インターネットの接続回線「光」 契約したいが出来ない事情

私はインターネットというものが無い時代にもちょとパソコンをさわっていたのですが、肝心なインターネットが出来るようになりウインドーズなるものを皆さんが並んで買ったという時期には丁度忙しくて乗り遅れたのです。

やっと手を付け出したのが2002年でした。しかしその頃にはまだ一般家庭で利用できる高速で常時接続できるブロードバンドはなかったのです。ダイヤルアップ接続ですから経済的にしようとして、30分だの1時間だのって自分で決めて、目的のサイトにアクセスしたら急いでファイルをダウンロードして接続を切ってからゆっくりと読んだものです。最初の失敗はトップページだけダウンロードしたらリンクは全て無効だったことです。それとサイトのどこかをクリックして電話をかける音がしたら電話線を引っこ抜け!なんて言われていました。(Q2とか詐欺サイト)

格安のYahoo!BBのADSLができてからはずっと利用しています。その後展開されたYahoo!BBの街角での売り込み攻勢は悪評を買うほど激しかったですね。
それからモデムもメガを増やしてかなり高速で快適な旅を楽しんでいたと思っていたら、今度は
もっと早い、速い光ファイバー接続だそうです。

実際に最近のアクセスをみても殆どが「接続回線 光」となっています。私は「ADSL回線」と表示されています。光の方が回線使用料金も安くて接続も速いので私もYahoo!BBのADSLからYahoo!BBの光に変えたいのですが、そこに問題があるのです。

Yahoo!BBのADSLは私の家族が全員利用しているのです。ということは親子三代間の電話料金はゼロということです。なにしろ頻繁に電話するのは私たち母と子なのです。
それなら全員が同時にYahoo!BBの光に変更すればいいと思いますが、ところがどっこい!ここに光の盲点があるのです。

最近は集合住宅住まいが増えています。いわゆるマンション住まいというものですが特に土地が少ない都心では多いと思います。個々に契約できるYahoo!BBのADSLと違って、なんと光回線はマンションごとの契約なのです。
ひぇー!つまり、マンション自体が某ヒカリ回線と契約しているとそこに住んでいる何十、いや何百件の家庭は個々に光回線を選べないのです。
私と実家はマンション住まいで娘は戸建ですが一軒家で光を契約すると工事の関係でマンションよりもずっと値がはるのです。しかも私と実家のマンションでは違う光回線を利用しているのですから全員で同じ光回線を利用することは絶対ありません。

一軒屋に引越ししない限りYahoo!BBの光には契約できません。
まあ、将来は家族間の無料IP電話はあきらめて個々に利用できる光回線を利用する他はないでしょう。光回線を利用している方々は羨ましいけれど、私はもうちょっと光は後になりそうです。私のマンションはGYAO光マンションタイプで、今なら1年間月1980円 !と宣伝しているUSEN光ファイバー接続サービスです。正確には「GyaO 光 マンションVDSL 100タイプ」というのだそうです。実家のマンションはNTT東日本フレッツ光との契約だそうです。 やれやれ!

追記:
2009年に耳にしたのですが、NTTのヒカリとYahoo!BBが提携したとか。
するとNTTに加入してもYahooのユーザーとは無料でIP電話ができるのですね。
私の携帯電話はSoftbankですがYahoo!BBのIP電話とはホワイトプランとかで契約しているので無料ですが。

追記その2:
2011年、いまやアナログ回線なんて利用しているユーザーなんて数が少なくなったらしく連日の催促電話がYahoo!BBからかかってくるようになりましたし、私のブログにアクセスしたIPアドレスを調べてみると光回線じゃない訪問者はごくわずかになった今、ヒカリはもう時間の問題。 とはいえルーターを通して3人が違うパソコンを使用しているのでなかなか都合がつけられないのが現状。
あーあ、もう3年も経ってしまった。 

ということで、2012年にやっと光にしました。 やってみればなんてことはない。 一時コンピューターが使用できなくなるわけでもなくスムーズに移行した・・・と思います。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-06-13 12:43 | 面白記事
<< 人工衛星を利用したサテライトイ... 次世代サーチエンジンのMUNA... >>