リクエスト不成功件数

私のもう一つのブログの「Audio-Visual Trivia」のログ解析を見ると、リクエスト不成功件数が異常に多いことに気がつきました。

今回初めて意識したのですが、リクエスト不成功件数がなんと成功件数の約半分の数なのです。つまり、成功件数が100件だとすると不成功件数が50件というわけです。もしこの不成功件数が成功件数だとすると全体のアクセス数が増えるということなのでしょうか。それとも成功しなくて良かった件数なのでしょうか。

不成功件数とはウエブサイト上でファイル送るように要求はあったが、ファイルがなかったり接続できなかった場合などに送ることができなかった件数らしいのです。理由としては高負荷の時にキャッシュに異常データができた場合などが挙げられるそうです。

私が気が付いたのは、どこかのイメージ検索で私の画像が結果として私のブログのURLが表示されるのですがかなりの数で中途ハンパなのです。これでは私のブログ内の記事は表示されません。 「Not Found」
これも不成功件数と関係あるのでしょうか。

スパム未対策をしているサイトでは 集中的なスパム投稿により高負荷になり、CGIが強制的に停止してしまうことがあるそうです。
私が借りているサーバでは徹底的なスパム対策をしています。可能な限りスパマーから身を守るためスパムを一定時間内に一定数発信するサーバはシャットダウンしているそうです。
この対策を講じる前には一日に何百件ものスパムが来ていました。それも自分でプラグインを導入してスパムをはじく設定をしていたのにです。

サーバ側のこの大胆なスパム防止対策によりトラックバックとコメントが殆ど受け付けられなくなりましたが、スパムはほぼゼロです。

このスパム対策と不成功件数とは関連があるのでしょうか。
もしかすると私のブログの1ページは通常30kから60kもあるので接続するまでにタイムアウトしてしまうのかもしれません。
この他、アクセスの多い時間帯には、記事をアップしたり再構築はしないようにと家人から忠告は受けているものの無差別に行ってしまいます。これも原因かもしれません。

あるサイトの分析によると、「サイト内でのリンク切れということもあるのでリクエスト不成功件数には注意すべきだそうです。あるいはなんらかの脆弱性があるのか。

ここ数日、突然インターネットに接続出来なくなってモデムの電源を抜いてみたことがありました。PCはなんともないので、モデムがもうくたびれてきたのもしれません。
いくらスパム攻撃を受けてもネットにつながらないなんてことは無いでしょうから。

今後、リクエスト不成功と突然のネット切断の原因を追究してみたいと思います。

追記:
2008年9月頃にはボチボチ来ていたトラックバックのスパムが一日に3件ほど付くようになりました。迷惑コメントはさほどではありません。結局はじいたスパマーたちが新規にサイトを作ればモトノモクアミなんでしょう。
突然のネット切断は再び起こりました。
☆この件についてはHot'n Cool内の突然のネット切断
[PR]
by koukinobaaba | 2008-05-29 10:16 | 面白記事
<< 動脈硬化症とコレステロール Google AdWordsか... >>