<   2005年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

マウストレイル Cursor Trail

あるサイトに行ったらマウスに何かがくっついてきて離れなかったことはありませんでしたか? これがマウストレイル又はマウスフォロワーとかマウスストーカーとか呼ばれるものです。 何年も前にMSNでもやっていました。 マウスに例のMSN蝶々がヒラヒラくっついてきてリンクをクリックしようとすると・・・その蝶を押してしまい、MSNに行ってしまったりしたことがありました。 たいていの人はいらついてこんなページは見たくない!と思った経験があるでしょうね。 でも一度は試してみたいと思ったこともあります。 JavaScript(DHTML)で書かれているそうです。

FLASHでも作るそうですが、スクリプトを詳しく説明されているサイトはこちらですが私にはとうてい理解できません。

上記のサイトはFLASHについて大変詳しく教えてくれています。

こういうのを見ずして、かってマクロメディアのFireworksでマルを動かすことを試しました。  こちらで書かれているように、フラッシュは私には本当に難しいのです。 マルが動きません! やっと動いて、マルのなかに文字を入れてみようとしたら、文字がオイテケボリを喰ったり、とんでもない時にピカっと現れたりと・・・分かる方には分かるミスです。 笑えるでしょ?

初めての、そしてこれっきりの高度なGIFアニメ by koukinobaaba
b0002123_13193353.gif


フラッシュといえば、そうそう、ビデオで撮ったものを短くswfファイルにしてサイトに載せたこともあります。 ビデオというのはメッセンジャーのチャットに使用するカムです。

こちらは簡単なアニメーションGIF
b0002123_9582450.gif

[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-31 07:10 | 面白記事

GIFアニメのネオン・サイン Neon City

貴方のサイトにネオンをつけてみませんか?

イギリスのGraham Coupe氏が作ったサイトでGIFアニメのネオン・サインを無料でダウンロードできます。 欲しい画像を右クリックして名前を付けて画像を保存にして下さい。 Neon Cityをリンクすれば使ってよいそうですよ。
Paintshop Pro、Adobe PhotoshopとMicrosoft Gif Animatorで製作しています。 どうやってかって?、それは秘密だそうです。 ネオンは難しいのでしょう。 そして、残念ながら、リクエストは受け付けていません。 忙しくて製作時間が限られているので、多くの人々に見られるネオン・サインを作りたいんだそうです。 よって、Hot'n Coolと輝くネオンは絶対ありません。 お願いしたら作って下さるでしょうかね。

名前のネオンのページはこちら
もし貴方がKarenさんなら、名前のKarenをクリックするとKAREN'S HOME PAGEというネオンが現れますよ。(大小があるので選んで)
b0002123_96736.gif



ハートのネオンを使用したAudio-Visual Triviaのエントリーはシン・シティ
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-30 11:23 | 面白記事

切らない若返りのフェザーリフト

1966年にロシアの形成外科医Marlen Sulamanidze(スラマニーチェ博士)がポリプロピレン製の外科用縫合糸The Aptos threads(アプトス糸)を開発しました。 Threads Liftとはその糸を特殊な手術用針で皮下に入れるのだそうです。 全長に双方向のうぶ毛状トゲトゲがついていてるので皮膚との間にトンネルが作られ、そこに元々あったコラーゲンが増殖して結果的にシワがなくなるんだそうです。 切開しない非外科的なフェイスリフト法であるThreads Liftは特に頬に効果が有るそうで、お肌が若返るんですってよ!

このRussian threads(外科用糸)を使ったThreads Lift(ロシアン・リフト)は又はFeatherlift(フェザーリフト)とも呼ばれる一種の美容整形がお目見えしました。 現在はスパイラルリフトというものだそうで、ちょっとたるんできたかな?という30代から50代の方のフェイス・リフトにはもってこいなんだそうです。

このエントリーはスパイラルリフトをお勧めしているわけではありません。 美容整形にはくれぐれもご注意下さいね。


永遠の美女 ジャクリーン・スミス
b0002123_8452431.jpg
ところで、1976年に始まったテレビ・シリーズの”チャーリーズ・エンジェル”を知っていますか? その初代トリオである3人の地上最強の美女たちは、髪型が一世を風靡したファラ・フォーセット、知性派のケイト・ジャクソン、そしてエレガント派のJaclyn Smith(ジャクリーン・スミス)でしたね。 第5シーズンまで引退することなく出続けシリーズの顔になり続けたのは、ジャクリーン・スミスですが、他の二人がそれ相当にお歳を召しているのに比べて全然変わらないのですよ。 芸能界七不思議、あまりの美しさに整形をしているのではとやっかむ巷のウワサです。 もしかするとスパイラルリフト? なんてね。 お気の毒に、並外れて美しいとどうしても疑惑のターゲットになりますね。

☆英語のサイト チャーリーズ・エンジェル(注意 すぐ音!なので最小にしてからクリック)

よく叶姉妹が整形だとかなんとか言われていますが、たとえ全く同じことをしても土台のカンケイでアアはなりません。
でも最近はヒアルロンを顔などに注入するらしく世界中の年齢のいった女優さんたちが皆さんぷっくらしてます。
叶姉妹みたいに美しくなれるなら何でもしますよ・・・が、私はうんも〜っ 無理!
ヒアルロンなら将来的に膝関節の痛み用に注射するかも。 とほほ。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-26 08:16 | 面白記事

アロマ・オイル・ディフューザー

テレビなどでも色々取り上げられ一般に浸透しつつあるアロマですが、私が今一番気に入っているアロマ・グッズはアロマ・オイル・ディフューザーと呼ばれる電気式アロマ・ミストです。 電気ですが熱ではなくて振動によりアロマ・オイルを噴霧するそうです。 それに加えて滝の近くにいるようなイオン効果もあるのでアロマテラピーにはもってこいです。

b0002123_23304481.jpgアロマ・キャンドルの炎もロマンティックですが、この優雅な流線型の芳香拡散器はアロマ・オイルが霧状に噴出して香りを漂わせるだけでなく、見た目も幻想的で心が落ち着きます。 明かりを落とした部屋で音楽を聴きながらのリラクゼーションやベッドのお供になどと昼夜を問わず活用できますよ。
問題はお手入れです。アロマで汚れた内部をアルコールでふき取るのに手間がかかります。


先週、神戸の舞子という所に行って来ました。 コンサートなどのイベントが常時行われる舞子ビラです。 去年は気が付かなかったのですが、ホテルのロビーや各階のコーナーにドライフラワー&アロマが置いてありました。 一昨年行ったポートピアホテルではリラクゼーションを取り入れてエステやヒーリングなどの設備がありますが、フランス風エステティックサロンは予約が取れなかった位に人気があります。 

病み付きになった知人は毎週アロマ・マッサージに通っていますよ。 マッサージ・・・といえども”按摩”を想像しないで下さいね。 どちらかというとエステですからね。 アロマ好きは年配の方よりも若い女性が多いです。(年寄りはアロマは馴染みが無いから・・・アロマより蓬のお灸)

☆「アロマテラピー」の過去記事はHot'n Cool内のリラクゼーション にはアロマテラピー

ディフューザー アロマオイル 通販
bluemoon
(アフィリエイトではありません)
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-25 23:51 | アロマのお部屋

ブログ1周年記念

本日はブログを始めてから丁度1年目です。 2004年7月23日に初めてブログの記事を書きました。 それはキャメロン・ディアスの「真夏の出来事」でしたので、それを記念して本日は映画のエントリーとしてキャメロン・ディアスの新作「In Her Shoes」をAudio-Visual Triviaからアップしました。

現在は二つのブログをジャグリング! Hot'n Coolで面白ニュースを、Audio-Visual Triviaで音楽と映画のエントリーをアップしています。 今後とも宜しく。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-23 21:20 | 面白記事

WDIA アメリカで始めての黒人による黒人のためのラジオ局

ブルースはお好き?

WDIAというラジオ放送局のことを耳にしたことはありますか?
b0002123_233846.jpg


WDIAとは1947年にテネシー州メンフィスで開局したアメリカ初の黒人による黒人のためのラジオ局のことです。 WDIAの歴史(英文)

1920年代にWDIAが開設されるまでは音楽放送は他の全てのもの同様に白人による白人のためのでした。 つまり黒人音楽は放送しないか、ブルースは放送しても、ブルースを歌う黒人は締め出されていたのです。 詳細はAudio-Visual TriviaのBBキング

なんと、その伝説のラジオ局が今でも健在なのです。 ただしブルースばかりでなくアーバンが多いそうです。 今やオンラインでライブ放送が聴けるインターネットの時代になりましたね。 ブルースの名残が聴けるかも。

アメリカ初の黒人ラジオ局WDIAのオンライン・ラジオを聴くにはWDIAのサイトで上のメニュの一番左ListenLiveをクリックして現れるWDIAのバナーをクリックして下さい。
b0002123_7532493.jpg

IEの5以上でJavascriptを有効にしてないと聴けません。 (インタネット・オプションのセキュリティのレベルのカスタマイズ)
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-21 08:04 | 音楽

ドリス・デューク邸 ”シャングリラ”

夏だから、ハワイ!

ハワイはホノルル、ダイヤモンドヘッド岬にある美貌の大富豪”Doris Duke(ドリス・デューク女史)”所有の豪華な別荘は”Shangri La(シャングリラ)”と呼ばれるハワイの歴史的建造物だそうです。
上記のリンク先で”Start the virtual tour”をクリックして邸内のツアーを体験してください。

東欧や東南アジア圏の芸術品収集家でもあるドリス・デューク(1912年~1993年)は若干12歳で大財閥の煙草王デューク家を継承して、1930年代から2年かけてイスラム文化色の大邸宅を建設したそうです。

ドリス・デュークの亡き後、”シャングリラ”美術館としてDoris Duke Foundation for Islamic Art (ドリス・デューク・イスラム芸術財団)が所有しており、2002年から年2回のツアーにて一般公開されています。

実際にこのツアーに参加された方のサイトはこちら

Doris Duke: The Southeast Asian Art Collection
Nancy Tingley / Univ of Hawaii Pr
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-18 11:36 | 面白記事

禁止用語と差別用語

洋画のサブタイトルでDeafという言葉が付いているものがありましたので、日本語でズバリ書いていいものかどうかをGoogleってみました。

”禁止用語”を検索してまず、表示されるのが「差別語」と「放送禁止用語」です。

放送禁止用語とは人に不快感を与えるような言葉を自主規制しているのであって、放送禁止用語のリストなるものは存在しないようです。 自粛する場合と表現上であえて強調する場合があるようです。 最近はわざと卑猥な言葉を発してピー音を入れて楽しんでいるかのような番組もあります。 ピー! ピー!

映画のなかで、ヌード・シーンやベッド・シーンでのボカシみたいに、突然無音になったり、音声が途切れたりしますね。 ボカシも無音も歓迎できませんが、人が不快かどうか・・・数字では表せないから難しいです。 ただし古い名画など芸術性の高い作品では冒頭に断りを入れてそのまま放送することもあるようです。

1990年代後期に発行された児童文学の名作絵本で日本では1953年に広く読まれるようになったThe Story of Little Black Sambo(ちびくろさんぼ)は差別問題で1988年に一斉絶版の憂き目をみた。出版社側からの自粛といわれているが薄気味の悪い話です。魔女狩りにも似た糾弾まがいの運動ですね。いえ、弱者の側に立った人道的なコンセプトに基づいているのでしょう。
1973年から連載された漫画で手塚治虫の「ブラックジャック」の第4巻37話に「植物人間」があったのですが別の話に差し替えられたとか。植物状態の人間なら良いのだって。
一番新しいところではマーク・トウェイン(ミュエル・クレメンズ)が書いた1885年の「Adventures of Huckleberry Finn(ハックルベリー・フィンの冒険)」では215回も使用されている”nigger(黒ん坊)”という言葉が問題となってきましたがとうとう”slave(奴隷)”に置き換えるのだとか。

いくら言葉を消しても心は消せないですがね。
はたして差別(いじめ)の無い社会って作れるのでしょうか。差別特高警察を新設し、ちょっとでもその気があればが嗅ぎ付けて来て、投獄および拷問なら減るかも。「もう差別はしません」と宣誓書でも書いて放免。 なんてね、怖っ!
ちなみにカルピス飲料の商標は黒人がストリーでグラスのカルピスをストローで飲んでいる図柄だからと問題になったそうですが、子供時代にカルピスのポスターをあちらこちらで目にしてきた私は、ずーっと、黒いバッタの絵だと思っていました。
大正時代から使用されたというこの黒人のマークは1980年代に消滅しました。

子供の頃読んだCarlo Collodi(カルロ・コッローディ)のPinocchio(ピノキオ)に出てくる”痿躄(ゐざり)”や”聾(つんぼ)”なんていう言葉は当然削除されているでしょう。 多分、いざりもびっこも 「足の不自由な」 とか何とか。

☆イタリア語ですが「ピノキオ」がAdobe Acrobat Readerで読めるLe nostre pubblicazioni - Pinocchio(ページ一番下のPinocchioをクリック)

☆英語ですがオリジナルではない「ちびくろさんぼ」の挿絵とお話が読めるThe Story of Little Black Sambo

こちらが放送禁止用語一覧差別語一覧ですが、ではインターネットの世界では使用していいのでしょうか? 答え

こちらには差別用語を擁護しない意見があります。

結論として私が探していた英語のDeafは”耳の聞こえない”とか”聴覚障害者の”と辞書に定義されています。

ご注意! 「外人(ガイジン)」は差別用語なんだそうですよ。(基準がイマイチ・・・)
でも外国の方々が不快に感じるのであれば、これから「外国人」と呼びましょう!

ちなみにこの件はAudio-Visual Trivia内の記事「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界 It's All Gone Pete Tong」について検証していた時に書きました。

※文中はDeafを「つんぼのDJ」ではなくて「耳の聴こえないDJ」としてあります。

公然と「つんぼ」と「めくら」入りの歌詞が電波にのった時代がありました。
服部良一が作って笠置シズ子という素晴らしいブギウギ歌手が大ヒットさせた「買い物ブギ」です。戦前に流行ったブルースのBoogie-woogie(ブギウギ)なんですが、曲の題名はヴギとなっています。
買物ヴギ 笠置シヅ子 YouTube
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-17 11:38 | 面白記事

おしごと!おしごと!

b0002123_1244413.jpg

ぼくたちもパパみたいにカバンを持って、ハイ!行ってきまーす!
向こうがこう君で手前がゆう君
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-15 12:44 | マゴのお部屋

これでもプール?

b0002123_10305184.jpg
まえのプールはお庭いっぱいだったのに、こんどのはなんてちっちゃいの!
[PR]
by koukinobaaba | 2005-07-15 10:30 | マゴのお部屋