生キャラメル

生という文字が頭に付くとなんだか美味しそうに聞えます。
生チョコというのはバレンタインデーの贈り物としても人気ですが、最近は生キャラメルが話題です。

「生キャラメルで脅迫」事件は別として、生キャラメルなら田中義剛の花畑牧場の限定販売が有名のようですが、私が今回頂いたのは同じく北海道の(株式会社)北海道村の製品で「バンビの生キャラメル」です。花畑牧場の生キャラメルは12粒入り、税込み850円の手作り限定販売で生産が追いつかないようですが、バンビは入手が容易いようです。
b0002123_12142362.jpg

私が食べたのは約60gで600円ほどの商品で、キャンディーのように両端をねじって包装された2cm×1cmほどの生キャラメルです。チョコでコーティングされた小さなキャラメルですが、ホワイトチョコで包んだ製品もあるそうです。
生だから賞味期限があり30日とされていて、配送はクール宅急便だそうです。
私は最初、常温で置いてあった生キャラメルを食べたのでコーティングのチョコがパリッとしていなかったのですが、本当は頂く直前まで冷蔵庫に保存しておくのだそうです。急いで冷蔵庫にしまいました。
生キャラメルは喉が痛くなるほど甘いです。

いいもの北海道 バンビ製品

ちなみに今ロンドンで売り出されて人気な商品は信用危機(Credit Crunch)と名付けられたチョコだそうです。 日々の糧である食品が軒並み2割以上値上がりした石油危機ですが、金融危機もあいまって家計を圧迫しています。

追記:
花畑牧場を装った偽生キャラメルから目下話題のメラミンが検出されたそうです。不正競争防止法違反容疑で捜査中に見つけたそうですから、ちょっとした「瓢箪から駒」です。
ご注意! 偽ブランドは「花ばたけぼくじょうの生キャラメル」
[PR]
by koukinobaaba | 2008-10-21 12:09 | 面白記事
<< 和幸のとんかつ ピンク・アンダーソン Pink... >>