レオ・マルジャンヌ Leo Marjane

1918年にブルゴーニュで生まれたレオ・マルジャンヌ(Léo Marjane)というシャンソン歌手は初めて枯葉を歌ったことで知られています。

I am alone this evening ...
ポール・デュラン(Paul Durand)が1941年に作曲した「今宵ただひとり(Je suis seule ce soir )」のようなシャンソンが第二次世界大戦中にナチスの占領下にあったパリで流行りました。絶望の淵にあったパリの人々の心を癒したのです。 ファシズムにより奪われた祖国の悲しみ、郷愁、そして喪失感。 決して忘れ去ることのない祖国。

しかしあからさまではないにしても人々の悲しみを込めてドイツの占領やレジスタンスを歌ったことから赤狩り(レッドパージ)にあって追放されてしまったのです。しかもレオ・マルジャンヌはフランス語とドイツ語に堪能だったのです。

※ポール・デュランはフランソワーズ・アルヌールの主演映画である1952年の禁断の木の実(Le Fruit defendu)の他、1955年の水色の夜会服(Mademoiselle de Paris)や1956年の映画「幸福への招待(Paris, Palace Hôtel)や1957年の女は一回勝負する(Une Manche Et La Belle)などの映画音楽を手掛けました。

LEO MARJANE - La musique qui capture la vie à Paris pendant l’occupation

終電車 サウンドトラック
b0002123_12283435.jpg

1998年にフランスのフランソワ・トリュフォー(François Truffaut)が監督し脚本も手掛けた「終電車(Le Dernier Métro)」という映画があります。占領下のパリでナチスとレジスタンスとユダヤ人と、そして劇場というモチーフでパリの人々の生活を描いた作品です。カトリーヌ・ドヌーヴと ジェラール・ドパルデューが出演しました。
その「終電車」の音楽はフランス映画音楽の巨匠の一人であるジョルジュ・ドルリューですが、サウンドトラックにはレオ・マルジャンヌの「今宵ただひとり」の他、「素敵な貴方(Bei mir bist du schon)」も収録しています。
又はトリュフォー監督の映画音楽集にも収録されています。
Truffaut & Delerue On The Screen: 5 Great Soundtracks - Confidentially Yours, A Beautiful Girl Like Me, Day For Night, The Last Metro, The Woman Next Door
Truffaut & Delerue on the Screen - 5 Great Soundtracks (Lanuit americaine / Plus belle fille comme moi / Le dernier metro / Lafemme d'a cote / Vivement dimanche ! )

Leo Marjane - Bei mir bist du schön 1938 - YouTube
Leo Marjane & Brassai - Seule ce soir, 1941 - YouTube
Leo Marjane "La chapelle au clair de lune" - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2007-10-11 12:31 | 音楽
<< ロマン・ポランスキー Roma... ライアー Liar (Dece... >>