Amazon.com eブックリーダー Kindle

Kindle: Amazon's New Wireless Reading Device
出ました!PC不要のeブックリーダーのキンドルがアマゾンから。
実は私がアフィリエイトに登録しているAmazon.comから「Amazon Kindle is now in stock: ...!」みたいなメールが来たのです。
価格は$259.00、つまり日本円に換算すると約2万4千円となります。 ムムム


以前私がウエブサイトを作り始めた頃、2001年か2002年だったと思いますが、WindowsのE-Bookという機能を使って何店かの本屋さんにアクセスして本をウエブで読むことができました。最初私が目的としたのはそれに付随するWindowsのオンライン英英辞書でしたので本は殆ど読んでいません。なんといっても全部英語だから辞書を使用しても限界があります。英英辞書では私には役立ちません。
手前味噌ですが今では何年もかけて自分で作ったzenigeba英語辞書を利用しています。

しかしその時に知った本屋さんが後にアフィリエイトを試してみたAmazon.comやBarnes & Noble.comだったのです。Windows 版 Acrobat eBook Readerでも入れたのかどうかは覚えていませんが、協賛している本屋さんにアクセスして無料のテキスト(本)を読めたのでした。
しかし、その後この機能は利用者が少ないので商売にならないと廃止になったのです。
そしてその当時はナンバーワンだったバーンズ&ノーブル社は2007年頃にはAmazon.comに抜かれました。

私の記憶が正しければ、2001年の記事はアドビ、電子書籍閲覧ソフト『Acrobat eBook Reader』を発表

その後2004年頃には、パソコンでダウンロードした書籍のファイルをメモリで取り出して持ち歩ける”e-Bookリーダー”はソニーなどから発売されていました。(大きな電子手帳のようなものです。)

さて、利用する人が少なくてメリットが無いから廃止になったe-Bookでしたが、この度、全く違ったデバイスを介して本を読むという「Kindle(キンドル)」なる代物が発表されたのです。
今後はAmazonから書籍を購入するというよりもファイルをダウンロードするということになるのでしょうか。
デバイスの価格は今現在は$399.00だそうです。(約4万円)
これを書店で取り扱うそうで共存共栄を図っているのでしょうか。
情報はアメリカのAmazon.comで「Kindle」と検索すると見つかります。

この新デバイスの”Kindle”については大変詳しく教えて頂けるAmazon Kindleは「本のiPod」になれる?


追記
Amazon.comはKindleのプラグインもダウンローもも不要なウエブ(インターネット)のデモ版を2011年初頭に発表するとか。
益々に勢力拡大中のGoogleさまは2010年にOnline Ebook Storeを開店したとか。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-05-03 21:13 | 面白記事
<< Yahoo! LAUNCHca... 部屋中に虫 シバンムシ? >>