ゲイトマウス・ムーア Gatemouth Moore

フルネームが”Arnold Dwight "Gatemouth" Moore”というちょっと風変わりなゲイトマウス・ムーア(1913-2004)はカンザス出身のジャンプ・ブルースの歌手でワイノニー・ハリス(Wynonie Harris)同様にシャウターと呼ばれ1960年代から1970年代に活躍しました。

ファッショナブルな服装やエレガントな物腰で有名なゲイトマウス・ムーアは1920年代からRabbit Foot Minstrelという長年続いたミンストレルとバラエティのボードヴィル一座に参加した後、16歳の時にベニー・モーテン(Bennie Moten)の楽団に参加しました。シカゴやニューヨークでのセッションでは本名のDwight Moore(ドゥワイト・ムーア)で自作の”I Ain't Mad At You, Pretty Baby”や”Did You Ever Love A Woman?”、そして”Christmas Blues”などのヒットを生み出しました。1947年にキングレコードと契約したゲイトマウス・ムーアはワイノニー・ハリスをキングに推薦して自分はブルースを離れて”The Reverend Moore”としてゴスペルの世界に入りました。1950年代の初期にはチェスレコード(Chess Records)などでゴスペルのアルバムを何枚かリリースしたそうです。
Rabbit Foot Minstrelボードヴィルのメンバーとしては1930年代に初めてレコーディングしたのがRufus Thomas(ルーファス・トーマス)だったそうです。

※1945年にナショナルレコードからリリースした”I Ain't Mad At You Pretty Baby”はDallas Bartley & His Smalltown Boysをバックに吹き込んだそうです。

パーソナル・ラジオのLast.fmではゲイトマウス・ムーアのレパートリーのうち人気があるのは”Were You Loving Me”で、次は”Somebody Got To Go” 、”Did You Ever Love a Woman” 、”Goin' Down Slow”なんだそうです。
☆ゲイトマウス・ムーアの写真とインタビューの他、Ry Cooder(ライ・クーダ)の音源が聴けるGatemouth Moore / Ry Cooder - American Routes

ゲイトマウス・ムーアはこんな顔ではない
b0002123_21452335.jpg

こんな顔(americanroutes.publicradio.org)
Cryin' and Singin' the Blues
♪全曲試聴はCryin' and Singin' the Blues - Barnes & Noble.com

Gatemouth Moore - I Ain't Mad At You Pretty Baby (78prm) - YouTube

ゲイトマウス・ムーアが歌う"Christmas Blues"が収録されているアルバムは上記の「Cryin' and Singin' the Blues」以外にも、アルバムタイトル曲の”Hey Mr. Gatemouth”や"Christmas Blues"他27曲を収録した「Hey Mr. Gatemouth」(ASIN: B00004UETK)があります。 それ以外にもビバップのアルトサックス奏者であるCharlie Parker(チャーリー・パーカー)が演奏するホワイトクリスマスも収録されたコンピレーション・アルバムの「Savoy Jazz Christmas Blues」があります。
Gatemouth Moore - Christmas Blues - Last.fm



[PR]
by koukinobaaba | 2008-09-01 00:10 | 音楽
<< アニスティーン・アレン Fuj... スイング音楽のラジオ番組 Ch... >>