ジェームス・イングラム One Hundred Ways

ジェームス・イングラムは1956年生まれのオハイオ出身の70年代に活躍したソウル歌手で、楽器の演奏から曲作りや音楽プロデューサーもするそうです。ファルセットからテナーまで音域が広くかすれ気味のシャウトが魅力です。

ジェームス・イングラムはクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)に見出されて1980年のクインシー・ジョーンズのアルバムの「The Dude」で”One Hundred Ways”を歌い、それが大ヒットとなってグラミー賞のR&Bの最高歌唱賞を得たそうです。

ジェームス・イングラムはこんな顔
b0002123_9541338.jpg
Forever More (Love Songs, Hits & Duets)

ジェームス・イングラムは1982年にもクインシー・ジョーンズのアルバム「Just Once」でグラミーを受賞しているので、知る人ぞ知るで、日本にも熱狂的なファンがいるようです。
アルバムのタイトル曲の”Just Once”は世界でもベスト3に入る美しいバラードといわれています。
では、世界で最も美しいといわれる他の二つのバラードは何でしょう?

James Ingram - Quincy Jones - One Hundred Ways 1981 (how to treat a woman)

James Ingram - One Hundred Ways on Soul Train - YouTube

James Ingram - Just Once

日本語の歌詞が見られる映像をご覧下さい。
James Ingram - Just Once - YouTube

ジェームス・イングラムが歌うJust OnceとOne Hundred Waysが収録されているクインシー・ジョーンズのアルバムは有名なAi No Corrida(愛のコリーダ)も収録されている「The Dude」です。(オリジナルは1980年の録音でハービー・ハンコック、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダーなどが参加しているアルバム)
※ 全く同じ内容の国内盤は「愛のコリーダ」というタイトルで発売されています。

追記:
私はジェームス・イングラムとクインシー・ジョーンズについてほんのちょっと書いてみましたが、平素交流頂いておりますもっとボーカル!さんでは、ジェームス・イングラムのアルバムの「JAMES INGRAM FOREVER MORE」に収録された1986年頃のSteven Spielberg制作のアニメ「An American Tail(アメリカ物語)」の主題歌の”Somewhere Out There”について書かれています。このロマンティックな曲がなんと、リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)とのデュエットだそうです。私の記事をご紹介いただいたのですが、ウエブサイトなので残念ながらトラックバックができません。大変興味深い記事ばかりなので、ぜひアンクルポップさんサイトを訪問してみて下さい。
※リンダ・ロンシュタットは3部作LP盤の1枚で「When You Wish Upon A Star」に収録された”Am I Blue”で初めて知った歌手でオールディズ・ポップスやラテンも歌います。



[PR]
by koukinobaaba | 2008-06-01 14:14 | 音楽
<< ゆうご君のお座り画像 100 Greatest Gu... >>