食べ放題つき定食 庄屋

ビジネス街の丸の内といえば丸ビル

昭和4年(1929年)に「昔恋しい銀座の柳 ・・・ 恋の丸ビルあの窓あたり」と、映画主題歌第一号として西條八十が作詞した”東京行進曲”という流行歌に歌われたほど昔は時代の先端を行っていたのでした。
「あれ、立て替えたから四角になっっちゃったのね。」
丸の内ビルディングは丸いから「丸ビル」なのかと思っていた江戸っ子の私でした。

そして、丸の内といえば、「丸の内センタービル
それは丸ビルの斜め向かいにあるビルです。その丸の内センタービルディングの地下にレストラン街があるのですが先日、そのビルの地下で昼食を取りました。

丸の内センタービルの地下は食堂街になっているので、その日は「庄屋」に入ってみました。 「庄屋」は大手外食産業の”ニユートーキヨウ”傘下の居酒屋となっていますが昼時は定食を目指したビジネスマンでいっぱいです。定食が1000円弱のお値段で食べられますがこの界隈のご多分に漏れず、バイキング方式でおかずが食べ放題なのです。実はこのバイキングは問題で非常にまずい店もあるのです。
ところが、「庄屋」のサラダから惣菜まで大皿に盛られた料理は品数も多く見た目も良いですが、試食した限りでは全部美味しかったです。次もここに決めようと思います。

ニユートーキヨウは第二次世界大戦以前に設立されたビアホールで有名な総合飲食店を経営する会社で、終戦直後に闇市まであった焼け跡の有楽町をはじめ昭和24年の解禁令を経て高度成長期へとビアホール全盛期を迎えました。どこかで食事しようとする時にちょっと見まわすと必ずニユートーキヨウはあったくらい店舗は多かったと記憶しています。サッポロビールの「銀座ライオン」同様にビールを飲まない私にもお手軽な食事スポットでした。

追記:
その後、海鮮丼というのを注文しましたが、なんとこれに蕎麦が付いてきたのです。もちろん、両本ともミニですが食べ放題を皿に取ってくるので蕎麦はいらないと思いました。満腹で死にそうになって這うように店を後にしましたが、この「庄屋」は私向きではないようです。つまり・・・働き者と若者にはぴったりです。食べ放題には憧れますが、今度は違う店を探すつもりです。
げっぷ!(いや、失礼)
[PR]
by koukinobaaba | 2007-10-24 13:47 | 面白記事
<< アルゼンチン・ロックのチャーリ... フローラトーン Floratone >>