページの最後の検索窓の下に「Try your search on the directory google yahoo msn ・・・」が表示されているので同じキーワードで再検索が出来ます。

Gigablast

上記の検索窓に取り合えず”koukinobaaba”と入力してみました。結果は”Results 1 to 10 of about 786 for koukinobaaba”と表示され、786件がインデックスされている模様です。ちなみにGoogleだと” 9,710 件”が表示されるので、現時点ではGigablastはその10分の1もないようです。
どんどん増えるのかと思ったら2年後の2008年のkoukinobaabaでの検索結果はたった219件でした。インデックスするのをサボってるのか?ただしAudio-Visual Triviaだと2倍の5,057件でしたが。

同様に”Audio-Visual Trivia”を検索してみると上部に”Results 1 to 10 of about 2,070 for Audio-Visual Trivia”と表示され”Giga Bits”には「28% Soundtracks」 や「19% movie reviews」なども文字が見えます。試しに”Giga Bits”の「Soundtracks」をクリックしてみると、トップに”Audio-Visual Trivia: アーサー・キット Eartha Kitt”があり、まさしく私の記事です。このように”Giga Bits”のキーワードをクリックするとその度に下に表示されるページが変ります。これが絞込みなのかちょっと掴めません。私はまだ慣れないのでややこしいです。

「Hot'n Cool」を検索してみたら、一応”Results 1 to 10 of about 2,834 for Hot'n Cool”と表示されるものの、 Hot'n'Coolと混同してちっとも出ません。
Googleだと、”Hot'n Cool の検索結果 約 456,000 件中 1 - 10 件目”とちゃんと出て上から3件目までが当サイトとして出ます。

英語ですが、マトリックスのような数学博士”Gigablastの開発者”についてはAbout Matt Wells - Founder of Gigablast
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-12 13:04 | 面白記事

サンタクローズ3 <クリスマス大決戦!> Santa Clause 3: The Escape Clause (2006)

記事は映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia」に移転しました。

クリスマス大決戦! Santa Clause 3: The Escape Clause (2006)
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-11 20:06 | 映画

今夜はチキン・カレー! エスニック香辛料

私はカレーが大好きでよく作るのですが、いつも香辛料を購入していた近所のエスニックの店がなくなってしまいました。市販のカレー粉とかガラムマサラ(ミックス)はあちこちで見かけるのですが私が欲しいのは単品のターメリックやチリなどのパウダーなのです。

こんな時にはインターネット!
Googleで「香辛料」と「ターメリック」で検索してみると何件かヒットしました。
一番安心出来そうだったのが楽天市場のマルサンパントリーでした。

ターメリックを切らしてしまったので私が欲しいのはターメリックと予備のチリとコリアンダーなのですがコリアンダーはパウダーが置いてなくて粒(ホール)だけでしたが、買ってみることにしました。チリがないのでチリパウダーにしたのですがカレーに使用するチリとは別ものです。

コリアンダー ホール 40g 409円
ターメリック パウダー 220g 504円
チリパウダー 90g 441円 これを2個
合計1795円
送料 600円
代引き手数料 315円
総合計 2710円

※香辛料の値段に送料などが”900円強”が追加されしまいました。これは痛い!
今までは近所で購入していたのは200gで約400円くらいでしたのでかなり割高となります。

2006年11月6日に注文して8日に配達されました。迅速な対応だと思います。
マルサンパントリーは愛媛県松山市にあるそうです。愛媛まで買いにいったら1000円じゃ済まないですね。(行くわけない)
東京近辺で香辛料店はないでしょうかね、と探していると、2006年5月に代々木公園で開催された「タイ・フェスティバル」ではグラム量は不明ですがコリアンダーが300円!という記事を見つけました。残念!

marusan.pantry.com

Audio-Visual Triviaのショッピングページに楽天のリンクがあります。

コリアンダーは粒だから胡椒ひきでガリガリしないとならないのです。
カレーのように大量に使用する時はちょっと不便ですから、コリアンダーのパウダーはどうしても欲しいので次は別の店を覗いてみようと思います。

☆香辛料が届いたのでさっそく今晩はカレーにします。初めての取り合わせですが、鶏の手羽元とナスのカレーです。
トリは臭いのが嫌なので先に湯がいてからフライパンで焦げ目をつけます。ポイントは玉葱は3個をスライスにして先によく炒めます。塩コショウのほか香辛料などと野菜はその時々適当ですが基本的にターメリックとコリアンダーが同量でクミンがそれよりちょっと少なめ。 プラス!辛いカレーに欠かせないチリをスプーンの先に少々。


追記:
オンラインでマルサンパントリーから香辛料を購入したのですが、浮気者の私は新しい香辛料店を見つけました。アメ横の大津屋です。 これ以降はアメ横に香辛料の買出しに行っています。
その記事は香辛料 アメ横 大津屋

トリの臭みが苦手なせいか、ナスと鶏は私には合わないみたいでいつものカレーと違いました。今度はオクラと鶏肉で試してみます。
ナスはやはりヒキ肉が美味しいです。
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-09 22:48 | 面白記事

あなたの情報 確認くん

2009年3月、「確認くん」にアクセスできません。 ”繝。繝ウ繝・リ繝ウ繧ケ”という表示が出るだけ。これは文字化けですが”メンテナンス”と書いてあるらしい。
 2009年4月に確認したところ元通りに表示されました!やれやれ。

あなたは自分のホスト名を知っていますか?
では、現在の自分のIPアドレスは?
 
息子が私の、又私が母のPCに入って設定するためにはRDC(Remote Desktop Connection)というアプリケーションを使うのですが、PCを共有するので先方のIPアドレスが必要になります。
そんな時に自分のIpアドレスを知るには・・・
スタート>プログラム>アクセサリー>コマンドプロンプトを立ち上げて、チカチカしている部分にipconfigと入力するのですが、「確認くん」を利用すると大変簡単に知ることが出来ます。

まずGoogleで検索窓に 確認くん と入力します。一番上に 確認くん(VIA the UGTOP) が表示されますからアクセスして下さい。
そこに書かれているのが貴方の情報です。
現在貴方が接続しているホスト名
現在接続している場所 (現IP)
に加えて”クライアントホスト名”や”使用ブラウザ”まで表示されます。

私に関していえば、実際には(現IP)→つまり現在のIPアドレス位しか用はありませんがこのようなサイトもあることを知っていてもよいでしょうね。

確認くん
上記をクリックして直接アクセスすると、「どこのURLから来たか」の項目は当然表示されません。

※RDC(Remote Desktop Connection)
リモートデスクトップでリモートコントロールするといって先方のPCをネットワークを通して操作できる機能のことで、そのためにはPCのIPアドレスまたはコンピュータ名を指定しますからIPアドレスが必要になるのです。(OSによっては不可)
アタッカーじゃないですから、あらかじめ設定しておくものでいきなり他人のPCを共有できるわけではありませんよ。
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-08 22:31 | 面白記事

キリ番で大当たり? YouTubeにブリンク広告が

YouTubeという動画投稿サイトがあります。私が最初にこのようなサイトを知ったのがGoogle Videoでしたが、YouTubeがコンテンツが充実していることから世界的に大人気となっていたのですが、今やGoogleに買収されるとか聴きました。2006年10月発表によればGoogle Videoは放棄しないとのこと。今後はどの部分が影響を受けるでしょうか。

そうです、©著作権! Copyrights! 偉大なるGoogleさまのお力により違反動画は総ざらい!
そうすると残るはカスばかりでユーザーはつまらなくなり人気もなくなります。
さてその次は?現在非合法な動画アップを合法と認めさせようではないか!という動きが・・・起こるかな?

YouTube
右上の”Search for”にキーワードを入力しますが日本語でもOK!
”ドリフ”と入れればドリフターズが、”ゲイ”と入れればハードゲイのビデオも観られますよ。

最近は回線が混んでいるようで日中は接続出来ないことが多いYouTubeですが、11月になって以前にも見られたSPYWARE広告らしきものがYouTubeに出るようになりました。
ページのトップに非情に目に悪いブリンク(チカチカする)バナーが出現します。
Congratulations!
これはページを更新すると消えたり出たりします。
b0002123_1028876.jpg

Congratulations!
×マーク You are the 999,999th visiter: Congratulations you WON!
囲みにclick here to claim(その リンク先はcdn.fastclick.net)
・・・と表示されます。しかし、さほど悪質ではないらしく×マークをクリックすると消えます。(内側の×マークは”画像”です、外側の×マークをクリックですがFirefoxだとこれがないかも、その場合は更新)

※このバナーを見て999,999人目の切り番だと思ったブロガーがいるらしいです。賞金を貰い損なったと悔いていました。
キリバン(キリ番)とは「キリのいい番号」のことで、よくディズニーランドなどの遊園地や飛行機でもありますが10000とか11111とかね。日本のmixi(ミクシィ)にはキリバンお知らせがありますし、サイトでも実行されているようです。
「おめでとうございます!あなたが〇〇〇番目の入場者です!」

しかし、毎回必ず出るわけではないのでやはり出たら・・・
You are the 999,999th visiter: Congratulations!

ちなみに本日は”セキュリティの警告”でした!ブリンクしていて目に悪いのですぐページを更新します。

警告!
!エラーが検出されました ! 今すぐ修正
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-07 10:49 | 面白記事

IPアドレスを検索

私のもう一つのブログ”Audio-Visual Trivia”ではサイトの詳細なログ解析が出来るのでどこからアクセスがあったのかが分かります。
解析ではURLはモチロンでIPアドレスも表示されるのですが、あるIPアドレスからのアクセスがいやに多い時はどこからなのかが気になります。
又、ブログの編集メニューにもログがあって特定のIPアドレスで異常に多くの記事を検索している時があるのです。分からない時にはIPアドレス検索をすると何か出るかもしれません。IPアドレス検索で調べてみると今、来ているのが以前も来ていたbecome.comと韓国からで今300件ほどの私の記事を検索していきました。
※become.comについてはHot'n Coolの過去記事

IPアドレス検索
My IP address & IP location(英語)

例えば私の記事を検索してきた”66.249.72.130”をSURFPOINT.JPのIPアドレス検索にかけてみると、結果は”crawl-66-249-72-130.googlebot.com アメリカ合衆国 (US)”と出ますのでGoogleのクローラーが来たのだということが分かります。この他にIPアドレスの所有者情報の”Whois Server”の結果も表示されます。

・・・といったようにIPアドレスから何処の国のどんなサイトからかが分かり、国内だと都道府県と接続回線なども出ます。

家族や知人で試したところ、個人サイトだと地域(国名と県名)と接続回線くらいしか判明しないようですのでご安心下さい。

ログ解析で多量に検索していったIPをチェックしてみるのですが、GoogleやYahooなどのサーチエンジンだと、「ようこそ、いらっしゃいませ!」と思うのに、他のbecomoなどのたいしてディレクトされていないにも関わらず頻繁にやって来るサーチエンジンだとロボットを拒否しようか!などと考えなくもないのです。 まさに現金な私です!
[PR]
by koukinobaaba | 2006-11-06 12:32 | 面白記事