エリトリアの首都はアスマラ Asmarino

映画と音楽のブログのAudio-Visual Triviaのアクセス解析から分かったのですが、「Asmarino」という語句の検索で間違って入ってきました。
私の記事にはasmarinoという言葉はありませんのでGoogleってみたのですが中々結果が得られませんでした。
あれこれとやっている内にアフリカ北東部にあるState of Eritrea(エリトリア)という国に到達したのです。全く知りませんでした!

アフリカ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会、1968 African Cup of Nations(第6回目のアフリカネイションズカップ1968)が開催された地だそうです。
1993年5月24日にエチオピアから独立してアフリカで一番新しい国だったのですが、1998年に再びエチオピアとの間に国境紛争が再発し難民が出ている模様です。

アフリカのエリトリア国は首都をAsmara(アスマラ)といい、アスマラ大学もあって、エリトリアの公用語は英語やアラビア語などだそうです。
※エリトリアはここ

それで、検索語句のAsmarinoは何かというと・・・Asmarino.comというサイト名のことかもしれません。

現在エリトリアのニュースが読めるのはAsmarino.comで、世界中のEritreans(エリトリア人)のためのウエブサイトだそうです。
以前は日本語のサイトも存在していたようですが今は見つかりません。 アラブ文字のようなエリトリア語のサイトですが、ブログのようなページでラジオ放送らしきエリトリア人の声と音楽が聴けます。何と言ってるのかは知りません。

英語のabout Eritreaのページの左のメニューには歴史や政治や地理などのエリトリア情報のリンクがあります。(かなり不具合があり)

この記事によりますと、1890年にイタリアがエリトリア国に境界を設けて1941年まで殖民地として統治したそうですが第二次世界大戦後はイタリアの敗北により英国の支配となったそうです。1952年に国連によりエチオピアに連合されたもののある部分の自治権はあったそうですがエチオピア皇帝政権がこれを侵害したとかで、1861年に武装抗争が起こり30余年の独立運動は1991年まで続きました。Eritrean People's Liberation Front (EPLF) がアスマラを開放しProvisional Government of Eritrea (PGE)の設立に至ったそうです。

エリトリアの2000年からのきな臭いニュースが見られるNews Asmarino.com
[PR]
by koukinobaaba | 2006-06-27 17:11 | 面白記事
<< 第12回 市川巴里祭 紛失したヘッドフォンのイヤーピース >>