Google特殊機能 マップ

Googleの検索ページに「イメージ」があるのは大抵の方がご存知ですね。 サイトと同じように画像も検索出来る機能です。 そして、more>>というのが最後にありますが試したことはありますか?

そこを開くとサイトと画像の検索以外にも「翻訳」や自分のPC内を検索する「デスクトップ検索」のなど色々あることが分かります。 その中の「マップ」がとても便利です。 取り合えず、「マップ」をクリックしたら、上の検索ウインドに自分の地域を入力してみましょう。 この場所をデフォルトとすることが出来ます。 例えば「渋谷」にすると、JRの渋谷駅を中心とする地図が表示されます。 左に縮尺がありますから下へひとメモリづつ下げるとドンドン渋谷が遠くなります。 真ん中辺りでは東京近辺全体の地図で、一番下のメモリでは地球儀の展開図になってしまいます。 縮尺の上下の+と-では現在見ている地図の拡大と縮小が出来ます。 又、左クリックとドラッグで中心を移動させることが出来ます。 それから右上に「マップ」と「サテライト」という文字が見えますから、「サテライト」にしてみて下さい。 これで俯瞰図です。 どうです? 貴方の家が見えましたか? こんなのもありますよ! 無料でダウンロードできるそうです。 

特殊機能では辞書や路線検索はモチロン、「電卓機能」、「通貨換算」などが説明されていますし、 「リンク検索」では入力したホームページにリンクしているすべてのページが表示されます。 貴方のサイトには何人がリンクしてくれているでしょうね。 このブログ「Hot'n Cool」は現在241と出ました。 私には全く用が無い電卓機能ですが、こちらで詳しく書かれています。

それから「翻訳」機能ですが、自分のサイトが英語に翻訳されたのを見たことがありますか? いつも使っているGoogle.co.jpでは大抵「日本語のページを検索」していますね。 その手前の「ウェブ全体から検索」にしても翻訳されません。 それでは検索窓の下にある人材募集の下の「Google.com in English」をクリックして下さい。 Google.comはGoogle英語版です。 ここで探し易いように、自分のサイトかブログのURLを入力して下さい。(Hot'n Coolのようにタイトルを入力しても出ます) もし英語版でも表示されれば、タイトルの横に[ Translate this page ]が出ます。 私達が英語のページを見ようとする時に [ このページを訳す BETA ]があるとの同じですね。 家族のサイトで試したところ1年ほど経過しているブログは表示されますが、作ったばかりのはありませんでした。 ☆Google Translate(辞書代わりにもなるテキストやウエブペーにの翻訳 日本語、中国語、韓国語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語)

便利ですね! ですが自分の家族のなかにもこれらを知らない者がいたのでもしかして貴方も?と思ったのでお知らせです。
[PR]
by koukinobaaba | 2005-11-02 19:25 | 面白記事
<< 読者参加型の映画サイト JoBlo 滝と庭と花 High Fall... >>