<   2005年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

フランス人形 Costume Doll in Flounce Skirt

私が子供の頃、よくお人形を頂きました。 そのなかでも市松人形や、豪華な衣裳のフランス人形が大好きでした。 市松さんは本体が陶器なので何度か頂いたのですが、すぐ割ってしまって怒られました。 フランス人形はガラスケースに入った飾り用だったので抱くことはなく、本体も布製なので壊れませんでした。

La Poupée Francaise(本物のフランス人形)はBisque Doll(ビスクド−ル)と呼ばれPoupée Ancienne(アンティック)の高級品は本体がbisque(ビスク又はBiscuit ビスケット)と呼ばれる二度焼きの白磁器で出来ています。 Musée de la Poupée(パリの人形博物館)
私が子供の頃によく貰ったフランス人形は正式の「ビスマルク西洋人形仏蘭西人形」ではなく顔や手が布製(ガーゼ)でした。(終戦直後だったから。。。?)

私のもっていたのはこちらの人形のイメージに近いですが、顔が日本画風で大人の女性といった感じででした。なにしろスカートがフリルいっぱいで豪華!
顔が現代風ですがこんな感じも。

その後どういうわけかフランス人形の顔が変わりました。 現代風というか、目が異様にデッカクてぱっちりとしてきたのです。 昭和40年代に流行った日本の博多人形さえそうなってしまい、オモチャみたいで好きにはなれませんでしたね。
伝統的な博多人形がこちら? (アフィリエイトではありません。)


私はフランス人形とはヨーロッパのフランスから来た人形かと思っていましたが、後に裾の広がったスカートのことをフランス(フラウンス)というのだと知りました。(袖にもフランス・スリーブがあります。)
確かにオリジンはフランスのファッション人形(ビスクドール)ですが、日本で昭和30年代から流行ったフランス人形は広がったスカートを着せた人形の総称だったようです。 


Flounce Skirt(フラウンス・スカート)とは19世紀中期から流行った段々のヒダ付きドレスで、その円形のスカートは段々が幾重にも重ねられて豪華です。 アメリカではレイヤード・スカートもフラウンス・スカートと呼ぶようです。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-25 22:19 | 面白記事

音声ファイルをサウンドレコーダーで編集

ホームページを作るときに画像を背景色を入れたり画像を入れたりしますね。 そんな感じで音も入れてみたいと思ったことはありませんか? あんまり騒々しくても嫌がられますがちょっとした音なら遊んでみても楽しいでしょう。

よく「あるサイトに行ったらいきなり音楽が鳴ってむかついた」なんていう話しを聞きますが、私も音楽を消すために再生ボタンを探したりした経験があります。 読んでる間じゅう音楽がガンガン鳴ってるのも煩いですからね。 ですが、音をつける、つけないはサイトの作者の自由ですからトヤカクいう筋合いのものではないでしょう。 行かなきゃいいんです。 行っちゃったら? スタコラサッサ!


それで、ですがファイルを無料で配布するサイトは沢山あると思いますが、私が時々頂くのがresources.bravenet.comです。 音楽や俳優のセリフ、動物の鳴き声などのサウンド効果のファイルが無料です。 今までのところ、何の問題もありません。 wavファイルですから、Windowsならサウンドレコーダーで編集できます。 私は音声クリップを短くしたり、エコーをかけたりして遊んでいます。 サウンドレコーダーでは自分の声も録音できますからバックに音楽をかけてミキシングも可能です。 音楽をバックに吹き込んだ「声のお手紙」なんていうこともやってみました。 不評でした。  ブログや他のサイトで実験して家族にヒンシュクをかっています。 自分の声もファイルにして「こんにちは!」とサイトで流したので「やめろ!恥ずかしいじゃないかっ」と言われています。 我が家族の仕事先の方々も私のブログをたまにはご覧になるようです。 ホホホ  で、すぐ取り下げました。

まず、好きなカテゴリー>ファイルを選ぶ>スピーカーアイコンの側のリンクをクリック>音を聞く>よかったらDownload this Audio Clipをクリック>自分のフォルダに入れます。

元から付いている名前でも自分で新たに付けてもいいでしょう。 私はマイドキメントのマイサウンドのフォルダに入れます。

そのままでなく編集するには
スタート>プログラム>アクセサリ>エンターテイメント>サウンドレコーダ
サウンドレコーダでさっきのファイルを開きます。 長いクリップは好きなように短くします。(適当な長さで再生を止めたら編集でそれより前か後ろを切る) 上書きか名前を付けて保存します。 普通は軽くするために変換しますが短いのでそのままでもOK。 出来たファイルはftpにアップしておきます。 私はアーカイブフォルダのなかの音声フォルダに入れます。 そして、エントリーにタグを書き込みます。

下のタグは音を一度しか鳴らしませんので表示が遅いと聞きそびれるかもしれないですが更新すれば聞けます。

ここにタグを書いたら禁止!と警告がでてしまいましたので削除しました。

なので<>のなかにbgsound loop="1" src="自分のURL/音声ファイル名.wav"を書き込む

これをブログ形式になっているエントリーページの最初に書いています。

☆ブログでないなら、普通はヘッド内に入れるそうですよ。 ←ヘッドタグも表示されませんね、こう書けばどうだ。 う〜ん、閉じるヘッドは表示されませんね。 ってことは色んな意味でエキサイトは安全ですね。

新たにwavファイルを頂けるサイトを見つけました。 Da Passions of Da Patchy 
詳細


この音声クリップをBGMにしたMovable Typeのブログ「Audio-Visual Trivia」のエントリー
実験的にBGNMを入れてみましたが自分が驚いてしまうので、現在はプレーヤー形式に変更してしまい訪問者が再生ボタンをクリックしないと聴けません。
☆ 現在のオーデオ プレーヤーのタグは、

奥さまは魔女
媚薬
アダムス・ファミリー
アメリカン・グラフィティ
男と女
ソードフィッシュ
ヒッチコックのめまい
ブルース・ウィリスの<スリー・リバーズ>
ソードフィッシュ

残念ながら、いや、幸運にもこのエキサイトブログのような規定ではwavファイルはアップ出来ないから音声は使えません。
結論として、ウエブサイトにアクセスしたとたんに音が鳴るのはビックリするので敬遠されます。

☆サウンドレコーダで制作したWAVファイルをメールに添付して送れます。
先日もこう君に「こうくん、こんにちは!」と録音してメールしたところ喜んでくれました。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-25 20:39 | 面白記事

ジャンプカット手法 Jump Cuts

ジャンプ・カット手法はジャン・リュック・ゴダールの映画「勝手にしやがれ」(1959年)で使われたテンポを強調する編集技法の一種です。 これは画面の連続性を無視してカットを繋ぎ合わせ、画面が跳ぶようなコマ送りをすることです。 当時は上演時間短縮の為の苦肉の策だったそうですが以後ゴダール映画の特色となりました。 プロデューサーからフィルムをカットするように強要されたゴダールは怒って売り物にならないようにしてやるっとばかりに滅多クソに切り刻んだそうです。 それが独創的と言われ、世界の映画史上にも残るこの名作となり、常にヌーベルヴァーグの代表として研究されているんです。 それ以降はどんどんエスカレートして、どんどんゴダールになっていったのです。

ゴダールにとって何がこの映画においてジャンプカット手法を使った動機なのかについての参考(英語)
ゴダールの勝手にしやがれでのジャンプカット手法について大変詳しく述べられています。


Alfred Hitchcock(ヒッチコック)の「The Man Who Knew Too Much(知りすぎていた男)」(1956年)のオリジナルはイギリス時代の「The Man Who Knew Too Much (暗殺者の家)」(1934年)だそうですが、そのなかでこのジャンプ・カット手法を始めて使ったそうです。 その後も観客の意表をつくために良く導入していたそうです。 なんたってヒッチコックですから、単にカットが詰まるだけじゃありません。 カットの継ぎ目にとんでもないものが挟まっているのです。  What a shocker!

☆Audio-Visual Triviaの勝手にしやがれ
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-25 15:53 | 面白記事

チック・ヤングのブロンディ Blondie

アメリカの新聞漫画「ブロンディ」が今年2005年で75周年になります!

1930年にChic Young(チック・ヤング)が連載を始めたコミックBlondie(ブロンディ)は世界的に有名で、多いときには1600もの新聞と契約していたそうです。

作者のMurat Young(チック・ヤング)は1922年に初めて新聞漫画The Affairs of Janeを掲載しました。 1925年の漫画Dumb Doraからチック・ヤングというペンネームにしました。 アメリカ大恐慌の時期、お金持ちのお坊ちゃんDagwood(ダグウッド)がもてもてのブロンド娘Blondie(ブロンディ)との結婚を親に認めさせるため、28日と7時間と22秒のハンガー・ストライキを決行する場面で始まるこのシリーズは、1973年にチック・ヤングが亡くなった後も引き継がれ、多くのコミックやテレビのホームドラマ(シットコム)に影響を与えました。 NBCテレビではシットコムBlondieを1957年の1月から9月までと1968年にも違った配役で放映しています。
b0002123_10181523.jpg

以前はハンガーストライキの画像が観られたのですが、現在はなくなってしまいました。 残念!
オリジナルの漫画が観られるサイトはこちら

ブロンディは日本でも昭和24年(1949年)から朝日新聞に連載されました。 これらをまとめた漫画本が発行された時に買ってもらった記憶があります。

90年代にこの漫画の復刻版が発売された時にはすぐ買いましたが、私のなじんだバムステッド家の末娘クッキーが育っちゃったのが残念です。 この漫画はハリウッド映画やテレビのホームドラマ同様に作られた(一種の捏造)アメリカの豊かな文化を見せつけて畏敬の念を抱かせようという或る意味でのプロパガンダでした。 私は見事に洗脳されてジャズからファッションまでアメリカ様々でしたね。 ですが半世紀経っても日本は全てにおいてこんな風にはなっていません。

当時としてはダグウッドが作るでっかいサンドウイッチにパストラミやアボカドのなどの見たこともない食品を使うので一度食べたいと思っていました。 ですが、ブロンディが消毒のために雑巾を煮ているとダグウッドが味見をしてしまい「今日のスープは格別美味しいネ!」という場面では・・・おえ~!

☆ダグウッドのサンドウイッチについてはダグウッドの特大サンドイッチ Dagwood's Oversized Sandwiches On The Menu

Blondie TV Series Intro (1968) - YouTube
Blondie TV Series (1968) - YouTube
Dagwood & Blondie on TV CM - YouTube

私の手持ちの漫画本から2ページ
(クリックで拡大)
b0002123_11142552.jpg
お風呂のバブルと間違えてセメントの残りを入れてしまったダグッド。
b0002123_11144856.jpg
眠れないとキッチンに下りていって特大サンドイッチを作るダグウッド

アップした時点では表示されていたのに消えてしまったので
後からPC内に残っていた画像を探して再アップしましたがエキサイトブログでは画像が消滅することがままあります。(ファイルを捨てちゃった時には又スキャンせねばならない。)


同じ大恐慌の時期に、親に結婚を反対されたお嬢様が家出してニューヨーク行きの夜行バスに乗り込み、フィアンセの元へと逃避行します。 そのバスでニューヨークの新聞記者と出会い 、最初は気の合わない二人が反発しあいながらも次第に惹かれあっていくストーリーの映画は或る夜の出来事
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-25 14:26 | アニメ & コミック

僕も髪切ったぞ

b0002123_7462062.jpg

かっくいい?
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-25 07:46 | マゴのお部屋

松本かつぢの「くるくるクルミちゃん」

私の子供時代は毎年新年にカルタや羽子板を頂いたものでした。 押絵の重たい豪華な羽子板はお飾り用ですが、軽い一枚板の羽子板は庭で羽根突きに使いました。 そのなかでも好きだったのが松本かつぢ画の「くるくるクルミちゃん」羽子板でした。 この手の羽子板は羽根(じょじょ)が当たると ムクロジの重みで板が軽く凹みましたね。

そのお気に入りの羽子板はどうなったかって? 見事真っ二つに割れたのでした。 なぜ? 実は家に大きなシェパードがいて、名前をクッキーといいましたが、この犬がワタクシメを追いかけるのでした。 遊ぼうと思ったかどうかは不明ですが、子供心に怖いのと憎らしいのとで、いつか仕返しをしてやろうと虎視眈々とチャンスを伺っておりました。 そのクッキーが縁側の外を徘徊していたので、そっと戸を開けて羽子板を突き出し、通るのを待ち構えていました。 それってんで脳天めがけてそれを振り下ろしたのです。 それで羽子板は無残にも真っ二つ! クッキーですか? 何事もなかったかのように通り過ぎていきましたよ。 とほほ、悪いことはできないもんです。

松本かつぢ----昭和の可愛い!をつくったイラストレーター
b0002123_21424459.jpg

大人の塗り絵画集 松本かつぢの世界
b0002123_21445385.jpg

その「クルミちゃん」ですが、松本かつぢ先生の代表的なキャラクターです。 絵本からキャラクターグッズまで幅広く活躍され、このような可愛いらしい絵は大好きでした。

松本かつぢギャラリー
こちらのサイトには「中原淳一と人気を二分する画家」と記述がありますが、私には異質のものという感があります。 勿論どちらも大好きです。

くるみちゃんの画像をアップ出来ないのが残念ですが、松本かつぢのギャラリーでタップリご覧下さい。

英語ですが松本かつぢの漫画がたくさん見られるhttp://www.tcj.com/matsumoto-katsuji-and-the-american-roots-of-kawaii/
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-24 21:08 | 面白記事

映画のプロダクション・コードとレイティング

1930年に制定され、1934年にProduction Code(映画プロダクション・コード)と呼ばれるようになったアメリカの映倫のこと。 The MotionPicture Production Code of 1930ともいう。

政治家であるウィル・へイズが会長を務めたMPPDA(アメリカ映画制作者配給者協会)が1920年代になって過激化するハリウッド映画を規制しました。 長いキスもご法度でしたが50年代に入って緩み、1966年に撤廃、1968年にG、M、R、Xの4レイト制となる。

Hays Office(ヘイズ・オフィス)とはMPPDAのことで、その後PCA(映画制作倫理規定管理局)が映画の内容を検閲するようになる。
The Hays Code(ヘイズ規制)ともいわれる。

映画製作には先ずPCAを通し、映画が出来上がるとMPPDAで映倫マークをもらう決まりでした。


アメリカ映画の年齢制限レイティングによると以下の5段階にレイトされます。
Gは一般
PG(PARENTAL GUIDANCE)は児童に不適切な箇所あり。 保護者の判断が必要
PG‐13(13歳以下の児童には不適切な箇所あり。 保護者の判断が必要)
R(17歳以下の青少年は親か成人の保護者同伴が必要)
NC‐17(17歳以下は観賞禁止) これにならないよう問題のシーンをカットする

日本でもアメリカに倣って1998年に4段階が制定されました。
Gは一般
PG‐12(12歳未満は保護者同伴)
R‐15(中学生不可)・・・以前のR指定
R‐18(高校生不可)・・・以前の成人指定

週刊シネママガジンのR指定映画の知られざる真実

プロダクション・コードの「未婚のカップルはベッドを共に出来ない」を考慮した或る夜の出来事
麻薬がテーマだったためプロダクション・コードに触れる黄金の腕
暴力や性描写がプロダクション・コードに触れる欲望という名の電車
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-24 20:14 | 面白記事

アコースティック・ギターのマーチンとギブソン Martin Guitar & Gibson

アコースティック・ギターの代名詞となっている世界一のギター、Martin Guitar(マーチン・ギター)を知っていますか?

私はよくは、いや、まったく知らないので調べてみました。

私の好きなフランス女優のブリジッド・バルドーは映画「私生活」の中でフォーク・ギターで弾き語りをしていましたが、マーチン・ギターも使っていたそうです。

マーチンはGibson(ギブソン)と並ぶ電気を使わないギターの老舗ですが、マーチンもギブソンもモデルや年代によって構造や材質が違い、それにより音も変わるそうです。特に古いモデルのギターは木材等の経年変化もあり、歳と共にサウンドも変化するので、マニア垂涎のヴィンテージ・サウンドとなって珍重されるそうです。

マーチンの音 ギター色々

アコースティック・ギターにはクラシックギターとフォークギターがあります。 そういえば最近話題の映画「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」の伝説のカントリー歌手で「ジョニーキャッシュ」もギブソンでしたね。
私も若かりし頃、赤いガット・ギター(クラシック・ギター)を買って教本にある「禁じられた遊び」を練習したものです。 オモチャ同然の安物で当時2000円位でした。 電車の初乗りや手紙が10円の頃です。

スチール弦のピックギターというのはブルースはもとより、カントリー・ウエスタンの歌手が使っていましたね。 いずれも電気は使いません。 日本で電気ギターが流行ったのはベンチャーズになってからでしょうね。

白蝶貝等を埋め込んだ豪奢なインレイ・ギターにはマーチンD—45がありますが、”マーチンD”のDはドレッドノートの「D」なんだそうです。アバロンと呼ばれる鮑貝を埋め込んだギターは反射して見飽きることがないほど美しいそうです。とはいえ、マーチンやギブソン等の有名なギターはサウンドが一番であってデザインはその後だそうです。

グレッチといえばロックンロールやロカビリーですが、フェンダーは? テレキャス!
フェンダーをジャズに取り入れたのはウィリアム・モンク・モンゴメリーだとか。

「ドレッド」についてはいつもブルースやギターの記事ではお世話になっているKen-sann様のブログのTrouble Travelers - Elmore's Guitarをご覧下さい。
この記事も訂正して頂きました。いつも有難うございます!

The Martin Guitar Company(マーチン・ギター社)

ちなみに、かの有名なブルースの王様と呼ばれるBBキングの愛用ギターLucille(ルシール)のモデルとなった”ES-335”はセミアコといってセンターブロック付きのホロー・ボディなんだそうですが、BBキングのルシールは特注でソリッド・ボディのモデルも使うそうです。
※上記のリンク先でBBキング自身がルシールについて語っている音声クリップが聴けます。

日本のマーチン・ギターのファンサイトはこちら
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-19 12:16 | 音楽

アンゼリカ Angelica

b0002123_15423960.jpgフルーツ・ケーキを食べたことはありますか? 干し葡萄や刻んだ砂糖漬けのチェリーに混じって緑のものが入っていますね。 あれがアンゼリカの茎の砂糖づけです。私は蕗だとばかり思っていました。

アンゼリカは料理やケーキに使用する他は天然ハーブとし用いられます。 芳香のあるエキスは酒類の香り付けとして、又エッセンス・オイル(精油)としては美容や健康維持に効果があるそうです。

原産地はヨーロッパ北部、アイスランド、中央ロシア、トルコなどで、通常根、茎、種の部分を使用しますが葉は魚の匂い消しとして料理に用います。  日本の明日葉は天婦羅にすると美味しいですね。
アンゼリカは学名をAngelica archangelica、日本名をヨロイグサとかヨーロッパトウキ(又は明日葉)といい、最高3メートルにもなるセリ科の植物です。 

古くから強壮作用があることや緊張性疾患に効果があるハーブとして知られてきましたが、肉体労働の後の疲労回復にはアンゼリカ風呂が効果的でしょうかね。(高血圧、妊娠中、授乳中の方はよく注意書きを読んでから) なになに?こむら返りにも効くって! それではインドボードのやり過ぎで夜中に足がツルkoukinobaabaにもってこいだわね。

リキッドを飲むのはちょっと・・・と思うけど風呂に入れる位なら心配ないでしょう。 なんたって昔からお菓子に入っているんだから。

変わったところでは、アンゼリカの根っこは魔女の呪いを防いでくれるといって魔術のオマジナイにも使いますよ。 ケイト・ハドソン主演のスリラー映画スケルトン・キーのオフィシャル・サイトで魔術のページがあり、その呪文を作るアイテムの中にのアンゼリカの根が含まれていました。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-17 16:20 | アロマのお部屋

レンズ豆? ひよこ豆? лещен?

лещен ・・・なんだか分かりますか? 昨日、私の映画と音楽のブログAudio-Visual Trivia にこのлещен(aemeh)という検索語句でアクセスが来ました。

私のエントリーにこの語句はありません。 どうやってアクセスできたのかは不明です。 どういうわけか私のブログには外国からアクセスがかなりあり、何語か不明の語句が検索語としてアクセス解析に出ます。 最近はトルコからもアクセスが多いのですが多分トルコ移民関連の映画「愛より速く」のエントリーに来てるみたいです。 ですがこのエントリーにはлещенに関連する語句はありません。

b0002123_20524359.jpgはてな?と、まずこの語句を調べてみました。 どこの言語なのか・・・どうもブルガリアあたりのようです。 そうすると意味はレンズ豆? しかし、私のエントリーにはやはりレンズ豆の語句はみあたりあません。
ですが、もしかして?と、関連する語句を探ってみると、このエントリーIt's All Gone Pete Tongの最後でフムスについて触れています。 フムスとはトルコや中東あたりのパンに塗るひよこ豆のペーストです。
このひよこ豆(Chick Pea=Garbanzo Bean)というのは乾燥豆類の一種でレンズ豆(Lentils=Lenz Bean)も含むそうです。

果たしてこのエントリーにアクセスしてきたのか・・・謎です。 もうひとつはブルガリア南西部の観光地にもなっていて鉱泉の出る簡素で伝統的な村の一地域の名前です。 これはどう考えても私のブログには全く関係ないです。 謎の語句лещенは単に文字化け? 
Help! ブルガリアについて詳しい方の訂正をお待ちします。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-08-16 13:06 | 面白記事