エヴァリー・ブラザーズ The Everly Brothers

エヴァリー・ブラザースはエバリー・ブラザーズとも表記されることがありますが、1950年代後期には人気だったカントリー畑出身の実の兄弟が組んだポップスのコーラスグループです。カントリーでしたからギターは鉄線のウエスタンギターで同じ歌詞を歌うクロース・ハーモニー(close harmony singing)という歌唱方法です。
1961年3月には”Walk Right Back”とJohn D. Loudermilk(ラウダーミルク)が作った”Ebony Eye(想い出の黒い瞳)”がBillboard Top 10 Singlesで上位にランクインしました。
私が子供の頃はエブリーブラザースだと思っていた”エヴァリー・ブラザーズ”は1962年に兵役で音楽界を離れるまで見事なハーモニーで立て続けにヒットを放ちました。
The Everly Brothers Beehive

エヴァリー・ブラザーズはこんな顔
b0002123_17505680.jpg
Bye Bye Love

ヒット曲は兄のIsaac Donald "Don" Everly(ドン)が20歳で弟のPhillip "Phil" Everly(フィル)が18歳の1957年にヒットしたBye Bye Loveでは兄弟は、”恋も幸福もさようなら!”と「悲しみよこんにちは」のような泣ける歌詞を微笑んで歌いました。惜しくも弟のフィルは2014年1月に74歳で亡くなりました。(喫煙による慢性閉塞性肺疾患)
エヴァリー・ブラザーズの写真が見られる
The Everly Brothers - Bye Bye Love - YouTube

デビュー当時にTV出演のエヴァリー・ブラザーズ
The Everly Brothers - Bye Bye Love - YouTube

人気絶頂のエヴァリー・ブラザーズ
The Everly Brothers - Bye bye love - YouTube

エヴァリー・ブラザーズのオリジナル曲に加えBe-Bop-A-LulaやKeep A Knockin’やLucilleといったロックンロールや、Temptation(テンプテーション)までカバー曲もたくさん吹き込みました。☆初アルバムは1958年にリリースされた”The Everly Brothers”だそうです。
レアなテンプテーションが収録されているアルバム「The Definitive Pop Collection」のディスク:2 - 3番で試聴出来ます。

Bye Bye Loveが聴けるBrian's Oldees FIXXX
Bye Bye Loveが聴けるwfmuラジオのプレイリストはMusic to Spazz By with Dave the Spazz On WFMU August 5, 2004(get it! RealAudioをクリックして再生バーをに2:40:10に移動)


1957 Wake Up Little Susie - YouTube
1958 All I have to do is dream & Cathy's Clown - YouTube
1958 Bird Dog & Till I kissed you - YouTube
1958 Devoted To You - YouTube
1958 Problems - YouTube
1959 Take a Message to Mary - YouTube
1961 Crying In The Rain - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2007-10-27 23:05 | 音楽
<< Wikipediaは参照しても... 米八のおこわ弁当 >>