CHKDSK ユーティリティを実行してください

以下は私の崩壊寸前のオンボロPCについての記事で、PCにうとい私の試行錯誤的奮闘記のようなものですからお間違いのないように願います。



先だっての記事「iTunesとiPodが接続不良?」は後々の私用のメモのつもりであり、よもや検索からアクセスがあるとは予想だにしていませんでしたので大分はしょってしまいました。

「CHKDSK ユーティリティを実行してください」とは「スキャンディスクをせよ」ということらしかったです。
デフラグ(最適化)は時間もかかるのですがスキャンディスクはすぐ済みますから、私は以前はよく実行していたのに最近さぼっていたのです。


☆「tetsuko」さんから分からないとコメントでご指摘がありましたので、詳しく書いてみます。

但し、頻繁に「CHKDSK ユーティリティを実行してください」という警告が出る場合はPCがいかれかかっているということなので、遅かれ早かれPCが突然ぶち切れる場合があるので御用心下さい。大事なファイルはバックアップしておいたりとか・・・まあ、新しいPCを入手するのがベストですが。

CHKDSK ユーティリティを実行するには

ブラウザの下に左が「スタート」で右に時刻が表示されているタスクバーがあります。
私の例では・・・スタート>設定>マイコンピュータ

マイコンピュータの中にはCDやコントロールパネルなどのドライブのアイコンがあるとおもいますが、Windowsというフォルダなどが入っている、つまり0Sがインストールされているフォルダのあるハードディスク・アイコンがあります。ドライブ=ハードディスクですが、私の場合は「Cドライブ」をさし 一番左にあります。アイコンをクリックしてみると空き容量が示される円グラフ(πチャート)の上に IBM PRELOAD(C:) ローカルディスク と表示されます。
そのアイコンを右クリックしてプロパティを開くとタブがいくつかありますから「ツール」をクリックします。
エラーチェック、バックアップ、最適化というのが見えると思いますが、エラーチェックを選択して下さい。
「このオプションはボリュームのエラーをチェックします」という説明があり「チェックする」ボタンがあるのでクリックすると、別窓にチェックディスクが表示されます。そこで「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良なセクタをスキャンし、回復する」にチェックを入れて「開始」ボタンをクリックすると開始されます。
私の場合は再起動しなくては始まりません。

私の場合は「CHKDSK ユーティリティを実行してください」の警告が出て「スキャンディスク」をすると、そのたんびドンドンディスクが壊れていくのが発見されます。私のPCの余命はいくばくもありませんゾ~!

この記事の元記事は「iTunesとiPodが接続不良?」

☆私のiPodの接続不良例に対処できるかもしれないApple社のTech Info Library

追記:
案の定、私のPCはぶち切れましたので新しいコンピューターを購入しました。その時点では古いPCの使用容量は100パーセントで、何も入れられない状態でした。
以前、電子手帳が同じ憂き目に会いました。 満杯!

別件ですが、私の母のPCでスキャンデスクとデフラグをした後にWindows XPが起動で出来なくなってしまい、リカバリの憂き目に合いました。データ類は戻りませんがインターネットでブログとGoogle検索だけに使用している母のPCには重要なファイルは無いのでほっとしています。

追記:
リカバリすら出来ませんでした。ハードディスクが死んだのです。原因は母が落っことしたのではなければ機器に外れたという他はありませんが、すでに4年以上経過しているので駄目になる可能性はあったらしいです。
新しいパソコンを買わねばなりませんが、母のPCは私が現在使用しているPCより5割増しの価格でしたが、大画面の素晴らしいPCだったハズなのです。DVDプレーヤーは別にあるので、今度はインターネットだけ出来れば良い機種にします。前のパソコンよりも半額以下で購入出来ます。
[PR]
by koukinobaaba | 2006-07-25 11:57 | 面白記事
<< 実行しましたが、ページでエラー... iTunesとiPodが接続不良? >>