Dubyaのパロディが聴けるAbout The Capitol Steps

About The Capitol Stepsはアメリカのグループで、厳粛な政治問題をユーモラスな側面から捕らえて笑いを提供する政治風刺サイトだそうです。 1998年にSuperJealousFragileMissWithSexualNeurosis、2003年にSuperCaliforniaRecallFreakShowWasAtrociousを発表しているそうですが有名な歌をパロディッています。

About The Capitol Steps


週一で新しいものをアップしているようです。 最新の政治パロディはCIAの身元漏洩事件に関するリビー補佐官起訴I'm So Indicted でStreamingをクリックすると聴けます。

この件に関する記事が読めるCNET Japan

About The Capitol Stepsのトップページの上のメニューからSpecialへ行くと、special editionsのページでパロディ・ソングが聴けます。 現在はHigh School Student Visitors、Friends of Bill 、Lirty Dies、A Dubya Samplerがフューチャーされています。 この中で私が参照したのがA Dubya Samplerで、ブッシュ大統領に関するパロデイです。 

一番上にあるMy Staff Belongs to Daddyを聴いて下さい。 (アルバムOne Bush, Two Bush, Old Bush New Bush から) これはマリリン・モンローの「私の心はパパのもの」をパロディって「私のものはパパのもの」とブッシュ大統領が歌うというものですが、最近では異例の二期目を迎えて自分自身の力量を示しているブッシュ氏といわれています。


英語の分かる方はライブ風聴衆の笑い声に合わせて笑って下さい。 分からない方はそれなり・・・に分からないことを笑って下さい。 私もお相伴します。 あっはっは

タイトルのDubyaはDub-ya・・・つまりGeorge W. BushのミドルネームのW(ダブリュー)でテキサス訛りです。 テキサス出身のブッシュ大統領のニックネームとなっています。

過去記事「マリリン・モンローの歌でブッシュ・パロディ」で参照しました。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-12-17 20:41 | 面白記事
<< 子供が喜ぶX'masク... ノーザンソウル・クラブ・シーン... >>