<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ダグウッドの特大サンドイッチがメニューに! Dagwood's Oversized Sandwiches On The Menu

「Blondie(ブロンディー)」というアメリカの漫画をご存知ですか?

1930年にChic Young(チック・ヤング)が新聞に連載を始めたアメリカのコミックです。
私が子供の頃には日本でも朝日新聞に連載されていたほど人気で、ある程度ページが集まると一冊の漫画本として出版されました。 当時としては珍しい横長の本で、英語の吹き出しですがコマの下に日本語訳が載っていましたから子供でも読めました。

b0002123_10225966.jpg

「Blondie(ブロンディー)」で一番興味があったのはなんといっても食料難の時代ゆえ、あのDagwood(ダグウッド)のSuper-sized Sandwiche(特大サンドイッチ)でした。 ダグウッドは眠れないと階下の台所に降りて行って、冷蔵庫を漁って残り物で超特大のサンドイッチを作って食べるのです。 なにしろどうやって食べるのか?というほど食材をつみあげた山のようなサンドイッチに、もう美味しそうで絵をみながらヨダレがたらたら・・・パストラミ、アボガド、チーズなどの文字にメマイがするほどでした。

この「the Dagwood sandwich」 という語は「a multilayered sandwich」として辞書にも載っているそうですよ。

漫画の作者は代わって1973年から息子のDean Young(ディーン・ヤング)ですが、なんとそのヤング氏が20年間もサンドイッチのレシピを研究していたそうです。 そして現在66歳になったディーン・ヤング氏は「レストラン Blondie's」のオープンを発表しました。 ブロンディとダグウッドでデザインされたレストランにはどでかいプラズマ・テレビが設置されてブロンディを放映するそうです。

トリプルデッカー!
レストランではあの「ダグウッドサンドイッチ」がメニューに載っているそうです。 そのサンドイッチは重さが約68oグラムほどあり、秘密のイタリアン・スプレッドを塗った3枚のパンにハム、サラミ、ペパロ二、モルタデッラ(チーズ)、カピコーラ(スパイスハム)、チーズ、オニオン、レタス、トマト、レッドペッパーが挟んでありおまけにテッペンにはオリーブがつきささって・・・う〜ん美味しそう! でも小食の方もご心配なく!薄いトルティーヤなど他のメニューだって置いてあるそうですから。

2006年の夏にまず手始めにレストランの本拠地となるヤング氏の地元であるフロリダのClearwaterで開店し、次々と米国と海外にチェーン店を開くそうです。 もしかしたら日本にも上陸するかも!
私が好きなSubway(サブウエイ)サンドイッチ店の手ごわい競争相手となりそうですね。

漫画については「Hot'n Cool」内の過去記事を参照して下さい。
チック・ヤングのブロンディ
[PR]
by koukinobaaba | 2006-05-16 18:30 | 面白記事

走るソファーのエド・チャイナ Edd China

ログ解析から分かったことですが、私の映画と音楽のブログ「Audio-Visual Trivia 」に入ってきた検索語に「エド チャイナ」というのがあり、それが俳優エド・ハリス主演の映画「チャイナ・ムーン」にヒットしたようです。 「エド」と「チャイナ」!

これはGoogle様の検索が余りにも優秀なので(?)こんなことになりましたが、本来の意味するところは・・・エド・チャイナ(Edd China)なのです。

「エド・チャイナ」とはイギリスのデザイン工学の専門家で、ソファ・カー、風呂桶のサイドカー、事務机・カーなど変わった車を制作しているそうです。 1998年にエド・チャイナ氏とDavid Davenport氏と共作の家具(ソファ)に1300CCエンジンを搭載した「Casual Lofa(カジュアルソファー)」という走るソファ型の車は最高速度140kmも出るのだとか。 世界一早く走る家具のギネスレコード保持者でもあるそうです。 なんとピザ用パンがハンドル、ブレーキがコカコーラの缶で白黒テレビまで付いているそうです。
豹柄のソファもいいけど私はやっぱり天蓋付きのベッド! 居眠り運転かも。

日本の車検制度と違って、自分で小型カーを組み立てられる伝統があるイギリスならではのお話です。 どういうわけか日本では余り話題にならず、海外トピックスのニュースで少々、一部のTVコマーシャル(日産CUBEのCM)で少々映像が観られただけです。
Edd China - Cube My Room - NISSAN CM (2006) のビデオは削除されたもよう。

Edd China - Profile - YouTube
Edd China - -Casual "lofa" - YouTube
Edd China 2009 - YouTube

ギネスのサイトにある、走るソファーの写真はGuinness World Records 2003(Fastest Furniture)
走るソファの説明をするエド・チャイナ氏の写真はTestway launch Furniture Re-use Project
世界一大きな自動買物カートに乗ってショッピングするエド・チャイナ氏の写真はDAY IN PICTURES - Wanna drag?


☆Audio-Visual Trivia内で「エド」と「チャイナ」がキーワードのアーカイブはチャイナ・ムーン
[PR]
by koukinobaaba | 2006-05-14 15:59 | 面白記事

森のリトルギャング Over the Hedge (2006)

DreamWorks(ドリームワークス)の「Over the Hedge(森のリトルギャング)」は、Michael FryとT. Lewisのコミックを元にTim Johnson(ティム・ジョンソン)が監督したCGアニメです。

そういえばマダガスカルもDreamWorksでしたね。
このところ動物アニメがはやっているようです。

現在は消滅したようですが、森のリトルギャングのオフィシャルサイト「Over the Hedge - DreamWorks」ではENTERでサイトに入るとビデオが見られました。
(現在 http://www.overthehedgemovie.com/ にアクセスすると 警告”このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。”が表示されます。)
日本のオフィシャルサイト(http://mori-gang.com/)も現在アクセスすると”ページを開けません”と表示されます。

アメリカでは2006年5月に公開されてヒットしていますが、日本公開は2006年8月5日です。

森のリトル・ギャング
b0002123_19545352.jpg


Over The Hedge [Original Motion Picture Soundtrack]
b0002123_20293668.jpg



「森のリトルギャング」のストーリーは人間に土地を奪われ食料を絶たれた動物たちが人間の食べ物を横取りしようと作戦をたてます。 登場人物(アニマル)はアライグマ、カメ、リス、フクロネズミやハリネズミといった小動物たちが主役です。 リスのHammy役の声はSteve Carell(スティーヴ・カレル)ですが、なんとアライグマのRJ( the Raccoon)の声はBruce Willis(ブルース・ウィリス)ですよ。最近は有名な俳優陣が声を担当するアニメが多いですね。

映画の最初と最後に出てくるのは自動販売機です。何でも売ってますね。便利です!文明です! コインを入れて!

人間と動物の共存問題は今現在でも深刻になりつつあります。大きい動物ではグリズリー(灰色熊)やクジラの環境保護も叫ばれています。
小さいものでは・・・ゴキブリ?ねずみ? いやっ!共存したくない!
ラ・クカラッチャ~

「森のリトルギャング」のサウンドトラックが2006年5月にリリースされています。収録されているのは元Ben Folds FiveのBen Folds(ベン・フォールズ)自作の新曲5曲とRupert Gregson-Williams(ルパート・グレグソン=ウィリアムズ)の音楽です。作曲家のルパート・グレグソン=ウィリアムズは2004年の「ホテル・ルワンダ」などのサウンドトラックも手掛けています。



[PR]
by koukinobaaba | 2006-05-02 15:55 | アニメ & コミック

ライアンを探せ! The Wild (2006)

The Wild(ライアンを探せ!)はSteve 'Spaz' Williams(スティーブ・“スパッツ”・ウィリアムス)が初監督する2006年のディズニーのアニメです。
b0002123_10415571.jpg

ニューヨーク動物園に住むライオンのSamson(サムソン)の息子のライアンが手違いから船でアフリカへ搬送されてしまいます。 パパライオンがグレッグを助けに他の動物達と動物園を脱走します。 動物達は本当のジャングルに向かうのですが、いかに今まで住んでいたコンクリート・ジャングルが怖いかも体験します。
それって2004年のアニメ「マダガスカル」じゃないの?
 
でも、それが違うらしく「ライアンを探せ!」はアメリカで公開してから目下人気上昇中のアニメで、ジョークもありますが、かなりのアクション・アニメだそうで退屈なんてするヒマもないようですよ。
「ライアンを探せ!」はCGアニメなのですが、今までのシャープな映像とは違い、まるでヌイグルミのようなキャラクターで、色彩もソフトで目に優しいWalt Disney Pictures(ディズニー)の冒険コメディです。 キャラクターのライオンとキリンはマダガスカルでも登場しましたが、「ライアンを探せ!」ではリス、アナコンダやコアラがパパライオンのお供をします。
サムソンの声をKiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)が担当して吠えています。 キーファー・サザーランドは1986年の「スタンド・バイ・ミー」のAce Merrill(エース)役で広く知られています。
「ライアンを探せ!」のオフィシャルサイト(VIDEOをクリックすると予告編)

アメリカでは2006年4月に公開されていますが、日本は冬休みの2006年12月頃だそうです。

「ライアンを探せ!」の予告編はVIDEOのサムネイルを上の画面にドラッグして下さい。
WILDゲームもあります。
サイト上のメニューのGAMESか右上の画像をクリックしてゲームをしよう!
左に出た3っつの画像からゲームを選びます。

Benny's Junk Dunk(ベニーのゴミ拾い)ゲーム!
画面の何処でもクリックすれば別ウインドウが立ち上がってゲームを始められます。
ベニー君が公園のゴミを拾ってゴミ箱に投げ入れるお手伝いをしましょう!
左クリックでゴミを掴んだら上にドラッグして放り投げてゴミ箱に入れますが早くドラッグして高く持ち上げれば効率が良いそうです。

Alligator Alley(ワニ退治)ゲーム!
初心者用から上級用までランクがあります。ニューヨークの下水道にいる動物たちは地上に出たいのですがワニたちが邪魔をするので助けてあげましょう!マウスで松明を動かしクリックするとワニ退治できますが、動物たちも頭を出しますから間違えてクリックすると減点です。

Turtle Toss(カメ投げ)ゲーム!
一番単純ですが、カメをクリックとドラッグで後ろに強く引っぱって指を離し、的に届かせてください。強く後ろに引けば引くほどシュートしますが、左右には強く投げなければ大成功!矢印の方向をよく見てね。

2~3歳から遊べそうですね。

この動物アニメ映画「ライアンを探せ!」のサウンドトラックが2006年4月にリリースされています。殆どがAlan Silvestriの作曲及び指揮の音楽ですが、Big Bad Voodoo Daddy(ビッグ バッド ヴードゥー ダディー)のBig Time Boppin' (Go Man Go) が収録されています。
ROYAL CROWN REVUE(ロイヤル・クラウン・レヴュー)のようにコンテンポラリー・スイングバンドで、1940年代や1050年代のビッグバンド・ナンバーを得意とします。1989年に結成された当時のオリジナルメンバーはリーダーでギターとボーカル担当のScott Morrisと ドラムのKurt Sodergrenです。

ライアンを探せ!オリジナル・サウンドトラック
The Wild Soundtrack
b0002123_20343233.jpg


ライアンを探せ! b0002123_7512082.jpg
「ライアンを探せ!」のDVDには ブルーレイもあるそうです。Blu-ray Disc(青紫色レーザー)とは次世代光ディスク規格で、デジタルハイビジョン放送に対応できる光ディスクのことなんだとか。プレーヤーが必要ですね。




[PR]
by koukinobaaba | 2006-05-02 10:42 | アニメ & コミック

ソウル・バス Saul Bass

ソウル・バス(1920-1996)はアメリカのグラフィック・デザイナーで、最も良く知られているのは主に50年代と60年代の映画のポスターやタイトルです。

Saul Bass: A Life in Film and Design
b0002123_1048745.jpg
The Title Design of "The Man with the Golden Arm"

ソウル・バスがデザインした映画タイトルは40本以上あるそうですが、私が観たソウル・バスがタイトルをデザインした映画は50年代だけでも、1955年のBilly Wilder監督のThe Seven Year Itch(7年目の浮気)、1955年のOtto Preminger(オットー・プレミンジャー)監督のThe Man with the Golden Arm(黄金の腕)、1958年のオットー・プレミンジャー監督のBonjour Tristesse(悲しみよこんにちは)、1958年のAlfred Hitchcock(アルフレッド・ヒッチコック)監督のVertigo(めまい)、1959年のBilly Wilder(ビリー・ワイルダー)監督のSome Like It Hot(お熱いのがお好き)とAnatomy of a Murder(或る殺人)などがあります。
60年代で有名といえば1960年のOcean's Eleven(オーシャンと11人の仲間)と1961年のRobert Wise(ロバート・ワイズ)監督のWest Side Story(ウエスト・サイド物語)ですね。この後エドワード・ドミトリクが監督した1962年の「Walk on the Wild Side(荒野を歩け)」ではオープニングとエンディングの黒猫がお洒落なクレジットでした。
なんと1995年にはMartin Scorsese(マーティン・スコセッシ)監督の「CASINO(カジノ)」があります。


日本語でソウル・バスを紹介したDAI NIPPON PRINTINGのソール・バス(ソール・バス展の情報もあり)

ソウル・バスの映画関連作品の画像一覧が見られるthe Looniverse - Saul Bass(各年代をクリック)


ソウル・バスの映画タイトルががコマ送りで見られるTytles Designed by Saul Bass(West Side Storyはオープニングとクロージングの二つあり)

Saul Bass:Bass on Title
なんと、ソウル・バスのデザインした映画タイトル(動画)コレクションのDVDが2004年に発売されたそうです。 1977年にアメリカで製作されたビデオを2003年に開催されたLondon Design Museumの「Saul Bass on Film Exhibit」に乗じて発売されたそうです。(英語の30分DVDでPAL方式/リージョン2)
収録作品のリスト:
Carmen Jones (1954)
The Man with the Golden Arm (1955)
West Side Story (1962)
Walk on the Wild Side(1962)
It's a Mad Mad Mad World (1963)
Seconds (1966)
Grand Prix (1966)
Nine Hours to Rama(1963)
The Victors(1963)
In Harm's Way(1965)
The Big Country(1958)

残念ながら売り切れでどこも販売していません。 情報はユトレヒト
※ソール・バスは人気で品薄らしく書籍も品切れです。

Henri’s Walk to Paris
多才だったソウル・バスは絵本も手がけたそうです。
1962年に出版されたソウル・バスの児童書のカラフルな内容が見られるHenri's Walk to Paris - Plenty of Colour




[PR]
by koukinobaaba | 2006-05-01 19:04 | 面白記事