iTunes アップデート 2008 11 22

昨日、「iTunes 8.0.2.20」のアップデートをしましたが、今回はなぜかスムースに終わりませんでした。

クイックタイムの問題itunesを起動できません」と表示されてiTunesのアイコンがタスクトレイから無くなってしまったのです。
ひぇーー!

WindowsXP iTunes 7.7 以降に上記のトラブルが生じた場合の解決方法
スタート>コントロールパネル>プログラムの追加と削除
現在インストールされているプログラムのリストからQuickTimeを選択して削除する。
無償プレーヤーのダウンロードでQuickTime 7を新規にダウンロードする。デフォルトでは、”プラスiTunes” になっているのでチェックをその下の、「iTunes を含まない」に変更する。
QuickTime をインストールしたら再度iTunesを起動するとOK!

ショートカットエラー
前回同様にタスクバーのiTunesショートカットをクリックすると「この操作は現在インストールされている製品に対してのみ有効です。」と表示されて開かないので、タスクバーののショートカットは削除してデスクトップにあるショートカットをドラッグしてくる。

前回のPodcastの更新が手動になった点は相変わらずです。このままなんでしょうね。
次回12月のアップデートで修正されるかと思ったら又駄目でした。

が、2009年新年を過ぎた頃に気が付いたのですが正常にiPodのダウンロードを始めるようになりました。
やれやれ。

ところが、2009年秋のアップデートで再びショートカットエラーとなってしまいました。
アップデートの度になんらかのトラブルが起こります。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-11-23 09:29 | 面白記事
<< スの入った大根の調理方法 1歳になったゆうご君 >>