アップルのWebブラウザ Safari

アップルのWebブラウザ「Safari」といいうショートカットが私のデスクトップに鎮座ましています。多分、itunesのアップデートの時にOKでもしたのでしょうが、今まではIEとFirefoxしか使っていなかったので放りっぱなしでした。

”アップルならではのインターネットの楽しみを味わうなら、世界で最も速く、最も使いやすいWebブラウザ「Safari」”だそうです。

デスクトップ上のショートカットをダブルクリクで開くと、「規定のブラウザにしますか?」と表示されますが、とりあえずは「いいえ」にしておきます。
サファリ・ブラウザのトップにあるGoogle検索に自分のブログの”audio-visual trivia”と入力してみました。当たり前ですが、158,000件が表示されいつものGoolgeと全く同じでした。さて、そのAudio-Visual Triviaのページを見てみると、IEとは違った見え方でFirefoxに近いようですが、所定のフォントの設定のせいですっきり見えます。自分のブログのフォントもちょっと考え直してみようかな。
あれ!ステータスバーが無いのでリンクにマウスを置いてもURLは表示されません。ステータスバーに表示されるアドレスは自分がクリックするリンクが何かを教えてくれるので必要なのです。そこで、表示からステータスバーを出してほっとしました。

機能的には殆どIEと同じですが、Google検索の下にはアップル、Yahoo!Japan、YouTube、Wikipediaなども検索出来るようになっています。その下はアップル専用で、マック製品やiTunesとiPodなどの項目があります。
これから詳しく調べてみようと思います。

アップル
[PR]
by koukinobaaba | 2008-04-14 18:48 | 面白記事
<< むくみを取るリンパのマッサージ 足利の香雲堂本店 古印最中 >>