どうすりゃいいの?このわたし。 危険がいっぱい!

地球は温暖化が進み危機にさらされています。

世界的に対策を検討実行中ですが、今にオゾン層が完全に破壊されて太陽の直火で熱せられ、地球は海だけになるんでしょうか・・・。
陸の動物は生きるために進化して仕舞にはエラとヒレが生えてくるでしょうか・・・。
でも海も干上がったら陸だけになるでしょうか。

考えると怖いことです。

今現在、毎日の生活の中で怖いことはたくさんあります。
増加する凶悪犯罪、アルコールや麻薬の過剰摂取による精神異常と健康への弊害、高額化していく医療費と税金、増える汚職や贈賄などなど。

自分だけの力ではとうてい修正及び改善できそうもありません。

ですが、自分だけでも気を付ければ多少は安全になることだってあるんです。

一生の3分の1は寝ているそうですから寝具類は重要です。
ちょっと前までは日本人の殆どがセンベイ布団で寝ていました。センベイは日光干しすればふっくらします。布団の中身は綿です。まま、高級品で絹もありますが布団ガワも木綿です。毛布はウールでした。
さて、現在はどうでしょう。モダンなマンション住まいでフローリングにベッドが多い生活に変化しつつあります。特に子供たちは子供部屋でベッドの生活が定着しています。川の字なんて知らないよね。
そのベッドですが、マットも問題です。西洋では昔ベッドの中はワラだったのですが、今はどこでもウレタンなどの科学製品です。建築材料としても使用される抗菌や防ダニ加工や防腐剤のメリットの代わりには頭痛や喘息などのアレルギーや発ガンの恐れのあるホルムアルデヒドの危険が問われています。
ホルムアルデヒドじゃないですが、一説によるとナポレオンは壁紙の塗料に含まれた毒性の物質(砒素)によって健康を損ねて死亡に至ったといわれています。
そういえば私はアレルギー検査でダニやホコリはゼロでスギとヒノキがクラス1ですがホルムアルデヒドは検査していません。

ベッドの台の上に日本の綿入り布団を敷いたら健康的じゃありませんかね。毛布はアクリルは止めてウールか木綿のパイルなどにしたら最高です。

パジャマなど就寝用衣類はどうでしょう。
お寝巻き及びパジャマというと昔は木綿(冬はネル)に決まってましたが、今はこれも合成繊維が主流です。洗濯が楽で早く乾くし、しわになり難いし、おまけに安い!ですが、成長期のお子様にはどうでしょうか。それにこれらにもホルムアルデヒド!成長の段階でベッドとパジャマから毒物を吸収することになります。子供のパジャマは購入したら着せる前にぐっちゃぐっちゃに洗いましょう!

新建材と壁紙のお部屋にナイロンカーペットを敷き詰め、ホルムアルデヒド処理した寝具にホルムアルデヒド処理したパジャマでは寝ている間に病気になってしまいます。

寝ている時だけでなく、起きている時だって危険がいっぱい!
お化粧して口紅つけて、テフロン加工のフライパンやアルミ鍋でじっくり調理したお料理を口紅ごと食べて、ペットボトルの飲料水を飲み、残り物をポリラップで包んで・・・チ~ン!
いやはや、実に危険なことだらけですな。

○○○ちゃん、くれぐれも子育てには気を使ってね。
[PR]
by koukinobaaba | 2007-10-25 18:39 | 面白記事
<< ボルサリーノ Borsalin... 「愛のオルゴール」のフランク・... >>