リンクチェックツール CHK_LINK

切れたリンクをチェックしてくれる「CHK_LINK」を以前利用したことがありますが一度試みただけでわけもわからないまま旧PCに置いてけぼりでした。
「CHK_LINK」はWebページ内に含まれるリンクをチェックし、リンク先のページが存在するか、どの程度の時間で応答するかなどをチェックできるソフトです。

よく検索先のサイトで見たいリンクをクリックしてもリンク切れだとがっかりしますが、リンクチェックツールで死んだリンクを探して削除あるいは代替を見つけてリンクすると訪問者には親切でしょう。
ですが、チェック自体に時間もかかり、デッドリンクが見つかってもそれらを訂正するのも大変な作業です。取り合えずトップページの記事をチェックしてみました。書いたばかりですからリンク切れなんて一つもありませんでした。それでは、と過去記事のなかから1ページ選んでチェックしてみました。
なんとほぼ半数のリンクが切れていました。取り合えず×印のリンクをクリックしてみたらほぼ100%正解でした。これを直すなんて! 2ページ目をチェックする気が失せました。
インターネットは生ものですから今日あるリンクが明日には削除されている可能性は大です。

「CHK_LINK」はフリーソフトでWindows XP、でWindows Me、でWindows 2000、でWindows 98にも対応していますが動作環境はIE 5.0以降だそうです。
「CHK_LINK」をダウンロード出来るサイトはいくつもあるでしょうが、私はVECTORにしました。

私はデスクトップにフォルダがありますが、開いたらCHK_Link.exeをダブルクリックで実行するとポップアップが立ち上がり窓にチェックしたいページのURLをいれます。△のリンクはたいていはOKですが×はたいてい切れています。

CHK_LINKについての詳しい説明とダウンロードページへのリンクがあるCHK_LINK  Vector
CHK_LINKの作者である山本 誠さんのYAMAMOTO'S BOX内のCHK_LINK Program BOX

☆こちらはソフトをダウンロードせずにオンラインでリンクチェックをしてくれるBee Yools リンクチェッカー
こちらはあるページのURLを入力したらそのページに続く3件もチェックして、「☆ページで合計☆個のリンクエラーがあります」と表示されます。
エラーにはMoved、Not Found、406や303のエラーが記されています。
今回はエラーのいづれもが私のタグの書き間違いでした。
例えば「http://http//www.youtube.com/」のようにhttpを2個も書いてしまった。

☆いずれのリンクチェックでも私が使用する上での難点があります。
リンク先のサイトのURLが変更になったりサイト自体が消滅した場合は当然リンク切れとして表示されますが、問題はYouTubeなどではリンクしたURLのビデオが削除されたからといってリンク切れにならないのです。
よって結局は手作業でビデオがリンクされているかどうかをひとつづつ確認する他はありません。

「CHK_LINK」とリンクチェッカー」の両方でチェックすれば完璧かも。しかし、いかんせん時間がない!
今後は時々、自分の過去記事の抜き打ち検査をしてみようと思います。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-05-11 01:06 | 面白記事
<< 小雨降る径 Il Pleut ... スモーキー・ロビンソン Smo... >>