店頭から消えた<カビ取りハイター ストロング>

ちまたでも「驚くほど綺麗に落ちる!」と大評判だった風呂用の洗剤が店頭から姿を消しました。

つい先月までは見かけたと思ったのですが、今月になって購入しようとしたらどこにも見つかりません。インターネットでも数件あったのですがいづれも”品切れ”と表示されています。

♪効きすぎちゃって困るのー♪

問題の洗剤とは”花王”から発売されていた風呂場用のハイターの一種で「カビとりハイター ストロング スプレー」なのです。
これが落ちるなんてもんじゃありません。シュっと吹きかけておいて暫くしてから水を流せばあっと驚くタメゴロー! カビなどの黒ずんだ汚れが落ちて本当に驚くほど綺麗になったのです。その代わり使用する場合は息を止めてシューっとやったらすぐドアを閉めて中を換気していたほど強力でした。
テレビのCMでもその効果は宣伝され、インターネット上では真っ黒な排水溝やトイレの縁の裏側でも綺麗に落ちたと書かれていました。カビキラーやバスマジックリンを押さえてダントツの人気だったのですよ。

仕方がないので類似品もしくは新製品と思われる「強力カビハイター」を購入したのですが、なんだかイマイチと思っています。 うむ、前ほどでは。。。
洗剤メイカーの”花王”のウエブサイトで確認したところ、やはり製品が変更になったようです。この記事から察すると2007年に製造中止となり春頃にはもう販売されていなかったようです。私が今まで店頭で見かけたのは在庫品だったのでしょうか。

※そこで私は、某有名メーカーの商品がどの店でも大量に安売りされている時、もしかしたらこの商品も販売停止になるのかもしれないと思うようになりました。

ハイター 花王 
当初、アドレスはスーパーストロングとなっていましたが、現在は「強力カビハイター」と表示されています。
サイトには「スプレー部も改良しました」とありますが、実際に、強い成分のせいかスプレー部分がすぐに効かなくなっていました。

あまりに効きすぎて弊害も起こったのでしょうかね。
これからは不精は出来ません。こまめに掃除します。カビハイターは漂白及び殺菌と明記してあるのですが、カビは漂白されたので無くなったわけじゃないともいわれていますから水洗いした後にアルコールで拭いてもいいでしょう。私は「キレイキレイ アルコール 除菌」というのを冷蔵庫やまな板にも使用していますが。

注!ハイターなどの漂白剤系はバクテリアを殺してしまうので浄化槽には使用禁止だそうですよ。

この「カビとりハイター ストロング」が発売される前はカビキラー、バス・マジックリン、バスピカなどを使用していました。
なぜ黒ずむかというとカビなんでしょうが、石鹸泡が飛んだり湯垢がこびり付いたりと、やはり汚れが問題です。風呂場を出る時にシャワーを全体にかけ回して換気扇をかけておけば大分違います。我が家はバスルームに窓が無いので換気扇は一年中付けっぱなしです。でも、ゴムパッキングがどうしても汚れてしまうのです。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-02-17 10:24 | 面白記事
<< スー・トンプソン Little... 初めての胃カメラ検査 >>