excite ブログのタグ機能

以前の記事にエキサイトの新機能 タグについて書きましたが、実際にタグの効用は何だか分かっていませんでした。

タグに関しての失敗例:
キーワードとしてタグ項目が20設定出来るのですがそれを超えると次に追加した分、以前の項目が消えることが分かったのです。
ですから、いくつあるか確認しないまま「あら、まだ入れられるわい」と新しいタグを追加したら前のが無くなってしまいました。恐らく一番下にあるキーワードから消えていくのでしょう。

タグはどんな効用があるのか:
普通はGoogleなどであるキーワードで検索すると、もしその言葉を含むページがあれば表示されます。例えば出やすいように長めのブログの題名を検索窓に入力してみます。
ブラジル流ピンポン! Brazil's Ronaldo/ Ronald-inho
すると、Hot'n Cool : ブラジル流ピンポン! Brazil's Ronaldo/ Ronald-inhoと表示されました。
 
実例:
それではAsmarinoで検索すると、タグの効用が現れて
Hot'n Cool:地名
として表示されました。クリックするといくつかある「地名」タグのページに飛びます。
そこにはAsmarinoの記事があるという次第です。

このように現在までいくつかのページは「Hot'n Cool:タグ」という形でも表示されるので以前より表示され易くなったのかもしれません。

まだよくは・・・分かりません。
カテゴリではそのカテゴリに属したエントリーが1ページずつ表示されますが、タグだとタイトルがずらっと列記されますからこちらのほうが私的には便利です。。

エキサイトのブログでは既にネームカードという新機能を使用されていますが、私は今のところ保留です。
[PR]
by koukinobaaba | 2006-07-04 17:55 | 面白記事
<< 国別アクセス・カウンター Ne... Google 八分? >>