ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ Hedwig and the Angry Inch (2001)

Punk Neo-Glam Rock Musical
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
b0002123_2327097.jpg
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(Hedwig and the Angry Inch)」を監督したジョン・キャメロン・ミッチェル(John Cameron Mitchell)は1963年に生まれたテキサス出身の俳優でもあります。

1985年にカミングアウトしたジョン・キャメロン・ミッチェルが1988年に「三つの性」をテーマに原作を書き監督自ら主演もしたロック・ミュージカルの”Hedwig and the Angry Inch”をオフ・ブロードウェイ(ブロードウェイの小劇場)で初演後、2年半以上のロングランを記録して評判となったことから、2001年にはこの舞台を映画化したそうです。「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は2001年のLA批評家協会賞(Los Angeles Film Critics Association Awards)でニュー・ジェネレーション賞(New Generation Award)を、そしてBerlin International Film Festivalで最優秀長編映画賞を受賞した他にも数々の映画賞を受賞した映画です。

演劇としても大変有名な「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」はジョン・キャメロン・ミッチェルの父が軍人でドイツの基地内に居住した経験もあることから、1961年に東西を分断する壁(Berliner Mauer)が築かれたベルリンから始まる戯曲が書かれたのでしょうか。

この映画が公開された2001年は私がインターネットに夢中になり始めた年で、アメリカの映画サイトでこの「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の情報を見て以来、ぜひ観たいと思っていました。
※2001年は脅威の同時多発テロがあった年でもあります。
当然未知の題材だったので最初はアングリーインチをアグリーインチだと思ってしまいました。醜いインチではなく怒りのインチだったのです。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」はキャスト良し、音楽良し、映像良しと三拍子揃った希有なロック・ミュージカルです。恐るべし、はジョン・キャメロン・ミッチェル!

ヘドウィグは男性か? 女性か? 中性か?
いやアングリーインチなのです!
Hedwig and the Angry Inch Trailer - VirginMedia.com
Hedwig and the Angry Inch Trailer - Videodetective.com

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチのあらすじ
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」はベルリンを舞台にストーリーが始まります。
アメリカ人のGIと東ドイツ人の母の間に生まれた主人公でしたが、その実父が少年に手を出したことを知った母は犬畜生の父を追い出してしまいました。この経験は少年にとって生涯のトラウマとなったようです。

さて、お年頃になった少年はまるで少女のようです。女の子じゃないなんてアンビリーバブル!
アメリカ兵士に餌として撒かれたクマちゃん型のグミ・キャンディ(Gummy Bear)で釣られてこの世界に入ります。当時は共産圏だった東ドイツで自由を手に入れるためはグミキャンディーの黒人兵士と結婚するのが最短距離ということでした。無謀に壁を突破しようとすれば一斉射撃の憂き目にあいます。

自由の国「アメリカ」に渡るためには黒人兵士の妻としてパスポートが必要ですがなにしろ未成年で男ですから、ママのパスポート一式を譲り受けて名前もママのヘドウィグ・シュミットから取った”ヘドウィグ”を名乗ります。
ところがこれでお終いではありません。この後、さらに高い代償を支払わねばなりません。つまり身体検査に通るために本当に女になるのです。しかし闇医者による性転換手術の失敗から肝心な場所に1インチが残されてしまったのでした。これがタイトルの「アグリー・インチ(醜い1インチ)」というわけです。
Missed it by that much!

美術教師の母親が語ったプラトンの「饗宴(Symposion)」における”三つの性”に感銘を受けた少年は自分の片割れを探すことを心に決めたのだとか。
※「饗宴」は古代ギリシャの哲学者のソクラテス(プラトン記)と喜劇作家のアリストパネスとの愛智的宇宙を問う禅問答のような対話だそうで、ゲイの噂も高いソーちゃん(高津春繁訳?)の演説以外にアリストパネスの、「男と女はもと背中合わせの一体であったが、神によって2つに切り離された。このため、失われた半身を求めるのだ」という演説に惹かれたのでしょうか。少年ヘドウィグも自分の片割れ探しの旅に出ることになったのです。さてその答えを見つけられるでしょうか。

さて、黒人兵士について東ドイツから無事にアメリカのカンザスに行ったヘドウィグでしたが今畜生の黒人の夫は今度は金髪女に目を惹かれ、結局ヘドウィグは捨てられてしまうのです。
その時ベルリンの壁が崩壊したのです。 なんてこった!の切り損か。
悔やんでも仕方がない。 呆然としてもいられないヘドウィグはこれでロックをやる。
女装用の金髪ウィグはファラ・フォーセット(Farrah Fawcett)あり、ティナ・ターナーあり、ストレートあり、ショートあり、ポンパドール風あり、オナペッツありと色々。

バンド名は”ヘドウィグとアグリー・インチ”
「カマ野郎!」と野次る客を袋叩きにする壮絶ライヴです。

ヘドウィグがロックを仕込んで数ヶ月でバンドのスターに育てあげたのがMichael Pitt(マイケル・ピット)が演じるトミー・ノーシスという若いロック歌手で、曲を共同制作もし、二人はロック界の人気者となります。トミーはヘドウィグを女として愛すようになったのです。しかし或る時、感極まったトミーは禁断のアグリーインチに触れてしまうのでした。
仰天したトミーはヘドウィグの曲とともに去る。バンド仲間も去る。

そしてある日のこと、ティーンのアイドルとして成功してリムジンに乗ったトミーがリリースしたCDを持ってヘドウィグを訪ねて来ました。なんとそのクレジットにはトミー・ノーシスとヘドウィグが。ところが歌詞のシリスとオシリスで揉めているうちに自動車事故を起こして逮捕されてしまいます。人気歌手がおカマと同乗!とスキャンダルに。
マスコミに取り上げられたトミーとヘドウィグ。

最後には狂気のステージで女装のカツラもおっぱいパットも取り外してパンツいっちょで歌う”Midnite Radio”が凄い!
歌い終わったヘドウィグはただ一人、剥きたての茹で卵のような生まれたまんまの姿で通りに出て行くのです。

Midnite Radioでは、Patti、Tina、Yoko、Aretha、Nona、Nicoなどの70年代のロックミュージシャンが歌詞の中に出てきます。

この時、ヘドウィグの女装用カツラはミリアム・ショア(Miriam Shor)が演じたヘドウィグの二番目の夫であるイツハク(Yitzhak)に手渡されたのです。
バンドメンバーでもあるイツハクですが、ヘドウィグの夫だからカツラ(女装)は禁止されていたのです。 やっと許されてカツラを渡された時、イツハクは押さえていた女装願望を果たします。 ヘドウィグのクロアチアでの前座に出た時、イツハクはザグレブ(Zagreb)で一番有名なドラァグ・クィーンだったので女装してステージに立ちたい願望で悶々としていたのでした。
涙も浮かぶ感動的なシーンだ。
ヘドウィグから渡されたティナのカツラを被った彼(イツハク)が後ろ向きに倒れるとあら不思議!女装した彼、いや彼女に変身。 綺麗!
Hedwig and Yitzhak - Midnight Radio - YouTube

”Midnite Radio”の歌詞はMidnite Radio Lyrics - Stlyrics.com
Pattiはパンクロックの女王と呼ばれ、アルバムの「Hero」をリリースしたパティ・スミス(Patti Smith)
Tinaは最も“ロック”な女性シンガーとも言われるティナ・ターナー(Tina Turner
YokoはLSD-25の常用者だったというオノ・ヨーコ(Yoko Ono)で、ビートルズからジョン・レノンを分かち解散に追い込み、麻薬・ロック・セックスを下地とした創作活動に没入したニュー・ウェイヴの祖。
Arethaはゴスペル調ソウル歌手ですがロックの殿堂入りしたアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)で、ロックの聖地といわれるフィルモアでキング・カーティス&キングピンズ(King Curtis)をバックに公演をした。
Nonaは1970年頃まで活躍したNona Hendryx(ノナ・ヘンドリックス)で、ローリング・ストーンズなどのロック・アーティストと共演するなどハードロックの分野でも活躍。
Nicoは伝説のN.YバンドのVelvet Undergroundのメンバーだったニコのこと。

ドイツのヘドウィグ、ポーランドのジャセク(Jacek)とクジストフ(Krzysztof)、ユダヤのイツハク、アメリカのトミー、中国のスクイン・リー(Sook-Yin Lee)などなど、キャストは人種のるつぼ!
ツアー国も多様!
アングリーインチのヘビーメイクはプリンタブル!

Hedwig And The Angry Inch: Original Cast Recording
b0002123_021521.jpg

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」で音楽を担当したのはバンドメンバーのスキシプ(Skszp)を演じたスティーブン・トラスク(Stephen Trask)で、プラトンの饗宴を歌っている”Origin of Love”などを作詞作曲したミュージシャンです。フロリダ映画批評家協会賞(Florida Film Critics Circle Awards)で最優秀ソング賞に輝いたスティーブン・トラスクと共にジョン・キャメロン・ミッチェルが 新人賞(Newcomer of the Year)を受賞しています。
スティーブン・トラスクは2004年にポール・ワイツ(Paul Weitz)が監督したコメディ映画のイン・グッド・カンパニー(In Good Company)ではダミアン・ライス(Damien Rice)と共に映画音楽を手掛けている他、2006年にAmerican Dreamz(アメリカン・ドリームズ)でも音楽を担当しました。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のサウンドトラックではオープニングにヘドウィグが歌ったTear Me Down 、Origin of Love、Angry Inch、Equsite Corpse、Wig in a Box、そしてラストのMidnight Radioまでエネルギッシュな曲の数々が楽しめます。
Tear Me Down - YouTube
Angry Inch - YouTube
Equsite Corpse - YouTube

ともかく、パンクロックのバンドメンバーがユニークで笑えます。
ジョン・キャメロン・ミッチェルは映画で吹き替えなしで歌いまくるのですが、ユニセックスのシャンソン歌手である美輪明宏が丸山明宏としてデビューした頃の声にそっくりなのです。ヘドウィグにちょっとメケメケもお願いしてみたい気がします。
ちなみに美輪明宏は「紫の履歴書」の中で「男も人間なら女も人間。とすれば、男が女を愛し、男が男を愛し、女が女を愛しても、神の目から見れば、それはただ人間が人間を愛しているだけではないか」と述べているそうです。

”Wig in a Box”を劇中でさあ、ご一緒に!
I put some make up, Turn on the 8-track, I'm pullin' the wig down from the shelf...と、映画ではカラオケ付きですよ。
Wig in a Box - YouTube

クレジット・ロールでもアニメーターのJohn Bair(ジョン・ベア)が手掛けた凸と凹のアニメが大変ユニークです。最後にもお楽しみ!
Origin of Love with John Bair's animation - YouTube

最後にミリアム・ショアですが、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のオリジナルの舞台や映画版にも、そして「ショートバス」にも出演しています。
ヘドウィグの夫ということで私はてっきり無精髭の男優だと思ってしまい、あのようなセクシーさがどうやったらかもし出せるのかと不思議だったのです。ユダヤ系の女優と聞けば納得。綺麗です。

..............Shortbus by John Cameron Mitchell............
ジョン・キャメロン・ミッチェルの監督の第二作品としては2006年の「ショートバス」があります。
ニューヨークでの同時多発テロ事件(911)以降に懐疑的になり以前にも増して人と人が愛することが難しくなっているといわれる現在を背景に、愛を模索する7人の男女がアングラサロンで繰り広げる性の饗宴に生きる道を見つけようとする様をを、過激なセックス描写をちりばめて映像にしている「赤裸々な性と純粋な愛の物語」だそうです。
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」と同様にジョン・ベアによるニューヨークの街並みのパノラマ風CGアニメが素晴らしいと聞いたのでぜひ見たいと思っています。

グラウンド・ゼロ(貿易センターのツインタワー跡)を見下ろすマンションには空しい人間たちが居住しているらしい。 
自分自身がエクスタシーを感じたことがないのに他人のカウンセリングをしているセックス・カウンセラーがゲイカップルについ悩みを打ち明けたことからアンダーグラウンドのセックス・サロン“ショートバス”を知るようになる、というストーリーだそうです。


追記
少年が釣られたドイツがオリジナルのGummibär(グミベア)は我が家のゆうご君も大好きです。
なのでAmazonで10袋入りボックスを購入してしまいました。
Gummy Bear Song (French) - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2008-09-09 00:55 | 映画
<< アップルの新バージョン App... 突然のネット切断 ネットワーク... >>