成人病検査

心臓病、癌、脳卒中を三大成人病と呼ぶそうで、90年代後期からは生活習慣病ともいいます。

この怖い成人病は遺伝や体質以外なら健全な生活を送っていると予防できる病気らしいです。
40歳前後から急に死亡率が高くなるそうですが、なにも老人の専売特許にあらず、ストレスの多い現代の若年層にも拡大し、小学生の2割から4割が予備軍という説があり驚いてしまいます。 ストレスは仕事人間のお父さんたちだけではなく、吾がままに育った子供たちも抱える問題だそうです。 子供たちだっていやでも学校や塾に行かなくてはいけないし、食べ物はハンバーガーやポテトチップをよく食べるし、運動部員でなければゲームばかりしているし・・・で、ストレスは溜まるし身体に悪いことが多いです。
ファストフードと運動不足から来る肥満や脂肪肝、そして糖尿病など子供の成人病は大人の責任と言われています。しかし糖尿病や高血圧などの成人病はママのお腹にいる時にもう受け継いでしまっているのだそうです。

私のママが高血圧なので私にも遺伝しているようです。

そこで先日、母と一緒に病院に行きました。
丸の内にある成人病専門の病院です。
実は私が10年ほど前に検査してもらった病院なので、カルテが残っていると聞き、再び検査することにしました。 母と二人してカルテ片手にレントゲンやら心電図検査室を楽しく廻ってきました。

以前は頭痛に加え「めまい」がしたので診て頂いたのですが、通常の検査に加え、頭部MR検査でも腹部エコー(超音波検査)をかけても何も出ませんでした。 先生のお見立ては「過労とストレス」でした。 お薬もなし! 天井がグルグルと廻るほどのめまいが一日中あったのですが脳には異常がないんですって!

今回は血液検査からレントゲンまでごく普通の一通りの検査ですが、結果が出るのが次の予約の1ヶ月後なんだそうです。 えらくのんびりしています。 その間に死んじゃうなんてことは・・・ないでしょうか。 そういった緊急ケースは手早く結果が出るのでしょうね。

それでは1ヶ月後、乞うご期待!

追記:
1ヶ月後の予約の日が来ました。
心電図の結果で心臓がちょっと肥大しているとかで心臓のエコーを撮ってみることになりました。ついでに念のため内臓のエコーも予約しました。血圧は高めなので降圧剤を処方されました。薬を飲んでいると上が120代で下が80代です。
次は又1ヵ月後です。

追記の追記:
又1ヶ月が経ちました。内臓はどこも悪くはないそうです。やはり心臓は肥大気味だそうですが、血圧が高いせいかも知れないので投薬で血圧を下げて様子をみるそうです。
次の予約は2ヶ月後です。主治医が消化器専門なので胃の検査を勧められましたので次回に検討することにしました。この歳まで一度も胃の検査をしたことが無い人は珍しいらしいです。バリウムなんか飲めません!と言ったもんで、胃カメラを飲まされそうです。げっ!
[PR]
by koukinobaaba | 2007-07-03 19:05 | 面白記事
<< ベリーズ Belize インターネットの古書サイト ス... >>