iPodとUSB大量記憶装置デバイスの接続

最近PCを買い換えました。USB 2.0 ポートのあるパソコンです。
私は4GB超薄のiPod nanoを愛用しています。音楽を再生するソフトのiTunesのiTunes Storeで曲を購入して聴けますが、iPod用ケーブルを使用しUSB2.0ハブにて接続しデータを取り込んだり充電したり出来ます。iPodとPCを接続してデータを転送すると外出時にはiPodで聴くことが出来ます。もっとも私はPodCastを聴くのが主な使い道です。
※USB 2.0とは新しいUniversal Serial Busのことでぐ~んと高速なデータ転送速度を実現出来るそうです。最大でUSB 1.1 の40倍といわれています。

iTunesとはApple社が出している音楽プレーヤーソフトのことで、携帯プレーヤーのiPodに曲を転送できるのです。
iPodとはハードディスクを内蔵したポータブルオーディオプレーヤーのことで、1000曲は収録出来るそうです。カラー液晶画面にはCDジャケット画像が表示され、写真スライドショーも見られます。
雰囲気に合ったプレイリストを作っておけば、バッテリーは14時間もあるので集まりやパーティなどにはスピーカーさえあればBGMとして役に立ちます。 

そのiPodなのですが、新しいPCにしてからiPodの接続が認識されないようになり、再起動などしていたのですが上手くいかず下記のようなメッセージが出ていました。
b0002123_11112776.jpg

つまりiPodにPCのiTunesから音楽データなどを取り入れることが出来なくなってしまったのです。
「高速ではないハブに接続しているUSB大量記憶装置デバイスは・・・・」とあり、6個の未使用ポートが表示されています。「デバイスを取り外してそのいづれかに接続して下さい」とのこと。

ポートといえば「港」よね!と思っている私には最初は意味不明でしたが、多分差し込み穴のことだと思いつきました。 新しいPCにはポートがたくさんあるのでそれまでPCの裏につけていたデバイスを外して横のポートに差し替えてみたらちゃんと認識されました。
又ひとつ良い勉強をしました。 ポートは穴です!

※ iTunes Storeで購入した曲は、現在はiPod以外の携帯デバイスでは再生できないのですが、今後他のプレーヤーでも聴けるようになるそうです。
※注!戸外でiPod使用中の雷には用心して下さい。 火傷の恐れやイヤフォンを伝って鼓膜が破れたりする危険があります。

結局その後、iPodの接続用USBケーブルを買い替えました。 Dock Connector to USB Cable
[PR]
by koukinobaaba | 2007-04-19 12:10 | 面白記事
<< フェロー諸島 Faroe is... ルイスと未来泥棒 Meet t... >>