ボルサリーノ Borsalino (1969)

いまだに人気の高いジャック・ドレー(Jacques Deray)が監督した1969年のフレンチ・フィルムノワールです。

題名の「ボルサリーノ」はファッショナブルなギャングが成功の証しとする高級中折れ帽も製造するイタリアの老舗のBorsalino帽子店から取られたそうです。この帽子はなんと6万円から10万円もします。
お洒落なイタリアの帽子屋のサイト
Borsalino
帽子についてはブログ内のポークパイとフェードラ

当時フランスで人気を分かつジャン・ポール・ベルモンド(Jean-Paul Belmondo)とアラン・ドロン(Alain Delon)が共演したのですから大変話題になりました。「ボルサリーノ2 」と共に制作と主演がアラン・ドロンですが製作側のアラン・ドロンからジャン・ポール・ベルモンドに出演の依頼があったそうです。 ですが、映画では殺してしまい、ジャン・ポール・ベルモンドとコンビを組んだのはオリジナル「ボルサリーノ」だけでした。私の好きなベルモンドを殺してしまったのでコメディタッチのベルモンドがいない続編「ボルサリーノ2 」は火が消え失せたようで全くの暗黒の映画と成り果てました。 1974年の「ボルサリーノ2(Borsalino &Co.)」もジャック・ドレーが監督しています。

「ボルサリーノ」はアメリカならローリング・トゥエンティ時代のカポネみたいなマルセーユを舞台にしたギャングのサクセス・ストーリーで、ジャン・ポール・ベルモンドとアラン・ドロンのボルサリーノ帽子などのギャング・ファッションがとても素敵です。
アランドロンは「ボルサリーノ」に売春婦の通行人としてエキストラ出演したMireille Darc(ミレーユ・ダルク)と愛人関係になったそうです。あるいは愛人関係だったから出演したのかは不明。

Borsalino - Belmondo and Delon - YouTube
ボルサリーノ2の予告編が観られるComme au cinema

音楽が「ボルサリーノ2」とともにフランスのジャズ・ピアニストで作曲家のクロード・ボラン(Claude Bolling)ですがラグタイム・ ピアノのテーマ曲(Borsalino: Thème)は定評があります。

Borsalino Soundtrack
b0002123_1537151.jpg
人気のテーマ曲が聴けるBolsalino Swing "Bolsalino" ヨーロッパ映画

ジャック・ドレー監督は1964年にジェームズ・ハドリー・チェイス(James Hadley Chase)の映画化でジャン・ポール・ベルモンドが主演したミステリ映画の「ある晴れた朝突然に(Par un beau matin d'été)」で知られるようになりました。
気っ風の良い魚市場のおかみさん(シモーネ・エスカルゲル)を演じた女優のFrançoise Christophe(フランソワーズ・クリストフ)が2012年1月に88歳で亡くなりました。

ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作では「悪女イブ(Eve)」が1957年にアンリ・ヴェルヌイユ監督で「女は一回勝負する(Une manche et la belle)」と1962年にジョセフ・ロージー監督で「エヴァの匂い(Eva)」として映画化されています。

Claude Bolling - Bolsalino Theme - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2007-10-26 15:39 | 映画
<< 米八のおこわ弁当 どうすりゃいいの?このわたし。... >>