チリパウダーとレッドペッパーパウダー Chili and Red pepper

以前、カレーに使用するエスニック香辛料について記事を書きました。
過去記事はエスニック香辛料

チリパウダーとレッドペッパーパウダーとは違うのですって!
その時に私が購入したチリペッパーは私は思っていたチリではありませんでした。
それは筒の上部が穴あきの容器でサラサラしたチリ・パウダーだったのです。これは他の香辛料も混ざっているので、カレーにも使用できますがサラダやスパゲティにかけたりして胡椒なみに利用しています。商品の説明には「カエンペッパー、オレガノ、クミン、ガーリック、塩等を混合したミックススパイスで、チリコンカンなどのメキシコ料理などに使用する香辛料」とありました。
ちなみに私がインターネットで購入したレッドペッパーはGabanという商品名で塩胡椒も販売しています。これは近くのスーパーにあると思ったのですがみごとに見つかりませんでした。
何件も探してなかったので塩コショウとチリパウダーをAmazon.co.jpで購入しました。
GABAN チリパウダー 450g 価格は千円強です。


私がカレー作りに使用するのはチリとも呼ばれるレッドペッパー・パウダーのことで、唐辛子又は一味唐辛子と同じだそうです。
別の種類の赤唐辛子を粉にしたカイエン・ペッパー(Cayenne pepper)も同じようです。
これらは粒子が細かくてしっとりとしています。 そして激カラです。

なかなか見つけられなかったこのチリを東京の実家の近くで偶然、見つけたのです。それはインド人夫婦が経営しているカレー屋さんでした。店頭にはクミンシードやターメリックなどがディスプレイされていました。というほどでもなく、まぁ、台の上に並べてあったのですが。
店に飛び込んでチリを分けて貰うことにしました。「カライ、カライヨ」と店主が言っています。
ポリ袋に入れられたレッドペーパー粉末を300円で購入し、家に帰って計ってみると50gでした。
ん、ちょっと高い?

朗報!
上野のアメ横にある大津屋商店という豆と香辛料の店を見つけました。(水曜日休日)
アメ横は時々母が輸入化粧品を買う店があるJR上野ガード下の商店街なのです。
私は手数料や送料を考えると電車賃が300円もかからないから実家への行き帰りに直接アメ横に行った方が安上がり。

インド産というチリは100gで300円だそうです。これに決まり!
大津屋のレッドペッパーパウダー
[PR]
by koukinobaaba | 2008-07-24 00:18 | 面白記事
<< 今もなお働き者のBaidu S... Jazz-On-Line.com >>