黒の金曜日 Black Friday

「Black Friday」のお買い物についての宣伝メールを受け取ったので、黒い金曜日とは何かを調べてみました。
Black Friday 2008 Has Arrived!

「ブラック・フライディ」とはアメリカ合衆国におけるクリスマスセール及び年末商戦の始まりなんだそうです。本来の意味はインディアンに感謝するという”感謝祭”の翌日の金曜日のことだそうです。この感謝祭は11月の第4週目の木曜日なので翌日は金曜日になるわけです。木曜日、金曜日、そして土日という大型連休ですから街に買い物に繰り出すのです。これを狙って商店はセールを行うわけです。

※この習慣は1920年代に有名デパートのマーシーズ百貨店が行ったクリスマス・パレード(Macy's Thanksgiving Day Parade)から来ています。 これについてはAudio-Visual Trivia 内の1947年の映画「三十四丁目の奇蹟(Miracle on 34th Street)」に描かれています。

そして、この場合の黒は、株の大暴落を表したBlack ThursdayやBlack Mondayとは違い、クリスマスツリーも売られ始めるこの時期にクリスマス用のデコレーションを早めて目玉商品で客をつって売り出しを開始するので商店の赤字が黒字に変わるという良い意味です。
日本でも「歳末大売出し」といってセールが始まります。安いかどうかは分りませんが、とにかくジャンジャカ、ジャンジャカと音も賑やかに飾りつけも華やかに人々の心をウキウキさせて財布の紐をゆるくさせます。中身が入ってればの話しですが。
ですが、アメリカでの経済危機のせいで盛り上がらない年になったらしいです。

日本は感謝祭とは無縁のようで、日本だったら野球チームの勝利に伴うデパードなどの感謝セールの方が買い物客が押し寄せるみたいですが。後は歳末に正月用品を買う客でアメ横が賑わいます。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-11-26 14:38 | 面白記事
<< スロッピー・セカンズ Lone... 乾燥赤唐辛子 >>