エキサイト・ブログのスパム拒否設定を解除

数日前にエキサイト・ブログのマイブログ情報にある”マイブログ設定”の中で、200くらいあった 「ID・URLの拒否設定」と「IPの拒否設定」と「キーワード拒否設定」を解除しました。
ただし、「リンクがないトラックバックを受け付けない」と「半角英数記号のみのコメント・トラックバックを受付けない」にチェックは付けたままです。

スパムに書かれた嫌な言葉を拒否していったら、自分がコメントしても拒否されるほどたくさんのキーワードを登録してしまったのです。

今のところ、スパムを受信していませんが、又スパムがつくようになったら新たに拒否設定に登録していこうと思います。
さて、今から何日目頃からスパムが送信されて来るでしょうか。

追記
2008年10月1日
半月経過してもスパムは送信されてきません。

「言及リンクなしのTrackBackはspam」説もあるなか、さらに、実験的に「リンクがないトラックバックを受け付けない 」のチェックも外してみました。
つまり、言及リンクがなくてもトラックバックを受け付ける設定にしたのです。なぜならトラックバックの送信元が送信する先のリンクをつけていることの方が少ないのです。数年前まではトラックバックを送信していた私も、「同じ内容を私も書きました!」程度の認識でしたからトラックバックを貰って訪問してみたら、私のリンクがあったのでリンクを貼って下さったのにトラックバックも?と驚いた覚えがあります。 ご丁寧にありがとございます。
この設定でスパムがひどくなった時点で再びチェックを付ければ良いわけです。

追記:
2008年11月から3件の類似したサイトからスパムコメントが付きました。アフィリエイトでもしているのでしょうか、一つの文章で何百というブログに送信しているようです。こればかりは卑猥なのでキーワードやURLの禁止設定にしました。12月には一日に2件のスパムコメントやトラックバックが送信された日もありました。どこでもキーワードの拒否設定をしているからか、文字と文字の間に点(ピリョオド)を入れたりと文言もかなり工夫されています。これらのワイセツ文言を禁止にすればOKなんです。

ブロガーがブログの特徴であるトラバとコメントを一切受け付けない設定にすればこの悩みは解消されるでしょうがね。 本末転倒

追記:
2011年には日本語のワイセツなトラバやコメントは皆無になりました。
トラックバックを全て受け付けない設定した後、ドイツ語やロシア語のスパムと思しきコメントが時々入りますが読めないから削除するのみ。
スパムのトラックバックやコメントにうんざりして数年経過、2011年4月に楽天ブログはトラックバック受け付け機能を廃止しました。ブログのユーザーがmixi や Twitterなどの外部サービスを通じて広がっている現状と多くの迷惑トラックバックがユーザの負担になるからだとかですが、ユーザーは他ブログにはトラバを送信できるそうです。(楽天サーバの負担じゃねえの?)
[PR]
by koukinobaaba | 2008-09-15 19:18 | 面白記事
<< ディスクの空き容量が不足しています オブジェクトを指定してください... >>