シュブーン Sh-Boom (Life Could Be a Dream)

1950年代のドゥーワップの5人グループの”ザ・コーズ(The Chords)”は1951年にブロンクスで結成されたそうで、ストリート・パーフォーマンスからレコード会社と契約するに至ったのですがA面の曲よりもB面のシュブーン(Sh-Boom)の方が有名になったそうです。後にも先にもザ・コーズ(James Keyes、Claude FeasterとCarl Feaster兄弟、Floyd F. McRae、James Edwards)が作ってヒットしたのはこれっきり。それに既に同名の白人4人グループが存在することが分かりThe Chordcatsにグループ名を変更したのです。ところが余り売れないのでさらにSh-Boomと改名したそうです。しかし、それでも立ち消えになったとか。結局はSh-Boomという曲の一発屋(one-hit wonders)としてのみ名が残りました。
The Chords - Sh-Boom - YouTube
1954年にヒットしたThe Chords(ザ・コーズ)のSh-Boomはコンピレーショ・アルバムの「R'n'b Hits of '54」などに収録されています。
2006年のピクサー・アニメのカーズ(Cars)ではザ・コーズのシュブーンがサウンドトラクで使用されていますが、同じくフィフティーズを扱った映画の1990年のクライ・ベイビー(Cry-Baby)ではBaldwin & The Whiffles(ボールドウィン・アンド・ザ・ホイッフルズ)が歌っています。

The Crew Cutsはこんなメンバー
b0002123_1139565.jpg

Sh-Boom: Where Swing Met Doo-Wop and Rock N Roll

このR&B曲のSh-Boomはアカペラ風な曲ですが、後にカナダ出身の4人組み白人ドゥーワップのクルー・カッツ(The Crew-Cuts)がカバーして”shh-boom, shh-boom”の後ににオリジナルにはない”Yadda da da yadda da da da da da...”を追加して1954年にチャート入りするという空前の大ヒットとなり、白人層にも人気が出たそうです。
クルー・カッツはThe Penguins(ペンギンズ)のEarth Angelもカバーしました。
The Crew-Cuts - Earth Angel (Will You Be Mine) (1955) - YouTube

Oh, Life Could be a Dream, Shaboom, Sh-boom yada da da da da...
”Oh, life could be a dream (sh-boom)” 人生は夢かもしれない、Sh-Boom!とザ・コーズとクルー・カッツが歌ったシュブーンの歌詞
Sh-Boom Lyrics - StLyrics.com
”Sh-Boom”には特別な意味はなくまっとうな歌詞の後でワーワーとチャチャを入れてるフレーズでしょうか。

The Crew-Cuts - Sh-Boom - YouTube

Shhboom Shhboom! Life Could Be A Dream...
貴方はどっちのSh-Boomがお好き?
私はてっきり後者のクルー・カッツを聞いていたと思っていたのですが、どうやらザ・コーズの方だったみたいです。



[PR]
by koukinobaaba | 2008-08-16 00:15 | 音楽
<< Google検索結果の「鮮度」 浅草雷門 炭火焼肉 平城苑 >>