飲んだら乗るな! 総合風邪薬

年末になって過労が祟ったのか風邪の症状が出ました。熱は出ませんでしたが喉と鼻にきたようです。鼻炎、喉と鼻は私の長患いの持病です。

かかりつけの耳鼻科はもう開いていないし、新年に寝ているのもなんなので、引き出しを漁ってみると、以前家族の誰かが使用したらしく1包み残っていたのが「パブロンSゴールド微粒」という総合かぜ薬でした。
試しに1包飲んでみたら症状が軽くなったような気がしたので、すぐ薬屋に行って初めて市販の風邪薬を購入することにしました。今までは医師に処方された薬以外は飲みませんでした。

去痰薬の塩酸ブロムヘキシン配合されているそうで、1.2gX6包の価格は安売りで1000円位で、高いと1300円、普通は1200円くらいします。
この薬は2日ほど服用しても効果が見られない場合は医師に相談した方が良いそうです。

パブロンSゴールドの効能について
塩酸ブロムヘキシンについて

塩酸ブロムヘキシンの副作用としては手足のしびれなどが現れ、高血圧の人は使用しない方がよいらしいです。

血圧が高めなのにこの薬を飲んじゃった私の症状は全身の虚脱感と睡魔に襲われ、風邪で寝込むのではなく風邪薬を飲んだために寝込むことになりました。寝込むというよりは寝てしまうのです。お陰さまで大変良い骨休めになりました。
よく風邪薬の効能書きにあるように「眠気を伴いますので、車の運転は危険ですからお控えください。」の意味を身を持って体験したのでした。

自動車などを運転される方は重々気をつけて下さい。
「飲んだら乗るな!」・・・これは本当です。

「パブロンSゴールド微粒」を4包飲んだ結果、耳鼻科にはかからずにどうやら喉と鼻の症状は治まりました。

追記:
この記事を書いた1週間後のニュースでバスの運転手さんが走行中に眠っていたと聞きました。やはり風邪薬の仕業らしいですよ。
[PR]
by koukinobaaba | 2008-01-05 17:14 | 面白記事
<< 美味しい<北村園の焼き海苔> トランスフォーマー Trans... >>