<   2005年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

Billboard Hot Hits 70's 1970年-1979年

韓国語のサイトが英語にリニューアルされたようです。
もうRealPlayerで聴けません!

THE TOP 100 SONGS OF 1970 - postman.pe.kr

左のカテゴリのバナーでおなじみのロゴでBillboard Hot Hits 70's というのが見えますね。 1970年から1979年までの各年代のトップヒットがリストになっています。 取り合えず1970をクリックしてみて下さい。 Janis JoplinやCarpentersなどの名前がずらりとリストアップされていますね。 上のRA-PLAYをクリックするとReal Playerで聴けます。 Let Your Love Go - Breadの次がRose Garden - Lynn Andersonだからランダムなのでしょうか。

私はカテゴリーでBillboardの下のHouse of Bluesを聴かせて頂きました。 こちらのブルースほうは一曲づつ聴けますから、各ページの歌詞の上にあるタイトルをクリックして聴いて下さい。 Otis Rush、Earl Hooker、Buddy Guy、Muddy Waters、Albert King、Freddie King、B.B. King・・・などなどいっぱい!
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-28 21:50 | 音楽

海外のスパマーもあの手この手

以前に毎日数十のスパムのトラックバックが続き、トラックバック機能をオフにして撃退したのですが、数日前から今度はスパムのコメントが大量に付きました。 今回のは、前からある「i like your site!」のメッセージに宣伝のサイトリンクという簡単なものではなく、長~いコメントです。 しかも褒めちぎりコメント・・「♪ん?アタシのサイトってそんなにイイの?」と思ってしまいました。 ポツポツ来るなら、まっそうかな?と思えますが、一日の内にそんなに誉められると「おい、おい!」・・・嬉しさを通り越して削除体制に入ります。 前回のスパム・トラバで新記事以外のトラックバックはオフになっていますがコメントはオープンになっていたので、コメントでスパムを附けられたようです。 コメントもオフにするかな。

今回のスパムコメントには数個(通常3固)のリンクが付けてありリンク先は、行ってはみませんが一応映画や海外メディア系(ニュース)やソフトなどのようでエロサイトではないようです。 新作映画のリンクもあり、中には日本サイトのもあります。 何台ものPCで一斉に名前やコメント内容を変えて打っているのでしょうか。 おまけに全部がメールアドレスも附けてあります。 この中にはひょっとしてひょっとすると宣伝でない本物が混じっているかもしれませんが、どうせ読めないから英語のコメントは全部消してIPアドレスも禁止にしてしまいます。

最近は日本のスパムも多くなり、こちらの方がエゲツないリンクを付けてきます。 はっきりと怪しいと判断出来ない時にはリンクをクリックしてみますが、本当に映画好きのブロガーだったりして、確かめて良かった!と思うことも。

ブログに付随した便利な機能であるコメントやトラックバック・・・「使わにゃソンソン!」とばかりに宣伝に悪用されるのは困りものです。 でも私の場合は襲撃と言っても可愛いものらしく、なかにはスパムで埋め尽くされるブロガーさんもいるそうですね。

以下は今回のスパムコメントの内容抜粋ですがhttp・・・はリンクになっています。クリックしないで!


very interesting. keep the good work! right chips will expect player
without any questions: http://www.skypub.com/ , when Pair Double Player Love href="http://www.cnn.com/">to percieve boy you should be very standard ,
when Grass Forecast Stake Win rel="itsok">astonishing is feature of curious table

interesting site, and very organized too. good work. white is feature of
universal slot: http://www.alternet.org/ , when Table Give Chips Double href="http://home.kyodo.co.jp/">to bet cards you should be very beautiful
, when Tournament is Circle it will Double Game href="http://news.zdnet.com/" rel="itsok">astonishing tv becomes international
opponents in final


brilliant site! happy to be here. stake can love soldier:
http://www.fahrenheit911.com/ , Expect Do Hope - that is all that Grass is
capable of when game is stake it
will make slot
, Grass will Chair unconditionally href="http://www.inhershoesmovie.com/" rel="itsok">grass will boy
unconditionally


very original content. i really like your site. double game is very good
grass: http://www.tvguide.com/ , Astonishing Player Win or not href="http://www.pluggedinonline.com/">central game fetch or not , Small Girl
is always Full Cosmos rel="itsok">when tv is table it will kill slot

I really appreciate what you're doing here. Very interesting site. when
Game Destroy Plane Rape: http://www.script-o-rama.com/ , Industrious is
feature of Green Grass when Stake
is Table it will Anticipate Opponents
, Faithful Mistery becomes
Standard Slot in final Big
Circle Increase or not


It's been a long time since I so enjoyed reading posts in the net. Two
thumbs up! Pair can Loose Corner: http://www.themoviespoiler.com/ , Tremendous
Slot Win or not Industrious
Cosmos is always Coolblooded TV
, when Tournament Destroy Table Increase
Stake will Soldier
unconditionally


などなどですが、どうです? スパムでしょう? あなたのブログにも来ますか?
ところが・・・です。 英語が達者なら分かるのでしょうか、困ったもんです。 この日の翌日にも2件のコメントが来ました。 同じ手合いのものです。



これまでのスパムに関するアーカイブ
対策後日談
海外からの大量スパム
スパムとは
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-28 15:12 | 面白記事

ブルースのラジオ Midnight Flyer

1953年からNorman Davis氏が運営する RADIO THRILLSMidnight Flyer はミシシッピ・ブルースを始めブルースというブルースを網羅したラジオ放送です。

幼い頃から音楽が好きだったNorman氏はラジオ局を見学したりスタジオでバイオリンを放送したりとラジオとは縁がありました。 日曜日の教会行きをサボってラジオ放送を聴くほどラジオに恋した少年でした。 音楽だけでなく「ローンレンジャー」も!
もっと大きくなってからは池からゴルフボールを拾うバイトでお小遣いを稼ぎ、テープレコーダを借りて自分でラジオプログラムを作っていたそうです。 大学では放送学科を専攻して後に、1954年からKGEMを始めとしたラジオ放送の仕事に就いたそうです。 そしてこのサイト「Midnight Flyer」はNorman氏のラジオ・パーソナリティ時代のスクラップ・ブックのようなものだそうです。

さあ、急行夜行列車に乗って! ブルースを聴きに行くよ! 
 Midnight Flyer


☆左のカテゴリからAudio Archivesをクリックして聴いて下さい。
☆Midnight FlyerでのTop 25では現在はB.B. KINGがトップです。
☆InterviewsではNorman氏のインタビュー・アーカイブです。 1976年のJimmy Reedインタビューもありますよ。
☆ Starshotsは アーティスト達と Norman氏のスナップ写真集です。


70年代のEagles(イーグルス)の曲のタイトルにもあるMidnight Flyerとは急行夜汽車という意味ですが、1925年に同名の「The Midnight Flyer(突貫急行)」というヴァージニアの鉄道員の映画があったそうです。(未見です)
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-26 14:10 | 音楽

カクテル・ブルームーン Cocktail Blue Moon

カクテルはお好き?

bluemoon cocktail

私が若い頃にコンパと呼ばれるカクテル・バーが流行りだしました。 円形のカウンターのスタンドバーです。 当時一杯百円! 私は元来アルコール類はアレルギーなのですが、色が綺麗で甘いカクテルは素敵な飲み物でした。 どんなカクテルを飲んだかというと、カカオフィズ、バイオレットフィズなどでオレンジジュースのスクリュードライバーは甘いけれど強いと聞きましたから試してはいません。 他にもライムの香りのギムレット、グラスの縁に塩を塗るソルティドッグやマルガリータ、ジンジャエールを使ったモスコミュール、そしてカクテルの女王といわれるマンハッタン、サイドカーやジンフィズなどなどが・・・飲んではいませんが有名でした。

その中で、見た目は淡い紫色なのに「ブルームーン」と呼ばれる甘口カクテルがあります。 このブルームーンはジン、レモンジュース、そしてバイオレットリキュールで作られます。 そしてこのバイオレットリキュールはすみれの香りに似せて作られたリキュールが現在使われますが、元来は媚薬として1760年に作られたニオイスミレのリキュールでBOLS の「Parfait Amour(パルフェ・タムール)」なんだそうです。 19世紀にはCreme de violette(クレーム・ド・バイオレット)となり現在もフランスで製造されているようです。

ところがところが、1890年にアメリカのフルーツ・ジャムでも有名で、リカー(果実酒)のChambord(シャンボール)を製造しているJacquan社(Charles Jacquin et Cie, Inc.)でパリのレヴュの女優の名を付けたCreme Yvette又はCreme De Yvette(クレーム・デ・イベット)が発売されました。(現在は製造中止らしいです) それ以来、ブルームーンというカクテルが女性の人気となったんだそうです。 ☆Chambordのサイトではご多分に漏れず法的に飲酒可能な年齢かどうかを訊ねられますので、YESをクリックして下さい。 首尾よくサイトには入れたら上のメニューのCOCKTAILSをクリックして下さい。 カクテル満載です。 TPOに応じたカクテルが出ますから画像をクリックするとレシピが表示されますよ。 (注!戻るボタンを使うとトップページに戻ってしまいます)

こちらのサイト「No. 10 Blue Moon の自己愛」にカクテル「ブルームーン」についてレシピまで詳しく書かれています。

ブルーキュラソーを使用するカクテルというとブルーベリー・リキュールとグレープフルーツ。ジュースがベースとなったBlues Bule(ブルース・ブルー)があります。


Audio-Visual Triviaの音楽のアーカイブにトミー・ドーシーがあります。(ブルームーンが聴けますよ)
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-25 17:38 | 面白記事

ジャズ・アーカイブが魅力! Chicago Public Radio

注! 2007年10月に気が付いたのですが、残念なことにChicago Public Radio内の”Jazz”のページはもう無いようです。
以前はラジオのプログラムに「Word Jazz」(Music and words collide in this fascinating audio oddity.)があり、そのアーカイアブページが魅力でした。


数え切れないほどあるラジオ局のなかで既にいくつかを紹介しましたが、シカゴのラジオ「Chicago Public Radio」の番が来ました。 このラジオ局にはプログラム「Monthly Feature December 2004」のChet Baker's 75th Birthday Celebrationの記事を読みました。 写真も素敵ですが、音声クリップ付きでとても気に入りました。
Chicago Public Radio
サイトの上にある”LISTEN NOW”のスピーカー・アイコンをクリックするとストリーム用のプレーヤーが立ち上がります。


上記のホームページでトップにあるLISTEN NOWのLive Webcast
in RealAudioをクリックするとChicago Public Radioのライブ放送がReal Playerで聴けます。 番組は隣のSCHEDULEのView Scheduleで確認して下さい。 左一番下にはPODCASTもありますよ。 CLICK HEREからポッドキャストのページに行き、Whad 'Ya Know?—All the News that Isn't をitunesのポッドキャストに追加しました。 テキストボックスのなかのURLをコピーしてiTunesの詳細設定からPodcastを登録にして貼り付けます。

Chicago Public Radioロゴの下のProgramsをクリックすると左下にリストが出ます。 jazzを選ぶと番組の紹介が表示されます。 Read more about our November Jazz Feature >>をクリックすると右にリストが出ますからお好きな番組を選んで下さい。 私はこの記事の冒頭に書いたように2004年のChet Bakerの記事を選び、読んで聴きました。 この曲が聴けるところが素晴らしいのです! 試聴ではなくフルです!
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-24 09:38 | 音楽

日本版に対応 iTunes Link Maker

iTunesで試聴するのに、iTunes Link Makerを使えば、曲名、アーティスト名、アルバム名などで検索して直接Music Store内にリンクを貼ることができます。

今年になってブラウザからiTMS内を検索するiTunes Link Makerが日本版に対応となり、日本のStoreで購入できます。 Amazonリンクを貼って「こちらで試聴して下さい」とアルバムへリンクする代わりに、iTunesへのリンクを貼ればクリックするだけでダイレクトにその曲を聞くことが出来て大変便利です。

以前は日本のStoreが無いとか、日本語は検索出来ないなど不具合もあったようですが、現在は大丈夫なようです。 それでは、上記のiTunes Link Makerのサイトでリンクを作ってみましょう。 例として、まずMusic Storeの項目のプルダウンメニューでJapanを選び、曲名をコーヒールンバと入力、アーティスト名を西田佐知子にして「検索」をクリックします。 するとこれらを含んだリストが表示されるのでどれか適当と思われる矢印(曲か歌手かアルバム)をクリックします。 テキストボックスにリンクが出ますからコピーして自分のページに貼り付けます。 私の場合はタイトルや歌手名を書き込み、その後ろにイメージにborder="0"を追加したタグを貼り付けると下図のように表示されます。

これをクリックするとiTunesが開き、日本のiTunesストアでのコーヒールンバが表示されます。 試聴する曲が選択されているハズですからダブルクリックして聴いて下さい。。 但し日本のStoreでリンクを製作したのに、私はStoreをUSAにしたままクリックしてしまったので拒否されてしまいました。 再度ホームをJapanに変えてからクリックしたらちゃんと西田佐知子さんが現れました。 USAに設定している方は日本に変えてからクリックして下さい。

日本のiTunes Store コーヒールンバ/西田佐知子
コーヒールンバ

USAのiTunes Store In the Evening/Big Bill Broonzy
In the Evening (When the Sun Goes Down)

どうですか?聴けますか? 下のBig Bill Broonzyのリンクをクリックする時はStoreはUSAですよ。 おっと!iTunesを入れてなければ駄目ですよ。

試聴のタグの下は「iTunesをのダウンロード」するためのものですから、これもコピーして貼り付けます。 クリックするとアップルのiTunesダウンロードページに行きます。
Download iTunes


以上、自分の為にテストしてみました!

Audio-Visual Trivia のコーヒールンバビッグ・ビル・ブルーンジーなどのアーカイブに貼ってあります。

追記:
これ以降もじゃんじゃんリンクを付けてみましたが、自分がクリックした時にでもiTunesが表示されるまで時間がかかりStoreを変更する場合もあってうざったいのです。それでその後はどうしてもという数リンクを残してじゃんじゃん削除してしまい、現在は曲探し以外はiTunes Link Makerを全く利用しなくなりました。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-23 23:49 | 面白記事

ピー・ウィー・マーケット Pee Wee Marquette

ジャズクラブ”Birdland”の名司会者「ピー・ウィー・マーケット」

1920年代の中頃、多くのシカゴのジャズメンが活動の場をニューヨークに移して以来、メッカとなって新しいジャズの演奏スタイルはここで生まれてきました。 当時ファンや仲間のミュージシャンからは通称”Bird”でアルトサックスの名手と呼ばれたCharlie Parker(チャーリー・パーカー)」は”Yardbird”、後に短く”Bird”と呼ばれていました。 パーカーが演奏していたことからジャズクラブの”Birdland(バードランド)”の名が生まれたそうです。 1930年代、1940年代はブロードウエイの52番街から西にちょっと行った辺りはジャズのホットスポットだった所です。 ☆初代バードランド

1949年に開店したジャズクラブBirdlandではチャーリー・パーカーはスタープレーヤーでしたが、パーカーだけでなくCount Basie and his smokin' big band(カウント・ベイシー楽団)がレギュラー出演する他、多くのジャズの巨人達が連日演奏してきました。 そして、あのGeorge Shearing(ジョージ・シアリング)の名ライヴ「Lullaby of Birdland」が誕生するわけです。 John Coltrane(コルトレーン)もそのジャズシーンに間に合いました! 1960年代始めにバードランドの常連ジャズマンとなりました。 その他にDizzy Gillespie、Thelonious Monk、Miles Davis、Bud Powell、Stan Getz、Lester YoungそしてErroll Garnerなどなどがジャズの歴史を作ってきたのだそうです。
Count Basie and Steve Allen with Pee Wee Marquette at Birdland , NYC ( 1956 ) - YouTube (削除された)

1065年にはBirdlandは閉店しましたが90年代になって場所を変え、こちらに再オープンしました。 ☆Birdlandの料理メニュー

さあ、そこでジャズクラブBirdlandの名物司会者であるピー・ウィー・マーケット(Pee-Wee Marquette)です。 
年齢不詳ですが、ピー・ウィー・マーケットは本名をWilliam Crayton Marquetteといい、ジャズクラブBirdlandの専属MC(emcee)でした。 アラバマ生まれの小男「ピー・ウィー・マーケット」はけたたましいほどの甲高い声、独特の口調でジャズ・コンサートを盛り上げてきました。 司会の口調はまるでプロレスやボクシングのリング・アナウンサーのようです。 ピー・ウィーはバードランドに出演したバンマスにチップをせびり、もし拒否するとバンド・メンバーの紹介をする時に意地悪をしたのだそうです。
必聴! Pee Wee Marquette's Famous MCs - YouTube

ピー・ウィー・マーケットの”peewee”とはちっぽけなとか貧相なといった意味があるそうですから、チビのマーケットさんといったところでしょうか。彼を嫌う楽団員からはミゼットと呼ばれていたとか。
☆カウント・ベイシー(右)と一緒の写真はPee-Wee Marquette


プロボクシングの場内アナウンサーの選手呼び出しを思わせる名調子!

ピー・ウィー・マーケットがArt Blakey Quintetの紹介するとともに観客の熱気まで伝わるライヴ盤「A Night at Birdland with the Art Blakey Quintet Vol. 1」があります。

1954年に伝説のトランペッター「Clifford Brown 」とアルトサックスのLou Donaldsonを迎えたArt Blakey Quintetの演奏です。 他のメンバーは長年のパートナーであるピアノのHorace Silverそして天才ベーシストCurley Russellです。

これを聴くとワクワクするのです。 
Announcement by Pee Wee Marquette (Live)
試聴の1番(Amazon)

A Night at Birdland with the Art Blakey Quintet Vol. 1について詳しくかかれたサイトがあります。 
ModernJazzNavigator

そして私のお気に入りのもう1枚は1958年のArt Blakeyパリのサンジェルマンでのライブ盤 「Au Club St Germain 1958」 です。 Moanin' With Hazel が収録されていますが詳しくはAudio-Visual Trivia for Movie & Music内のアーカイブ ファンキー・ジャズのアート・ブレイキーをご覧下さい。

ちなみに、クレジットを調べても記述がないのですが、1974年の映画「The Great Gatsby(華麗なるギャツビー)」の終盤、ギャツビーのパーティーのシーンでヒロインの夫ブキャナンに挨拶するピー・ウィー・マーケットをチラッと見ました。 トレードマークの葉巻を咥えたタキシード姿の子男が一言「やあ、ブキャナン!」と言います。 たったそれだけ、でもあの声は絶対に彼!



[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-23 22:47 | 音楽

アメリカ漫画(カートゥーン) The New Yorker

The New Yorker

1925年に創刊した雑誌「The New Yorker」が80周年を迎えます。 定評のあるこの雑誌のカートゥーンはまとめてほぼ5年ごとに発行されてきました。 これらの本はアメリカ文化を知る上でも貴重な資料といえます。

The New Yorkerのホームページで左のカテゴリーにCARTOONS(漫画)があります。 その下にあるONLINE ONLYでは今週のThe New
YorkerマガジンのコラムTom Reiss の「Imagining the Worst The novels that foresaw our world.」にちなみ、宇宙人や円盤に関する漫画の特集です。 Listen to the conversationをクリックして会話を聞きながら、Click here to see the slide showをクリックしてスライドショーを観て下さい。 ここでは1997年にThe New Yorkerの漫画編集長に就任した「Bob Mankoff」による望遠鏡で宇宙を見ている漫画に始り、アダムス・ファミリー(注!すぐ音)の作者チャールズ・アダムスの1941年~50年代の作品、Saul SteinbergJames ThurberEdward Frascino等、歴代の漫画がスライド式に見られます。

こんなオリジナルカーツゥーンを作成してコンテストに参加できるページもあります。(要ログイン)
Cartoon Kit: Courtroom

現在カートゥーン編集長のBob Mankoff(ボブ・マンコフ氏)はThe New Yorkerの1部門であるオンラインのCartoonbank.com(漫画のアーカイブやグッズ)の創設者でもあります。 ここでは漫画に関するあらゆる商品を販売していますよ。 ちょっとぶらついてみて下さい。



実はこのページをお気に入りに入れておいたところ、当然ですが更新されていて何をしまったのか分からなくなったのです。 もちろん漫画(カートゥーン)ですが、きっと又いつか開いてみると面白いコンテンツが見られるかもしれません。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-23 19:19 | 面白記事

キャンパス・ネット・ラジオ BSR : 88.1 FM

Radio for Brown Universitystudent and Providence community, plus for You!

Rhode IslandのProvidenceにあるBrown大学は、その特異なカリキュラムで知られるアメリカでも7番目に古い由緒正しい学校でIvy Leagueのメンバーでもあります。 地域に密着したローカル・ラジオ局のようで、電話でリクエストを受け付けたりスタッフに連絡したりするのだそうです。

始めて学生が運営するラジオ局として、Brown大学の生徒により1936年に開設されたキャンパス・ラジオです。 時代の波に乗りAMからFM、そしてインターネットと移り変わってきました。 1997年には現在のBSR(Brown Student Radio)になったようです。

ネット・ラジオのBSRは聴く時間帯によっては別もの?と思うほどの違った番組を放送し、カントリーを始め、ジャズやソウル、そしてスペイン語もあるMP3のストリーミングを配信しています。 そして又この過去プレイリスト(アーカイブ)が素晴らしいです。

BSR : 88.1 FM (College Radio)

トップページの左上のLISTEN ONLINEの次も文字[HIFI]をクリックするとライヴ放送が聴けます。 日曜日以外の現地時間で夕方7時から真夜中の2時まで放送しています。
コンテンツ左はBSRラジオのお知らせ、右は今週の番組や今週のアーカイブのお知らせです。 MP3のストリーミングなので私の場合はiTunesが開きます。 iTunesでない方は多分Windows Media Playerだと思います。


ところで、カウントリー・ウエスタンはお好き?

このところカントリー界の異端児と呼ばれたジョニー・キャッシュの伝記映画が話題で、私のアーカイブ「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」にアクセスがスゴイです。 ジョニー・キャッシュがこんなに人気があるなんて・・・それとも映画の宣伝が効いているのかしら?ら?ら? この映画のヒットにより新しいカントリー・ファンが増えたかも。

BSRのプレイリストには、2004年11月放送の古いカントリー曲を集めたプログラム「Back to the Country」ではジョニー・キャッシュの「Get Rhythm」や他のカントリー歌手の歌が聴けます。
 
Archives - Back to the Country
Wanda Jackson、Skeeter Davis、Willie Nelson、Al green、Blenda Lee、Bob Dylanなどなど懐かしい歌手がいっぱい聴けます。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-23 14:56 | 音楽

ソーシャルネットワークのミクシィ SNS mixi

SNSって何? 最初「ソーシャルネットワーク」と聞いて社会奉仕団体かなにかと思いました。
 
初めてmixi(ミクシィ)という言葉を知ったのが2005年の初めに、Hot'n Coolをリンクして下さっていたブロガーがmixi(ミクシィ)にお引越しされたことからです。 ログ解析から分かるのですが、Audio-Visual Triviaの方にアクセスがあるので行ってみるとシャットダウンを喰らいました。 会員しか入れないのです!

mixi(ミクシィ)って何?ということで潜入レポート!会員になってみました。 日記のほうをkoukinobaabaのブログ「Hot'n Cool」に設定してあるのでHot'n Coolの更新と同期しています。

mixi(ミクシィ)に加入して日記をアップしたトタン、沢山の会員の訪問を受けたと書いてあるブログを読みましたが私の場合は今までのところ1日に1人でもあればいいほうです。 招待してくれた方の要求によりネット友はダメだといわれたのですが、リアル友でmixi(ミクシィ)をやりそうな方は見つかりません。 ところが私が招待した○○さんは、な~んにも書いてないのに私と同じ位の訪問があるそうです。 やっぱり、koukinobaabaじゃダメね。 可愛い名前にしておけばよかった。
☆訪問のことをmixi(ミクシィ)では「足あと」と呼んでいます。
この便利であり煩わしくもある機能の足跡は2011年06月にミクシィ側で終了したそうです。
うっかり足跡を付けたくないと用心していたユーザーも安心してズカズカと他のユーザーのページを訪問できます。


さて、まずSNSからいきますよ。 SNSとはSocial Networking Site(ソーシャルネットワーキングサイト)のことです。 では、ソーシャルネットワーキングサイトとは? 2003年には話題を呼んだFriendsterに始まり「現実の人間関係をウェブ上で体現したサイト・・・つまり友だちの輪」のスペースです。 ユーザーが写真や好きなことなどを載せたサイトをつくり、気の合う仲間を探すわけです。 このようなサイトは雨後の竹の子のように増え、又消えたりします。 つまりユーザーからの人気度が反映されるわけです。 メジャーになりすぎると飽きてしまい移動するユーザー達です。

昨今注目のSNSでは、メンバーになってサイトを作ると「友だち志願の訪問者」が来るので良ければ相手の写真と相手のページへのリンクを置く仕組みになっています。 ブログのコメントでもネット友だちは出来ますが、私の知る限りでは、mixi(ミクシィ)のユーザーは「友人リスト」にはリアル友だちに限定していることが多いようです。 私も実生活での関係のセンで友だちの輪を広げようと思います。

「mixi(ミクシィ) の醍醐味はなんといっても友人や友人の友人との交流です」と謳うmixiは創設時には「おまけつき」でユーザーを募集し、キリのよいところで「会員制」となりました。 そして現在は会員限定のコミュニティー、つまり既存のユーザーの紹介なしにはメンバーになれない状態になっています。 しかし、ユーザーがユーザーを招待することによって自然とねずみ講の如く会員が増えることになります。 現在mixi(ミクシィ)の参加者は100万人を超えるといわれています。
追記:
最近はPCで使用しているメールアドレスに加えて携帯電話のメールアドレスも必要となりました。両方の確認メールから本登録しないと参加できません。

mixi


交流を目的とするミクシーはブログとは全く違って記事の内容はあまり関係なさそうですし、閉鎖社会ですからGoogleの検索にも表示されません。ご近所やクラブなどの連絡や、イヴェントのお知らせ、会員募集などの人集めに有効なスペースです。どんどんマイミクと呼ばれる友達の輪を広げて自分のイベントに参加して貰うのが最良の使い方でしょう。たとえば「ママと赤ちゃんの相談会」とか「今度コンサートがあるので来てね」とか「一緒に食べ歩きしましょう」なんてインターネットの世界で募集して実生活で活動する向きです。


そしてここにアメリカのMySpaceがあります。 これはAudio-Visual Triviaのブログにアクセスがかなり来るので知ったのです。
☆有名人ブログがある世界版ミクシー「MySpace」としてAudio-Visual Triviaのウォーク・ザ・ラインに載せました。
MySpace



☆ミクシィと同じようなMySpaceについては単独で記事にします。

追記
ちょっと気になって訪問してみようと思っても、いちいち足跡が付くのでうざったいと殆どうろつくこともなく放置していたミクシーでした。
2010年になって遅まきながらも今では誰でもがつぶやくというTWITTERに参加しました。
これは無精者の私にはびったりで、誰が見ようとも何の足跡も付きません。気になるユーザーをFollow(友達に)しようが削除しようが、何の断りも不要です。わずらわしいことはいっさいありません。
ウエブサイトみたいにきちんとしたページを作成することもブログのように日々更新が望ましい、なんてこともなし。気が向いたら一方的につぶやくだけ。ボケ老人には嬉しい仕様。
なるほどなるほど流行るわけです。 最近ではブログは日々更新せずにTwittterへのリンクだけ貼ってあるんだとか。
音楽と映画好きのあなた、私のTwitterを見つけたらFOLLOWしてみてください。
http://twitter.jp/
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-23 13:56 | 面白記事