ログに残されたGoogle.botの記録

レンタルのエキサイト・ブログ「Hot'n Cool」では全く分かりませんが、レンタルサーバーを使用しているブログの「Audio-Visual Trivia」の方は、ログにはシステムの利用記録が保存されます。

たとえば訪問者がどんなキーワードを検索窓に入力したかの記録が私が削除するまで累計的にログメッセージとしてIPアドレスと共に表示してくれます。一般の訪問者の検索は大変有用で、その語句により私の記事に何が書かれていないのかも知るところとなります。時にはスパム的に使用されて宣伝文句などが入力されることもあります。
しかし、その多くはGoogleなどのクローラーで毎日のように記事を検索しています。きっとこのことにより記事の訂正や変更がインターネット上に日々反映されるのでしょう。

ところが先日から今までにないおかしな検索語がたくさん入っていたので、いたずらかとおもいました。あまり続くのでそれらのIPアドレスを調べてみたらアメリカのcrawlでgooglebot.comの仲間だと分かり安心したのです。

今までは記事のタイトル、例として「鉄仮面 The Iron Mask」と検索していったのですが、この頃は記事のタイトルやアーティストの断片、それ以外にも、「ので、せま、なれる、を通して、と共に、呼ん、あがっ、変わっ」などと妙な切り方で何百と検索しているのです。
いつまでこのようなヘンテコリンな検索をしていくのやら。
bot”の検索がタイトルだけではなく単語になったなんて初耳です。クローラーの故障ってことはないでしょうが。

追記:
2008年3月28日現在もアメリカのcrawl-googlebotの変な検索、「なくなっ」とか「しまっ」などが続いています。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-03-19 11:15 | 面白記事
<< ダスティ・スプリングフィールド... シュガー・シャック Sugar... >>