ジョー・キャリコット Mississippi Joe Callicott

ジョー・キャリコット(1899年-1969年)は戦前から歌っているミシシッピー出身のデルタ・ブルース(カントリーブルース)の歌手で、1930年代に”Fare Three Well”と”Travelling Mama Blues”の2曲を録音したそうです。

ディープサウスの知られざる伝説のブルースマンとして知られるジョー・キャリコットの曲を私が最初に聴いたのがアコースティックギターのリズミカルな演奏が素晴らしい”Laughing To Keep From Crying”です。
この曲はアルバムの「Aint' A Gonna Lie To You」に収録されています。
最後の録音となった1967年と1968年のセッションも含んでいるアルバムなんだそうで、ジョー・キャリコットの名曲といわれる”Love Me Baby Blues”は”France Chance”として収録されています。
試聴はAint' A Gonna Lie To You - cd Universe

※”Drop down baby, just like showers of rain..., Hum, hum,hum”と歌われる”Love Me Baby Blues”は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の制作で有名なライ・クーダー(Ry Cooder)がアルバム「RY COODER 」に収録したカバーでもタイトルが”France Chance”なんだそうです。

ジョー・キャリコットはこんな顔
b0002123_2138767.jpg
North Mississippi Blues
(Fare Three Well & Travelling Mama Blues)

1968年といえばテネシーのオヴァートン・パークで開催されたメンフィス・ブルース・フェスティヴァルで演奏したそうで、ブッカ・ホワイト(Bukka White)の「1968 Memphis Country Blues Festival」というアルバムにYou Don't Know My MindやGreat Long Way from Homeなどが収録されているそうです。
「ブッカ・ホワイトのフェスとセッション集」

b0002123_2134183.jpg
Love Me Baby Blues”をはじめライブ録音がたくさん収録されているアルバムには「Mississippi Delta Blues: "Blow My Blues Away", Vol. 2」があります。

”Love Me Baby Blues”は収録されていない別のアルバムの試聴はComplete Blue Horizon Sessions - HMV.com

♪アルバムの「Aint' A Gonna Lie To You」から”France Chance”が聴けるwfmuラジオのプレイリスト
Playlist for Dan Mackta - May 26, 2003
Listen to this show: RealAudioをクリックしてプレーヤーのクリップポジションを1:40:30に移動するとすぐ聴けます。

♪アルバムの「Aint' A Gonna Lie To You」から”Fare Three Well”が聴けるwfmuラジオのプレイリスト
Playlist for Trash, Twang and Thunder with Meredith Ochs - July 7, 2003
Listen to this show: RealAudioをクリックしてプレーヤーのクリップポジションを2:20:44に移動するとすぐ聴けます。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-11-14 21:42 | 音楽
<< 万華鏡 Kaleidoscope インスタント・メッセージ Ch... >>