築地 寿司岩

時々日本の橋三越にお買い物に行くと楽しみなのは新館7階にある「特別食堂」でお食事をすることです。
何が特別かって? それはお値段! まるで冗談のように、最低でも一品が4千円近くて最高は軽く1万円はかかります。ですがもう一つ、特別なのはそのお料理のお味です。・・・のはずです。

そんなお高いカレーライスの類は遠慮したい私は、2006年から出店している寿司岩の「にぎり寿司」を注文しました。 それはただのお寿司ではありません。とても手がこんでいて見た目に美しく盛り付けられ、もちろんその味は天下一品!感激の一品!
酢飯の上にのった刺身は驚くほど大振りで新鮮なので感激します。
デパート「三越」の看板のせいか少々特別値段になっているみたいですが、これなら「特別」値段も納得です。
その値段なら美味しいのも「当然だろう」と言ってはいけません。同じお値段でも最低の料理に出っくわすこともあるのです。 詐欺じゃ~!

築地 寿司岩

寿司岩は1965年に日本橋高島屋で江戸時代に戻ったような「10円均一立ち喰い寿司」を開店したそうですから、現在の回転寿司屋のような感覚だったのでしょう。庶民的なお値段で美味しいお寿司を提供している寿司のチェーン店だそうです。
ちなみに、現在は閉店したそうですが銀座にマクドナルド日本1号店がオープンしたのは1971年のことでした。そして銀座に歩行者天国が設定されてカップヌードル売り場が登場したのも1971年のことでした。1964年に開催された東京オリンピック以後、高度成長期が続きました。

ショック!!!
ところが今年に入って(数ヶ月前)日本橋の三越の改装により「特別食堂」ではその寿司はもう頂けなくなったことが判明!「特別食堂」を担当する業者が代わったとかで、たった1年ほどで撤退していたのです。
それで今度はデパート近くの第三不二ビル1階の寿司屋へ行ってみようと思います。味が同じだといいな♪
※ただし、三越にお買い物に行った時は地下1階の「三越本店 紅はし」で同じお寿司が食べられるそうです。

「寿司屋 三越本石町店」は地下鉄半蔵門線の三越駅前で下車すると三越の向かい側方向の第三不二ビル1階にあります。
水曜日休みが多い寿司屋ですが、このビジネス界隈は日曜日が休業日です。

※ちなみに三越「特別食堂」には「築地 寿司岩」に代わって「銀座 九兵衛」が入ったそうです。但し書きに「お料理 126,000円より承ります。別途サービス料15%、人件費、運搬設営費がかかります。」とあるので驚いた私です。料理を運んできて配膳するのはサービス料金以外なのか。

以前、息子の結婚前の両家顔合わせで会食したお店ですが、個室だったので寿司ではなくて会席コースだったと思います。 私が普段行くようなお店ではございません。   あっはっはのは
[PR]
by koukinobaaba | 2007-07-19 20:38 | 面白記事
<< アンチエイジング化粧品 エストニア Estonia >>