WFMUインターネットラジオのGive the Drummer Some

私はよくインターネットラジオを聴きます。
podcastに登録しているラジオもあり、何かを調べている時に見つけたのもありと、とても聴ききれない数のネットラジオをお気に入りに入れているのです。
毎日聴くのはYahoo!のLAUNCHcastですが、ありとあらゆるジャンルの音楽が聴けるのでニューヨークのオンラインFMラジオ「WFMU」のプレイリストの素晴らしさには感服します。
(注!Yahoo!のLAUNCHcastのカスタマイズされたzenigeba stationは2009年2月に終了しました。)

wfmuについての過去記事はこちら
wfmuのプレイリストについての過去記事はこちら

そして沢山のwfmuラジオ番組のなかでも大好きなものがあります。
それは1976年にFolkways RecordsからリリースされたR&B(ジャズ・フュージョン)のSarah Webster Fabio(1928-1979 サラ・ウェブスター・ファビオ)のJujus: Alchemy of the Bluesがオープニングに流れる番組の”Give the Drummer Some”です。

パーカッションの効いたアルバムのタイトル曲はファンキーグルーヴな「Jujus: Alchemy of the Blues(ジュジュズ:アルケミー・オブ・ザ・ブルース)」に収録されています。
なかなか試聴がないのですが、別のコンピレーションアルバムSummer Of Serato by DJ Day - CISCO RECORDSで19番を聴いて下さい。
ちなみにエンディングテーマ曲は1971年にJewel から出たJohn Lee Hooker(ジョン・リー・フッカー)のI Feel Goodから”Stand By”です。

番組のホストはDoug Shculkindで、ホームページはDoug Schulkind's Home Page

番組のプレイリストの一例として、February 24, 2006のページ上のHear the show in RealAudioをクリックすると聴けます。
1995年から2007年までの過去のプレイリストはDoug Schulkind's Give the Drummer Some - PLAYLISTSをご覧下さい。どのプレイリストもJujus: Alchemy of the Bluesで始まります。King Oliver、Bennie Moten、Charlie Parkerなどが聴けます。

※ポッドキャストはpodcast mp3をRSS又はiTunesのPodcastに登録して下さい。
[PR]
by koukinobaaba | 2007-10-22 20:34 | 音楽
<< 時計じかけのオレンジ A Cl... シーゲル・シュウォール・バンド... >>