DVDの次は ブルーレイ Blu-ray

最近は映画のDVDを購入しようとオンライン・ショップなどを覗いてみると、DVDのは他に「ブルーレイ」という文字を見ます。

ちょっと前まで私は映画のビデオは録画時間で容量を表すVHSで観ていたのですが、もうVHSは古い映画だけしかなくて、新作は全てDVD(約5GB)で発売されます。ここ数年はDVD以外観ることはありませんでした。
つまり、私にとってはビデオ・デッキがDVDプレーヤーに取って変わった次第ですが、今度はブルーレイ・ディスクレコーダーが必要になりそうです。というのも私が今観たい新作映画のビデオはブルーレイで発売されるのです。ブルーレイでもDVDプレーヤーでも観られるフォーマットならばめっけもんです。

HD DVD(High Definition DVD)というのは薄型テレビのハイビジョン映像を記録するために開発された大容量光学ディスク(Optical Disk)の規格ことだそうで次世代のDVDでこれは50GBもの容量があるんですって。これは東芝などが推してしたのですが、ワーナー・ブラザースのBD(ブルーレイ)贔屓により、2008年2月に東芝のHD DVD終息宣言が発表されて話題になりました。
そういえば、ビデオの時代にもVHSとベータがありましたね。

と、いうことで現在は主流の記録媒体のDVDはソニーや松下など9社が推進していた次世代DVDのBlu-ray Disc(ブルーレイ)が主流になるわけで、私が覗くアマゾンなどで映画のDVDを探せば新作はかなりの率でブルーレイがあることが分かります。ブルーレイは画質重視なんだそうで、これからの高画質時代にはぴったりでしょう。ブルーレイに勝負あり!

問題はDVDとはフォーマットが違う現行25GBで将来的には50GBという大容量のブルーレイ・ディスクを観るために専用のブルーレイ・レコーダーを購入せねばなりません。私の母はDVDプレイヤーを買ったばかりなんですよ。

ブルーレイ・レコーダーは5,6年前の45万円という価格からはグンと安くはなりましたが、まだまだ6万から10万円くらいするそうです。
どのくらい待てば2万円くらいになるでしょうかね。えっ、その頃には又違うディスクが現れる?
[PR]
by koukinobaaba | 2008-09-05 22:16 | 面白記事
<< ゆうご君とパパ カルヴィン・ニューボーン Ca... >>