巣鴨 古奈屋のえび天カレーうどん

私は偶然にカレーうどんを食べようとして”古奈屋”へ入ってみたのですが、ちまたではけっこう有名だったらしい。

私が行ったのは巣鴨地蔵通りの横道をちょっと入った店で、どうやら巣鴨とげぬき地蔵尊隣りの本店らしい。古奈屋は昭和58年創業なので洋風なモダンな外装で、店内は鰻の寝床状のカウンター席です。最近は店舗が増えて池袋東武から神楽坂、そして日本橋や六本木ヒルズまでもあるそうです。
そう、カレーうどんもモダンでした。
一般にカレーうどんというとカレー味のつゆにトロミをつけた和風な麺類もので太めのうどんが特徴です。麺がソバだとカレー南蛮というのです。”なんば(難波)”というので薬味の長ねぎも入っています。他にも鴨なんばんやカシワなんばんがありますが長ネギが入っていなくちゃ駄目です。

ですが、「古奈屋」のカレーうどんは味がまるで違います。いったい何で作られているのか?と思うほど複雑でリッチな汁です。牛乳が入っていると言われていますがはっきりとは分かりませんでした。ゴマもはいっているのかな。とにかく和風じゃないですが美味しいです。うどんはさほど太くなく量的には少なめですが、薬味のガリと共に少量の発芽玄米飯が添えられているので残ったカレー汁に入れて頂きます。
いつもはブラックタイガーなのにその日は車海老だというので、海老てんも注文しました。ミスマッチのエビの天ぷらとカレーと思ったのですが結構おいしかったのです。

カレーは汁がはねるからと嫌われないように使い捨ての紙エプロンが付いてきます。焼肉屋さんみたいです。

この「えび天カレーうどん」は一人前で1300くらいでした。えび天抜きだと1000円くらいです。なぜ・・・円くらいなのかというと、自分が支払わなかったからです。ごら~!
メニューには海老天カレーうどんの他に餅やバナナの天ぷらのうどんと雑炊がありますが、お肌が気になる方には牛Wコラーゲンカレーうどんがお勧めかも。
古奈屋の海老天カラーうどんを「高い!」という人はいても「不味い!」という人はいません。

客筋は比較的若い世代で、巣鴨地蔵に来るようなお年寄りは私以外は見かけませんでした。
午前11時30分の開店時には行列が出来るのだそうです。私が行ったのは夕方だったので店内はガラ空きでした。もし行列が出来ていたなら並ぶのが嫌いな私は確実に入らなかったでしょう。
もっとも古奈屋が行列店になったのにはオーナーシェフの10年の努力と精進の賜物であるようです。

カレーうどん 古奈屋
[PR]
by koukinobaaba | 2007-12-30 15:38 | 面白記事
<< ビデオ・ダウンロード・サービス... ドマルのブラックファッション ... >>