シャギー・ドッグ The Shaggy Dog (2006)

The Shaggy Dog(シャギー・ドッグ)はBrian Robbins(ブライアン・ロビンス)が監督するホーム・コメディで、1959年の「ボクはむく犬」のリメイクです。

サンタクローズ」シリーズのパパ役や、アニメ「トイ・ストーリー」の声優としても知られているTim Allen(ティム・アレン)が主演して、制作にも関わっています。 2000年にアリー・myラブのシーズン4にも出演して突然消えたRobert Downey, Jr.(ロバート・ダウニー・Jr)も悪者のマーカス・コザック博士として出演します。(悪いのになぜか人気だったコザックでしたが、今やアイアンマンで大ブレイク!)

仕事人間の検察官のパパは動物実験の裁判以来、時々むく犬に変身してしまうのです。 ボクはむく犬なんかじゃない!というものの犬の習性が出てきちゃってギャ~! 必死で普通の生活をしようとして大騒動するオバカなコメディです!

フランス版だけ残っていたオフィシャル・サイトも現在は消滅しましたが、トップページのSHAGGIFY YOURSELFでは貴方の写真をアップしてワンちゃんに変身!
VIDEOをクリックすると予告編が、SOUNDTRACKをクリックするとAlan Menken作曲のサントラの試聴が出来ました。
GAMEではトムとジェリーみたいにドラネコ追っかけゲームが出来ました。 
トップページのWHAT KIND OF DOG ARE YOU?とメニュー下のACTIVITIESは同じで、質問に答えると貴方にピッタリの犬を知らせてくれます。 でもお子サマ用の質問ですから子供になったつもりでね。 ちなみに私はコリーでした! あはあはあは アフガン・ハウンドが好きなのに。

シャギードッグのあらすじ
山岳の高地に不思議な不老長寿の犬を探して空からチベットにやってきた男たち。
子供の僧侶が投げたマリを追って走ってきた推定年齢300歳という不思議なご長寿牧羊犬は銃を構えた男たちに捕獲されて人間の寿命を100年延ばす薬を開発する製薬会社の実験室に囚われてしまう。遺伝子操作をして人間が長生きできるウイルスを作り金儲けをしようと企む製薬会社。しかし製薬会社の実験用の犬は採血されたウイルス入りの注射器をくわえて逃げるところ出会ったのが地方検事代理で犬嫌いの検察官であるダグラス氏の娘。
この犬を家に連れてきてしまった。
製薬会社の弁護を請け負ったパパのダグラスはキッチンにいた犬を追い出そうとしてそのウイルスの実験の影響を受けた犬に噛まれてしまったせいで徐々にムク犬になってしまうのだ。まずは耳の後ろカキカキ、シャンプー後の頭ブルブル、耳は研ぎ澄まされ、お鼻クンクン。顔を皿に突っ込んでガツガツ、ママをベローリ。
収監されたシャギーにご対面、でとうとうパパも犬に。瓜二つのシャギー。
パパは逃げ延びたが本物のシャギーは元の実験室に戻されてしまった。
トモカク、犬から人間に戻る時、見せちゃいけないものを見せちゃうのです。

家族はパパとは気がつかないが、犬になって解ること多々ありと気づくパパ。
真夜中の3時に人間の姿に戻ったパパはママには怒られたが翌日は裁判所に出廷できた。
だが、再びシャギー化の危機。
学校の面接で、窓の外に見つけた猫を追いかけるシーンで流れる曲はBaha Menの歌う”Who Let The Dogs Out”
ママと約束した結婚記念日を祝うレストランに花束を届ける時にはPercy Sledgeの”When a Man Loves a Woman”

次期社長の椅子を狙って犬を実験に使った製薬会社の主任研究員である悪い科学者がロバート・ダウニー・Jrです。犬になったパパはこの憎たらしい科学者の手を噛んでやりました。だから、シャギーの尻尾が生えてきて裁判所でパパが投げた木切れに飛びついて取ってくるのです。
みんなで行こう!約束のハワイ!!
ここでビーチボーイズの”Surfin' USA”

The Shaggy Dog Trailer -YouTube

アメリカでは2006年の3月10日が公開で、現在「Box Office Top 5」の第二位です。日本では2006年10月7日公開です。

Charles Barton(チャールズ・バートン)が監督して、Fred MacMurray(フレッド・マクマレイ)が主演した1959年のディズニー映画「The Shaggy Dog(僕はむく犬)」のリメイクだそうです。

The Shaggy Dog
b0002123_20312079.jpg
2006年3月発売の「シャギー・ドッグ」のサウンドトラック
The Shaggy Dog [Original Soundtrack]
b0002123_10242440.jpg


「The Shaggy Dog」にもサントラがリリースされていたました。
AkonのBig Dog、C.BrownのMan's Best Friend、George ClintonのAtomic Dog、JAJA BIGGS のEvery Dog Has It's Day、The Doghouse Biscuit BandのSomethin' About You、Kevin MathurinのWoof! There It Is、Kyle MasseyのIt's A Dogなどが収録されていますが、の殆どの音楽は2004年のテレビ版ミュ-ジカル「A Christmas Carol」の音楽を作曲したAlan Menken(アラン・メンケン)です。

「シャギー・ドッグ」はサントラがいけてるディズニー映画です。
映画の予告編でも流れたBaha Men(バハメン)の”Who Let The Dogs Out”を始め、John Travolta(ジョン・トラボルタ)の”Greased Lightnin”や”You're the One That I Want”、そしてPercy Sledge(パーシー・スレッジ)の”When a Man Loves a Woman”やThe Beach Boys(ビーチボーイズ)の”Surfin' USA”など1960年代や1970年代の曲が使用されています。
上記の他にも犬関連の曲では、セネガル出身のAkon(エイコン)が歌う”Big Dog”やイケ面ポップスグループのThe Click Five(ザ・クリック・ファイヴ)の”Man's Best Friend”も収録されています。

1970年代後期に結成されたグループ”バハメン”は伝統的なカリビーン音楽である”Junkanoo(ジャンカヌー)”を演奏します。グループ名は1991年に”バハ・メン”と変えられて、Anslem Douglasが作った”Who Let the Dogs Out?”を1998年にリメイクしたそうで、子供たちにも人気のこの曲で2000年のGrammy Award(グラミー賞)のBest Dance Recordingを獲得しました。
Baha Men - Who Let the Dogs Out? - YouTube



[PR]
by koukinobaaba | 2006-03-16 22:19 | アニメ & コミック
<< 古沢岩美画伯の千夜一夜物語をネ... 荒川静香選手の華麗なるイナバウ... >>